2015-09-16

新しい中国輸出。景気後退リスク。

経済

FT(Financial Times)は、グローバルな経済景気後退はありそうか?
もしそうなら、それを引き起こすことができるものは何か?

ウィレムBuiter、Citiの主たるエコノミストで、FTのかつてのMavereconブロガーのウィレム・ブイター(Willem Buiter)は、これらの質問に「はい」と「中国」と答えた。

彼のケースはもっともらしい。

これは、私達が景気後退を予期しなければならないことを意味していない。

しかし、人々はそのようなシナリオとしてをもっともらしく見るべきである。

ウィレム・ブイターは、世界生産高が下落することを期待しない。

ここの観念は、「不景気」、約3%の潜在的なレートのかなり下の成長の期間である。

人は2%以下を想像できる。

ウィレム・ブイターはそのような結果の可能性を40%と見積もる。

彼のシナリオは中国で始まる。

多くの他のように、彼は、中国の成長が公式な統計により強調されて、4%と同じくらい低いかもしれないと信じる。

これは、もし一般的に受け入れられないならばもっともらしい。

それはいっそう悪くなるかもしれない。

第一に、国内総生産の46%の投資株は、4%での1つの成長どころか経済成長7%で過度である。

第二に、借金の莫大な拡張は、しばしば疑わしい品質でこの過度な投資に伴っていた。

まだ、単にこれらのレベルで投資を支えるのには、ずっと多くの借りが必要である。

最後に、強いバランスシートを一人で所有している中央政府が、投資において減速をオフセットすることを渋っているかもしれない一方、国民総所得の家庭のシェアおよびGDPでの消費は低すぎるので、そうすることができない。

そして、もしその投資が需要とバランスシート制約ビットとして大幅に縮んだら、世界経済への効果はどうなるかか?
資本財の輸入において1つのチャンネルの低下である。

中国の中で、市場価格でのグローバルな投資で3番目について起こるので、インパクトは大きいかもしれない。

日本、韓国、およびドイツは悪影響を受ける。

より重要なチャンネルは商品貿易である。

物価は低下したけれども、まだ歴史の標準によって最低水準から遠い。

それらの価格によってさえ、商品輸出業者は苦しんでいる。

オーストラリア、ブラジル、カナダ、湾岸諸国、カザフスタン、ロシア、およびベネズエラのような国が、それらの間にある。

その間、インドやほとんどのヨーロッパの国などのネット商品輸入業者が増加している。

貿易へのショックは財政と対話する。

多くの悪影響を受けた会社は非常に恩を受ける。

結果として生じている金融のストレスは、借りて、使う時に、経済を直接弱めて削減をそれらに強制する。

財政状態の変化はそのようなプレッシャーを悪化させる。

持ち興味でのムーブメント、君主を含む借り手の気づかれている健全さでの為替レート、シフトして最も重要である。

資本のフロー、および重要な中央銀行の方針のリスク賞金とシフトの変化は、ストレスを悪化させる。

現在、最も重要なシフトは、利率を上げる米国FRB(Federal Reserve Board/米連邦準備理事会)のため決定である。

ウィレム・ブイターが、「あなたは、潮が外に出る時に誰が裸で泳いでいるかを見つけ出すだけである。」言う。

国際的な決着の銀行によると、米国の外のノンバンク借り手へのクレジットは3月の終わりにUS$9兆6,000億を合計した。

強いドルはどのような通貨不適当な組合せでも高価にする。

これらは不金融の企業のバランスシートを始めることができる。

しかし、インパクトはそれらの損失を経て銀行と政府に送られる。

従って、安い借りのため出資された「交換を運びなさい」の反転により大破壊はもたらされうる。

可視のシフトは、前の資本の流入の貿易条件、資本逃避、および撤退を悪化させることによって動かされた外貨準備での低下である。

中央銀行が、日付をより長い間記入された安全な債券の所有財産を売ると、これは「量的な締め」を起こすかもしれない。

これは、これらのショックが、米国でさえ含む高収入国に送られうる方法のうちの1つである。

しかし、これは、また、引き戻された資金のホルダーがそれによってすること、および影響された中央銀行の方針に依存する。

そして、私達が見ることができるものは、一連の本当の金融のリンクである:中国の下落投資金とアウトプットで、その国の購入品、またはそれを買うことによって設定された価格に依存する経済の弱さ、そして、輸送交換の反転、およびバランスシートを緊張させる為替レートとリスク賞金でのシフトである。

政策立案者はどのように反応できるか?
特にヘッドライン数より使用可能な準備が小さいので、中国は、きっと、インフラ投資をアフリカに含めていて、その通貨を、落ちてというよりも準備を継続的させて失う、他の場所では、それは迅速に売られえない。

他の出現経済の方針スペースは、過去の中より大きいけれども、無限ではない。

それらは、抵抗するというよりも、これらのショックに順応することを強制される。

その間、高収入国の方針選択が限定される:政治により、会計の拡張はほとんど一般的に除外された。
中央銀行の介入レートは0の近くになる。そして多くの高収入経済では、私的なてこはまだまったく高い。

もし減速が謙虚ならば、何も多くされないであろう。

大きい減速に最も親切な反応は、支出を刺激するために中央銀行により作成された「ヘリコプター・マネー(helicopter money)」であるかもしれない。

しかし、その使用はまったくありそうにないようである。

従来の規則。

要するに、「中国で作られる」というグローバルな成長景気後退シナリオは完全にもっともらしい。

もし、それが起こる必要があるなら、締まっている食による決定は、徹底的に愚かに見えるように、現在来るであろう。

私達は、グローバルな金融危機に伴っている災害の分類について話していない。

しかし、世界経済は、中国が、成長のより釣り合いが取れたパターンにその移行を完遂するまで、逆境に対して脆弱であり続けて、高収入経済はそれらの危機から回復した。

それはずっと離れて静かであると報告している。

2016-07-04---中国株スランプ!ディーラーはUS$200億使う。
2015-08-24---2015年08月24日に、中国で起こった「Black Monday」
2015-07-30---中国の一人っ子政策が、中国経済を破壊する!?
2015-07-11---中国の株転落は、うろたえた反応で、疑いを改革ペースに向けた。
2015-07-09---中国株式市場は不安定なセッションで、急増!
2015-07-08---中国株は浮上しないで、落ち続けている。
2015-07-06---アジアの株式は、ギリシャの『no』で滑った。
2015-07-06---国民投票の結果、ギリシャの財政大臣辞任。
2015-01-14---中国ブームは終わった。