2015-09-12

オノ・ヨーコは、ジョン・レノンにこれまでで最大の人類愛の名誉を与える。

人物

米国の雑誌「TIME」は、オノ・ヨーコ(Yoko Ono)は、ジョン・レノンの75回目の誕生日(John Lennon’s 75th birthday)が世界で最も大きな人類愛サインであったであろうものに敬意を表して、統合することを試みると報告した。

ローリング・ストーン(Rolling Stone)は、前のBeatleを記念して、ニューヨーク市のセントラルパーク(New York City’s Central Park)で2015年10月06日にイベントを起こすと報告している。ジョン・レノンは1940年10月09日に誕生し、1980年に暗殺された。

もし可能なら、オノ・ヨーコが、公園のイーストメドーで6,000人から10,000人までの人々を召集し、午後12時30分に航空写真がとられる前に平和合図に参加者を配置することを望む人々看護を施し、賛辞は、5,814人の人々のギネス世界レコード(Guinness World Record)を破る。

オノ・ヨーコは2015年09月10日木曜日にニューヨークの市ホール(New York’s city hall)の外で発表した。そこに都市役員と子供のグループはレノンの歌の集いを保持した。

レノンの誕生日につながっている月に、非営利的なモバイルのオーディオ、およびビデオ記録機能「ジョン・レノン教育的ツアーバス(John Lennon Educational Tour Bus)」は、教育的なプログラムのために都市を横切る種々の場所に配置される。