on-the-time.jp

2015年09月12日

ウォルト・ディズニーが世界で最も不可思議なガスマスクをデザイン。

戦争と平和

米国の新聞「ワシントンポスト(Washington Post)」は、ウォルト・ディズニーは1942年1月にワシントンに来て、民間防衛と化学兵器戦争役員を経験したと報告した。

ディズニーは、恐れた子供を静めることは意図して、彼がデザインしたガスマスクの進歩をチェックしたかった。

大きいガラス目、 鼻および耳のまわりで大きいマスクは、ディズニーのサイン文字ミッキー・マウスのように形づくられた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

戦争で、一気に売り上げが落ちたのだろう。
そして、戦時用機器を開発し、生命線を維持しようとしたのかもしれない。

今でも米国の大学は、研究室維持で武器を開発している。

結局、民間のガスマスクとして、子供またはおとなのため約1,000の不可思議なミッキー・マウスガスマスクが生産されたけれども、第二次世界大戦の間に本当は銃後の著しい存在ではなかった。

真珠湾への日本の攻撃の2週後に、民間人防御のオフィスのディレクターで、ニューヨーク市長フィオレロ・ラ・ガルディア(Fiorello LaGuardia)は、政府が5000万のガスマスクを注文することを提案した。

説明されたワシントンポストは、「マスクはUS$3.75それぞれかかり、赤ん坊のためのもの、2歳から3歳まで、より大きい子供のためのもの、別のものの子供のためのもの、一般的なおとなのマスクと、5つのサイズで供給される。」

5000万でさえ、マスクですべての市民を装備するために十分ではない。代わりに、フィオレロ・ラ・ガルディアは、それらは、攻撃に陥りやすかった海岸のエリアに住んでいる人々にだけ配付されると説明した。

次の年のコースでは、下で必要なガスマスクの数の見積りが継続的に改訂された。

1942年4月に、区の防御ディレクターのレミュエル・ボレス大佐(Col. Lemuel Bolles)は、方針が、救急箱、懐中電燈、アームバンド、口笛などの機器をローカルな空襲監視人にだけ配付することであることを説明した。結局、彼らも鉄兜とガスマスクを得た。

真珠湾攻撃の1周年記念日によって、300,000のガスマスクが国中いたるところに出荷されて、エリアの脆弱性に基づいて割り当てられた。

これは、ワシントンD.C.子供が戦争にさらされなかったことを提案することになっていない。
子供は、寄付するためにスクラップを捜している。それらの家を通り抜けるように勧められた。
言及されたタイヤは12のガスマスクを作ることができた。
「彼らは、それらがラインの後ろのボランティアの役割を果たし、それらが、私達の国の敵を破るのに役立っているという事実においてプライドを感じる。」と、役員が言った。

第1次世界大戦で、米国本土まで攻撃はされないという意識から、真珠湾への日本の攻撃は、本土攻撃もあるに変わった!

しかし、ディズニーのガスマスクに、将軍達はどう感じたのだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。