2015年09月14日

トップレスの女性が、イスラム教会議に乱入!

性とメディア宗教

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、トップレスの活動グループFemenからの2人のトップレスのフェミニスト抗議者が、イスラム教の会議の議事会場を急襲したと報告した。

出来事のビデオは、フランスのイベントで彼女が段階から運搬されると活動家のうちの1人が、男に蹴られるのを見せているようである。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

2人の女性はFemen活動家グループからである。
そのメンバーが、トップレスで抗議するために、それらの胸を横切るライティングによって知られている。

それらの衣服を取り去り、マイクロフォンをつかむ前に2人の導師が会議で排除しようとしていた時に、2人は段上に動いた。

これまで無名の女性は、25歳から31歳と考えられる。それらの胸を横切って書かれたスローガンは、「“I am my own prophet(私は私自身の予言者)」、および「Nobody submits me(誰も私を提出できない)」と翻訳できる。

映像は、段上からの女性を運ぶために段上の人のグループが走るのを見せる。クリップは、彼女がグラウンドにいる間抗議者を蹴るような白いTシャツの1人の男を示す。

Twitterでは「activists were brutally removed from the wings(活動家は翼から残酷に追放された)」 とグループが主張した。

イギリスの新聞「テレグラフ(Telegraph)」は、女性Schevchenkoが逮捕されたけれども、尋問の後にリリースされると付け加えて報告した。

会議組織者は、パリの近く、ポントアーズ(Pontoise, near Paris)で催された会議の残りのサポートを結集するために、Facebookに没頭した。
彼らは、活動家が「victims of anti-Muslim onslaught from the media(メディアからの反イスラム教の猛攻撃の犠牲者)」であると付け加えた。

進めている会議に対する請願のため、伝えられるところでは、約6,000のサインが集まった。

Femenの前の抗議は、中絶改革において、極右の偽ナチス(mock Nazi salutes)に賛成するフランスの国民戦線のメーデーのスピーチ(National Front’s May Day speech) に抗議して、スペインの議会を分裂させた。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。