2015-09-16

14歳のアーメド・モハメドは、爆弾と間違われた時計で阻止された。

教育

BBC Newsは、爆弾として彼の学校教師が誤っていることを示したかった14歳少年は、手製の時計の後で、テキサスの警察に逮捕された。

米国のメディアによれば、アーメド・モハメド(Ahmed Mohamed)は、家で彼が時計を作り、彼のエンジニアリング先生にそれを示すことために、アービングのマッカーサー高校(MacArthur High School in Irving)に持って来たと言った。

別の先生はそれを見て、それが爆弾のように見えたことを心配すると、学校当局に警報を出され、警察を呼んだ。

彼の父は、彼の息子のイスラム教の背景のため、出来事を恐れている起こった。

米国のイスラム関係の協議会は、それが出来事を調査していると言う。

強い反応が社会的なメディアの物語にあった。

アーメド・モハメドは、ダラス・モーニング・ニュース(Dallas Morning News)に、彼がエンジニアリングを愛し、彼の先生に、彼がすることができたことを見せたいと言った。

彼は、エンジニアリング先生が彼を祝ったけれども、彼は少し、他の先生に魅せないようにに助言したと言った。

ティーンエイジャーは、レッスンの間に機器がビーッという音を発した時に、別の先生が、それに気づいたと言った。

「彼女は似ていた。それは爆弾のように見える。」と、彼に言った。

手製の時計は回路基板から成り、ワイヤはデジタルディスプレイをもたらした。

後で、その日に、少年はクラスから引き出されて、それには学校の校長と4人の警察官が尋問した。

新聞The Dallasは、手錠が掛けられ、彼が外に導かれたと伝えて、若い留置場に置き、指紋をとった。

警察スポークスマンのジェームズ・マクレラン(James McLellan)は、尋問で、アーメドが時計だけであると主張したと言った。

学校はこの事件を批評しなかったけれども、 「いつも、もしそれらがいくらかの怪しいアイテムを見つけたならば、私達の学生とスタッフに、直ちに報告するように頼みなさい。」 と、ステートメントで言っている。

スーダンから独創的にであるアーメドの父モハメド・エルハッサン・モハメド(Mohamed Elhassan Mohamed)は、「そして2015年09月11日の夜」彼の名前のため彼の息子が虐待されたと言った。

米国のイスラム関係の協議会のアリア・セーレム(Alia Salem of the Council on American-Islamic Relations)は、「これは、彼の名前がアーメドモハメドではなかったかどうかという問題でさえない。彼は、非常に利口で、それを彼の先生と共有して、興奮している子供である。」と言った。

どうも、NASAが大好きな少年のようだから、NASAは招待すべきだろう。

CNNは、斧事件に関する面白いTwitterのコメントを紹介している。
その中には、オバマ大統領のコメントもある。
ヒラリー・クリントンまでコメントを書いた!
Twitter、Google science fairまでコメントを書いた!

今や、世界で一番有名な高校生になった!

アービングのマッカーサー高校(MacArthur High School in Irving)のGoogle Earthポインター情報
32°51'14.4"N 96°57'27.7"W