8-19

全国飛行日(National Aviation Day)

戦争と平和宇宙スポーツ自然アート

NASAは2015年08月20日に、フランクリン・D・ルーズベルト大統領(President Franklin D. Rooseveltは1939年に、オービル・ライト(Orville Wright)の誕生日に敬意を表して、市民に、飛行の興味と理解を促進する活動によって、その日を祝福するように命じて08月19日を全国飛行日(National Aviation Day)と称したと報告した。

NASAは、100年より多く帰る飛行研究で遺産がである時に、飛行機旅行が、交通の安全で、信頼できる形になることを手助けした。

すべての米国民間航空機(U.S. commercial aircraft)およびすべての米国航空交通管制タワー( every U.S. air traffic control tower)は、ボードのテクノロジーをNASAが開発した。

NASAの書斎は、翼スパンを増大させないで、航空力学のドラッグを減らすために翼端に付属することができる垂直の拡張の開発に通じていた。

小翼は、飛行機の範囲、減少燃料使用を増大させるのに役立ち、どこでも飛行機において今日見られる。

その産業パートナーと働くことによって、NASA研究者は、グラウンドでノイズレベルを減らすための効果的な方法を決定し、乗客キャビンでジェットエンジンの排出ノズルとカウリングにのこぎり歯形カット・アウト(add saw tooth-shaped cut outs)、またはV形(chevrons)を追加することになっていた。

1970年代と1980年代の間に、NASAは、ダイヤルとゲージをフラットパネル・デジタル・ディスプレイと取り替えた高度なコックピット・コンフィギュレーションの概念を作成し、テストした。

デジタル・ディスプレイが情報をより効率的に示し、フライトが、乗り物状況のより多くの統合され、容易に理解された写真で大喜びした。

ガラスコックピットは今日どこでもコマーシャル、軍隊、および一般航空航空機に使用されている。

バージニア州ハンプトンのNASAラングレイ研究センターエンジニア(NASA Langley Research Center engineers in Hampton, Va.)は、定期旅客機をより安全で、より効率的にするために、この2011年に撮影された写真のような、新しいコックピット・テクノロジーを開発し続けるために、研究操縦室フライト・シミュレーターを使用する。

しかし、どの飛行機が好きかは、みな違う!
Flightclubでは、Today Is National Aviation Day, So Show Us Your Favorite Aircraft(今日は全国的な飛行日である。従ってショー私達あなたの好きな航空機)を公開した。

あなたの好きは飛行機は?

私が衝撃を受けた飛行機は、F104でした!
アップルが、Cubeのデザインで失敗したとき、私はアップルにメールで、工業デザイナーはマテリアル学を勉強すべきで、あのデザインで、あのプラスチックの選択は間違いである。
あのデザインなら、クリスタルか、F104のジュラルミンにして、使用者に毎朝クリーニングを強制すべきである!と書いたら、アップルから感謝のメールを受信したことがある。

その後に、チタンのマシンが登場したとき、時代はF104のジュラルミンは古いか〜と思った。

Image Credit: NASA Langley/Sean Smith

Last Updated: Aug. 20, 2015
Editor: NASA Administrator

バージニア州ハンプトンのNASAラングレイ研究センターエンジニア(NASA Langley Research Center engineers in Hampton, Va.)のGoogle Earthポインター情報
37°05'28.9"N 76°22'34.3"W
または、
37.091353, -76.376203

2014-08-19---電気的な推進のテスト。

Related Dates