gaYa広告

2015年09月14日

トップレスの女性が、イスラム教会議に乱入!

性とメディア宗教

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、トップレスの活動グループFemenからの2人のトップレスのフェミニスト抗議者が、イスラム教の会議の議事会場を急襲したと報告した。

出来事のビデオは、フランスのイベントで彼女が段階から運搬されると活動家のうちの1人が、男に蹴られるのを見せているようである。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

2人の女性はFemen活動家グループからである。
そのメンバーが、トップレスで抗議するために、それらの胸を横切るライティングによって知られている。

それらの衣服を取り去り、マイクロフォンをつかむ前に2人の導師が会議で排除しようとしていた時に、2人は段上に動いた。

これまで無名の女性は、25歳から31歳と考えられる。それらの胸を横切って書かれたスローガンは、「“I am my own prophet(私は私自身の予言者)」、および「Nobody submits me(誰も私を提出できない)」と翻訳できる。

映像は、段上からの女性を運ぶために段上の人のグループが走るのを見せる。クリップは、彼女がグラウンドにいる間抗議者を蹴るような白いTシャツの1人の男を示す。

Twitterでは「activists were brutally removed from the wings(活動家は翼から残酷に追放された)」 とグループが主張した。

イギリスの新聞「テレグラフ(Telegraph)」は、女性Schevchenkoが逮捕されたけれども、尋問の後にリリースされると付け加えて報告した。

会議組織者は、パリの近く、ポントアーズ(Pontoise, near Paris)で催された会議の残りのサポートを結集するために、Facebookに没頭した。
彼らは、活動家が「victims of anti-Muslim onslaught from the media(メディアからの反イスラム教の猛攻撃の犠牲者)」であると付け加えた。

進めている会議に対する請願のため、伝えられるところでは、約6,000のサインが集まった。

Femenの前の抗議は、中絶改革において、極右の偽ナチス(mock Nazi salutes)に賛成するフランスの国民戦線のメーデーのスピーチ(National Front’s May Day speech) に抗議して、スペインの議会を分裂させた。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。