2015-08-26

米国の教授は、偽物と指摘されたパピルスを解読する。

超過去宗教

イギリスの新聞「インディペンデント(TheIndependent)」は、非常に論争の多いパピルス破片の新しいテストにより、信用は証拠を勧めイエスに追加できる妻を持っていた。

イエスと関連している名刺ほど全然大きくないコプト語のテキストの破片であるいわゆる「イエスの妻の福音(Gospel of Jesus’s Wife)」は、翻訳されたラインが、「私の妻」という言葉を言うだけでなく、「メアリー」と呼ばれる弟子を参照している。

昨年、研究は6世紀および9世紀ADの間から破片に日付を書いた。しかし、ドイツの教授は、「福音」と別のパピルスの間の類似点が実のところ両方が偽物であることを意味していることを以来提案した。

キリスト教のAskeland、70人訳聖書のための研究所を持つ研究仲間およびドイツのブッパータール(Wuppertal)の聖書の研究は、放射性炭素日付記入により、1,200年前、2番目のパピルスが、ジジョンの福音(Gospel of John)から、300年の間消えていた言語で書かれることが示されると伝えていた。

彼は、これが、それを偽物であることを示すと言い、事実のため、それらはたぶん、同じ職人により書かれた「イエスの妻の福音」であった。

今や、コロンビア大学(Columbia University)の研究者は、パピルスにおいて使われたインクの新しいテストを実行し、早い結果がAskelandの理論を除外すると言う。

コロンビアのジェームズ・ヤードレー(James Yardley)は、イエスとマグダラのマリヤ、Uvatypieテンプレートからの色ハガキ、Live Scienceで話した:「私達の最初の探検において、私達は、興味の2の文書のために使われたインク[ジジョンの福音とイエスの妻の福音]がまったく違うと述べた。より最近の結果はこの観察を強く立証する。」

Origins of 'Gospel of Jesus's Wife' Begin to Emerge
by Owen Jarus, Live Science Contributor | August 24, 2015 07:00am ET

ヤードレーは、研究が出版されるまで、もう明らかにしない。そこに、ポイントAskelandは、反応する機会を持つと言った。

しかし、それが「福音」がより本物そうであることを示唆する間、キリスト教のためにそれが意図しているものは、論争を解決しない。

2012年にテキストの発見を発表したハーバードディヴィニティースクールからのエキスパートである教授カレン・キング(Professor Karen King, an expert from Harvard Divinity School who announced the discovery of the text in 2012)は言った。
スクロールは、イエスが結婚し、生活の「理想的なモード」が、独身を誓ったものであるかどうかが、早いキリスト教討論に光を当てることができたと最終的に証明しなかった。

彼女は、昨年、パピルスの「主要なトピック」が、母と妻であった女性が弟子であるかもしれないかどうかであると言った。

「歴史的に、イエスの配偶者関係の役割で、主張が何を、結婚、独身、およびファミリーの上の早いキリスト教議論に行ったかを尋ねて、私達が知っていたこの福音破片は、私達が考えたものを再考する理由を提供する」と、彼女は言った。

ただし、多くのヨーロッパの学者が指摘しているように、両方が偽物であった場合は、どのような意味も存在しない。

このように、有もしないことを描いた絵を利用することは、偽物であることを拡大するだけである。

2014-12-24---クリスマス・イブということで、誰がバイブルを書いたか?を紹介。
2014-11-09---イエスは売春婦マグダラのマリアと結婚し、子供がいた?!
2014-04-10---「イエスの妻」に関するパピルスは偽物ではない!?
2012-09-27---米国で発表されたイエスの妻パピルスは、「とにかく偽物!」