2015-09-17

人は偶然、コンピュータ・ウイルスを宇宙のエイリアンに送ることができる。

宇宙

イギリスの新聞「テレグラフ(Telegraph)」は、最初の接触をしようとしている科学者は、他の文明のテクノロジーを感染させることが宇宙でできた、またそれらがウイルスを不注意に送ることができると心配したと報告した。

オックスフォード大学警告で、エキスパートが連絡しようとするなら、人は偶然、エイリアンにスパムを送るか、または私達がそれらに、危険なコンピュータ・ウイルスを送ると言った。

学者、天文学者、および哲学者のワーキンググループは、現在、地球外の生物に達する希望として、一般的なメッセージをに送る方法を考え出そうとしている。

2015年09月に、SETI(search for ExtraTerrestrial Intelligence/地球外生物知能のための検索)のためのUK研究ネットワークは異質な生命体に差し出そうとすることを支持して投票した。
しかし、それらは、正確には何を送るかで、まだ未決定で、それらが、ウイルスを、他の文明のテクノロジーを感染させることができたスペースに不注意に送ることができたことについて心配する。

・王立天文台長(Astronomer Royal):もし私達がエイリアンを見つけるならば、それらはマシンである。
オックスフォード大学の人間性研究所の未来のイギリス科学フェスティバルのアンダース・サンドバーグ博士(British Science Festival Dr Anders Sandberg, of the Future of Humanity Institute at Oxford University)で話すことによって、人が、それらがどんなデジタルのメッセージを宇宙に送るかに極めて用心深くなければならないと言った。

「メッセージの古典的な例は、バイナリの数、DNA、太陽系のスケッチ、または人の数を示した一連のパルスである」と、彼は言った。

「けれどもそれが世の中に回るいくつかのセキュリティ問題である。言語はたくさんの情報を隠すことができる。私達は、エイリアンに送られているマルウェアについて心配している。」

「それがよいアイデアであるかどうかで私は分裂気味である。私はいくつかの問題を見る。私はそれにもっとわずかに賛成している。しかし、私は、それがどちらの方法ででも行くのを見ることができる。」

「何人かの人々が、すでに私達が現実石けんで宇宙をスパムしていると思う。」
UKSRN(SETIのためのUK研究ネットワーク)は、どんなメッセージを宇宙に送るかにそれらの発言を持つための公開を招いている。ブレークスルー・メッセージ・イニシアチブ(Breakthrough Message Initiative)と協力した、そして、最もよいアイデアのためのUS$100万の賞ポットを提供する。

UKSRNの分かれからのロンドンスクール・オヴ・エコノミックスのジル・スチュアート博士(Dr Jill Stuart, from the London School of Economics)、およびまた自身に期待し、どのように私達が地球外の生命体によって会いたいかを決めるように人類に勧めるので、イニシアチブが重要であったと言っている。

「しかし、私達が同時にいて、それが、違う問題である宇宙の年表において、私は好意に非常に明示的にいる。私は、それが私達に後ろに自身を考えさせると思う。私は、私達がほんの1であったと思うことが横柄であると思う。」
任務科学者は、ロゼッタ彗星(Rosetta comet)の異質生命体は『ありそうにない』と、言う。

アンダース・サンドバーグ博士は「地球外の知能のための検索は非常に関連している。なぜなら、それは、私達が宇宙の知能の可能性と運命についてもっと理解することを手助けするからである。」と追加した。
「空の沈黙どちらでも、私達に、私達がまれで、ユニークで、宇宙、莫大な荷のライフの未来について責任がある。」または、まわりで悩む価値があり、世の中に非常に危険な何かがある。
「たとえ答えが何であっても、どのように私達が自身と宇宙を見るかに深く影響することが縛られている。」と言う。

2011-04-26---異星人発見プロジェクト「SETI」がお金を使い果たした!
2008-10-30---もし宇宙人が携帯電話で使われる「普及スペクトル」で会話していたら。
2008-05-21---宇宙人は、ニュートリノ(Neutrino)で交信しているのか?
2004-09-04---SETI天文学者が説明できない無線信号を発見した。