2015-09-17

インドの就職難。300の事務の仕事に、200万人の応募があった。

経済教育

BBC Newsは、インドで最も人口が多いウッタル・プラデシ州(Uttar Pradesh)の当局は、368の低レベルの政府仕事のための230万の申し込みを受け取った後にそれらが圧倒されたと言う。

ポストのための必要条件は、小学校資格を持ち、自転車に乗ることができることを含んでいた。

しかし、数万人の卒業生、大学院学生、および博士号程度を持つ他も、またあてはまった。

役員は、すべての応募者と面接するのに4年かかると言った。

「これらの候補者は面接さえすればよいけれども、私の見積りは、たとえ1ヶ月あたり25日で1日あたり200人の候補者に面接している10のボードがあっても、完成するために全体のプロセスに最低4年かかることである。」と、政府高官プラバット・ミッタル(Prabhat Mittal)はBBCヒンディーのアツル・チャンドラ(Atul Chandra)に言った。

8月に、郵便で申し込んだ人々は、包括255人の博士号ホルダーおよび152,000人の卒業生にで広告された。

志願者の数によって、1つのポストについて、6,250人を超える候補者と競っている。

成功した候補者は16,000ルピーの月給(US$240/£156)を受け取る。

ウッタル・プラデシの失業は、数千万人が仕事を離れている莫大な挑戦である。

1つの見積りによると、2017年までに、2億1500万の人口である州が、1320万人の失業している若い人々になっていることが、期待されている。

政府募集ドライブもインドの他の部分での大規模な反応を引き付けた。

今年早く、南の都市Visakhapatnamのインドの軍隊に参加するために数千が現れた時には、いくつかの人々が殺到で負傷した。

2010年に、ムンバイの警察に参加するために10,000人を超える候補者が集まった時には、1人の人が殺されて、11の他がクラッシュで負傷した。

そして、1999年に、ウェスト・ベンガル州で、281の仕事を広告し、約100万の申し込みを受け取った時には政府に反応が殺到した。

2015-03-27---インドで,今度は警官採用試験に替え玉!
2015-03-19---インド学生は、カンニングが常識?
2013-03-20---インドのビハールで、カンニングにより、1,600人を超える学生を追放!