2015年09月14日

イギリスの赤毛の人の日(Redhead Day UK)

言語教育ファッション宗教

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、ロンドン北部のエンジェル(Angel, north London)で、イギリスの「赤毛の日(Redhead Day UK)」を祝福するために、世界中から数百の「gingers(ジンジャー)」が集まったと報告した、

赤い毛(MC1R/Redhead)のための遺伝子は、グローバルな人口の2%未満に絞られる。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

今回公開された肖像写真はキラン/ドッズ(Kieran Dodds)による、進行中の写真撮影シリーズ「Panos」からである。

ドイツでは、赤い毛の人を、少し不思議な目で見る。

実は、私のガールフレンドの親友が赤毛で、マインツの郊外で赤毛の人達が固まって住んでいた。
なぜだと聞いたら、にこっと笑って、誰も答えてくれなかった。
もう一度聞いたら、彼女が私は気にしていないから、と言っていた。

ロンドン北部のエンジェル(Angel, north London)のGoogle Earthポインター情報
51°31'55.71"N 0° 6'23.14"W

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告