2015-08-22

クロアチアで、新生代の巨大サメ「メガロドン」の歯の化石発見?

超過去

AFPは2015年08月22日に、クロアチアの首都ザクレブ(Zagreb)から約60kmのポクプスコ(Pokupsko)村の川で、新生代に生息していたサメのものとみられる歯の化石が発見されたと報告した。

この歯は、貝殻を探していた地元のスティエパン・スーセク(Stjepan Sucec/Stjepan Sučec)が発見したもので、ザグレブにある自然史博物館の地質学者は、およそ1600万年前から260万年前の新生代に生息していたとされるサメ「メガロドン(Megalodon)」の歯と思われると言っている。

[AD] You can advertise on this site.

メガロドンは、史上最大で最強の肉食動物の1種とされている。化石から、この巨大なサメは全長が最大18メートルにも達していた可能性があることが分かっている。

メガロドンは世界中の海に分布し、現在のクロアチア沖かつてのパンノニア(Pannonian)海にも生息していたと考えられていると報告している。

ポクプスコ(Pokupsko)村のGoogle Earthポインター情報
45°29'05.1"N 15°59'30.4"E
または、
45.484742, 15.991792

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.