on-the-time.jp

2015年09月05日

エンブレムのデザイン審査は、デザイナーが行っていた。

犯罪と裁判アート教育

NHKのテレビで審査委員長であったデザイナーで、日本デザイン・センターの永井一正社長が出演し、最終審査まで何も知らなかったと言っていた。

非常に無責任な審査委員長の発言に愕然とした。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

名誉職ぐらいに感じていたのだろう。
とんでもないことである。

さらに、審査はデザイナーが作った作品をデザイナーが行っていたと報告している。

つまり、もの凄く狭いデザイナー界の中で完結していた。

つまり、内々の仲間同士の審査会であった。

なぜ、勝見勝が審査委員長として、東京オリンピック、大阪万博、サッポロ冬季オリンピックなどの審査をしてきたのか?

オリンピック組織委員会は、もう少し真剣に考えた方が良さそうである。

次は、もう許されない!

また、テレビなどに、それまで聞いたことの無い評論家が意見を言っているが、残念ながら科学的分析が皆無で、感想だけであった。

テレビ局は、何をしているのだろう。

日本だけで認められている典型的なパターンで、こんなことを続けていれば、次回も事故は起こることだろう。

今回の被害は、誰に請求するのだろう。
これは、犯罪行為である。
その被害を国民に払わせるべきではない。

先日来、お金のだらしなさが表面化している。
はっきりと犯罪者は収監し、被害額を請求すべきである。

何かすべて、国際的標準ルールとは違っている!
そのまんま東のときもそうであったが、犯罪者をる捕まえない!

これが、日本の司法なら、無法地帯である。

2015-09-01---大会組織委員会は、佐野研二郎制作の東京五輪エンブレム使用中止。
2015-09-01---佐野研二郎デザイン事務所のホームページで声明を発表。
2015-09-01---佐野研二郎のデザインの著作権で、再度問題噴出!
2015-09-01---ニュージーランドは、国旗の最終決勝戦進出者を公開。
2015-08-28---大会組織委員会は、五輪エンブレム原案初公表した。
2015-08-27---社会心理学実験の75%と、認識の研究の半分が、複製テストに失敗。
2015-08-10---ニュージーランドの新しい国旗で、議会は40の潜在的なデザインを出版。
2015-08-10---ジョン・オリバー、米国の性教育が非常に悪い理由。
2015-08-03---彼女は高校に行かないけれど、フリーパスで大学に行く!
2015-07-31---ブルームーンの定義。
2015-07-29---東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会エンブレムで著作権問題浮上!
2015-07-27---人工知能を持った殺人ロボットは、禁止されるべきである!
2015-07-24---東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会エンブレムを発表。
2015-07-16---科学者は、菜食主義者のためにベーコンのように味わう海草を発見した。
2015-07-07---米国は、日本の巨大なロボットに挑戦!
2015-07-05---ハンキー・パンキー高校は、4つのセックス・スキャンダル。
2015-06-29---バックパッカーが、貨物ランナーに変身!
2015-06-03---米国学生は、どのように無料のドイツで大学学位を得るか。
2015-05-23---ロバート・デニーロは、下品で軽率である。
2015-05-19---鉄魚があなたをより強くすることができる理由。
2015-04-27---サッカー日本代表のオフィシャルスーツ発売!
2015-01-09---最近、気になる日本経済新聞電子版のニュース-5「エスカレーターのマナー」
2014-09-17---人工甘味料は、血糖値のスパイクを引き起こすかもしれない。
2014-06-29---雑誌「ネイチャー」のSTAP論文撤回。
2014-06-27---ブラジルの「神聖な黄色・緑のジャージ」の話。
2014-06-16---小エビから、次世代のプラスチックを発明。
2013-11-05---中国の紫禁城にある巨岩は、氷の上で輸送された。
2013-06-04---日本で当たり前のサッカリンが、ステビアとして、もの凄い注目!
2013-02-28---ダライ・ラマの名誉博士号!
2012-12-05---マサチューセッツの新聞は、リポーターが出典情報を誤魔化した。
2012-11-22---南太平洋サンディー島は「存在しないと証明された。」
2012-08-30---ハーバード大学で、カンニング・スキャンダルが浮上!
2012-08-01---中国における外国教育のパラドックス。
2012-07-21---米国人男性の死亡記事に書かれた「最後のざんげ(The last confession)」
2012-07-04---米国の新聞で、偽の記名記事多数発見!
2012-06-29---ルーマニアの学者組織、首相の論文は大部分が盗作と結論。
2012-06-19---ルーマニアの新首相、博士論文で盗作非難!
2012-05-06---ドイツのアンゲラ・メルケル、博士号問題と海賊党に両ビンタの試金石!
2012-04-01---盗作の博士号をはぎ取られた後、ハンガリー大統領辞職。
2012-03-29---ハンガリーの大統領、盗作で博士号を喪失!
2011-09-20---ドイツの自由民主党「FDP」は、首都ベルリンで存在意義が消えた!
2011-07-14---ドイツの政治家、さらに博士号剥奪!
2011-06-15---ハイデルベルグ大学は、Koch-Mehrinの盗作を有罪と判断!
2011-05-17---オンライン盗作ハンターは博士号詐欺を追跡!ドンドン暴露!
2011-05-12---博士論文盗作で、2番目のドイツ政治家も辞任!
2011-03-01---ドイツの国防相グッテンベルグは博士論文盗作で辞職!
2011-02-21---ドイツの国防大臣が書いた博士論文は、バーゲン製品だった!
2011-02-17---ドイツの大臣は博士論文の盗作を否定。
2010-06-14---白米は、糖尿病の発症リスクを高めると警告。
2010-04-07---ジャーナリズム・コンピュータ・サイエンスの学位が登場した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告