2015-09-16

オーストラリアで乾燥している季節は、トイレに注意!

自然

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、喉が渇いているヘビは、最近、北のクイーンズランド(Queensland)の家にある普通のトイレで発見されたと報告した。

トイレの中でとぐろを巻いている3mのパイソンが発見されたその1週間後の週末に2.4mのカーペットニシキヘビ(carpet python)をタウンズビルUベンド(Townsville U-bend)から取り除くのに15分を費やされた。

2番目のヘビの頭を除いたが、その体は10cmの、トイレ管の中にあった。

ボルトを抜いてトイレを外すことができず、生き物を強く引くと言った損傷をそれに起こした。

「その頭は、ちょうど、上から正しく見えることで、そこに座るところであった」と、彼は言った。

「彼をまさに押さえることの約15分後には、ひとりで出た。」とバッド(Budd)は言った。

もし知らないで、夜などの用を足しているときにお尻に噛みつかれ、それが毒蛇だったら、とんでもなく、みっともないことになる。

彼は、最初のタウンズビルの事件の前に、トイレからヘビを一度も引いたことがなかったけれども、彼は最近ヘビを、プール、キッチン、オフィス、および庭から取り除いた。

ジェームズクック大学爬虫類専門家教授リン・シュワルツコップ(James Cook University reptile expert Professor Lin Schwarzkopf)は、ヘビがトイレに入ることが普通ではないと言った。

彼女は、彼らが、オブジェクトを持つ湿潤な場所が下に隠れてほしかったけれども、乾燥している繁殖季節の間に、水のための検索においてより大胆になったと言った。

「それらはドアの下と同じかもしれない」と、彼女は言った。
「あなたが多くいるわけではないにいる。」

シュワルツコップは言った。
したたり栓、パイプ、および散水装置は、ヘビを引き付けることができた。
経験豊かな引っ越し業者が呼ばれる限りそれは危険をほとんど提出しなかったと言っている。

オーストラリアの野宿は、毒グモ、毒蛇、巨大ヘビに注意が必要である。

そう言えばイスラエルの死海の湖畔で野宿したら、現地の人がそこは、コブラの巣があると言われた。