2015-08-14

アメリカ最初のイギリス人移住者の運命。

人物

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、アメリカの外からメイフラワー号(Mayflower)がマサチューセッツ(Massachusetts)に上陸する20年前に、115人の入植者は到着したけれども、すべて死滅したと報告した。

400年以上前に、最初のイギリスの移住者がそれを見たにちがいないので、まだ海岸線を想像できてアメリカの中部大西洋の海岸に、その場所がある。

ボートマリーナがない、ハイウェーがない。海岸沿いの地貸家がない海が、空、および純粋な森林のかすんでいるアウトラインと会う水の正しいアシ、沼地、およびきらめき拡がる。

従って、それは、ジョン・ホワイト(John White)が、最後にロアノーク島(Roanoke Island)に戻った時であったにちがいない。

彼は現在、ノースカロライナ(North Carolina)であるものの一部、現在はアウターバンクス(Outer Banks)として知られている障壁島によりガードされたエリアをよく知っていた。

ジョン・ホワイトは1585年にそこで最初の調査任務をした。

2年後ni彼は、ウォルター・ローリー候(Sir Walter Raleigh)により後援された新しい永久的な植民地の知事として引き返した。

しかし、行くことは、より一層の供給品を組織するイギリスへのかたく、すぐ白い帆走した後であった。

あいにく、戦うべき無敵艦隊の小さい問題があった。

どの船も入手可能ではなく、既知の世界の縁の少しのスコアに、勇気のある移住者の運命は、女王の領域の生き残りに比べて輸入をほとんどもっていなかった。

1590年にだけすることができたジョン・ホワイトは、ロアノーク(Roanoke)へ戻った。

しかし、彼がそこに到着した時は何もなく。

115人の入植者は、それら自身の娘と義理の息子、それらの幼児の娘バージニア・デア(Virginia Dare)も死滅した。1587年08月18日にイギリスの新世界の移住者に誕生した非常に最初の子供であった。

しかし、起こったこと?出発は整然としているようであった。

建物は慎重に分解された。唯一の手掛かりが左、一見したところCroatoanへの参照ポストに彫られた手紙ハッテラス岬(Cape Hatteras)のための古い名前C-R-O-A-T-O-A-Nであったこと。アウターバンクスの最も南東ポイント、南、または海岸のノースカロライナに住んでいたCroatoanインディアン(Croatoan Indians)への50マイルであった。

従って、まだ、それらの国の歴史をゆっくり進んでいるアメリカの子供に喜ばしい注意散漫を提供している長い間、「失われた植民地」の伝説、ミステリーが誕生した。

理論はいっぱいである。
入植者は敵対的なインディアンに屠殺された。
彼らは飢饉または病気のため死んだ。
それらは種族のため自発的に、または不本意に吸収された。
それらはエイリアンにより誘拐されさえしたと言うのもアメリカにはある。

しかし、最も基本歴史用語において、ロアノーク(Roanoke)は重要である。

たとえ20年、および30年より多くによるマサチューセッツの岸へのメイフラワー号の到着によって、ジェームズタウン(Jamestown)に先行することと、北アメリカのイギリス人により設立された最初のその運命の何かの解決であった。

ジェームズタウンのように、植民地は、新世界の広大な想像されている富を利用するようにデザインされた商業用のベンチャーであった。

代わりに、それは地球から消えた。

現在まで、それはそうである。

何年もの間、ハッテラス(Hatteras)のまわりの考古学の発掘により、いくつかのじらしている手掛かりが発掘された。
コイン銃部分印鑑リングおよび16世紀と17世紀から様々な他の人工物である。

しかし、見たところエリアへの彼の最初の訪問の間に1585年にジョン・ホワイトが仕事を始めたバージニア(Virginea)と同等と呼ばれるそのコレクションにおいて大英博物館が水彩絵の具マップを吟味したので、本当のブレークスルーは2012年に来た。

マップ自身は美しく実行されて、顕著に正確である。

しかし続いていたものは、宝島から持ち上げられたかもしれない。

ロアノークの約50マイル西のマップの中央では、パッチである。

想像テクノロジーを使い、美術館エキスパートは、パッチの下で青色で、赤い星であると気付き、ことによると砦を示した。

位置は、アルベマール湾(Albemarle Sound)の他の側の本土の端に、ホワイト自身が、1587年と同じくらい早く、新しい移住者が話していたつもりだ永久的な宛先より遅くした参照と多少調和していた。

場所がパッチによりカバーされた理由は、それ自体はミステリーである。

たぶん、それは、そのような明らかな軍隊意義の計画を保持する必要があった。
スペインからの秘密。そして西半球への植民地導きのパワー。

従って、研究者は、主にアーノルドパーマーデザインされたゴルフコース(Arnold Palmer-designed golf course)のための名士というMerry Hillと呼ばれるノースカロライナの貧しいコーナーに注意の焦点を合わせた。

サイトX(Site X)と呼ぶエリアは、前に見られたことがあったけれども、この時、産出された発掘は特にいくつかの話しによって見つける。

この前の週、最初の植民地財団(First Colony Foundation)は、最初の詳細が提供された発掘についてスポンサーになっているグループである。

砦の証拠は彼のプロジェクトのセンターとして全然明るみに出ず、「ローリーのシッティ(Cittie of Raleigh)」で、エリザベス1世時代の廷臣冒険家詩人(Elizabethan courtier-adventurer-poet)は、そのつもりではなかった。

しかし、位置は意味をなし、2つの川の合流に戦略的に置かれた。

そして、考古学者により発掘されたアイテムは、ビットの銃、釘、および飾り金具を含む期間と調和しているくつひもの終わりを保護している小さい金属さや、とりわけそして、ロンドンのバージニア会社で巻かれた1624年にアメリカへの出荷が停止したサリーハンプシャー・ボーダー(Surrey-Hampshire Border)製品として知られているイギリスの陶器のタイプの破片であった。

これのどれも決定的な証拠に相当していない。

しかし、発見物は、まだ、最も信用できる提案である。それの「失われた植民地」、少なくともしばらく、または部分として、1587とロアノークの後に長生きしている。

学者的な意見は、現在、ハッテラスへの南のいくつかの向け、および他のサイトXへの西での動きによって、移住者の、それらが、近くに住んでいる種族により吸収されて、これが、奇妙な薄覆われたことと、青い目であることについての奇妙なネイティブについてのローカルな伝承を実証し、たぶん、移住者が分かれたという理論に単に根絶されたという見方から移る。

そこまでで、今のところ、問題は休む。

しかし、そんなにしばしば、リモートの歴史を解く試みは、1つの発見物が新しい仮説だけをもたらす。

例えば、いったん彼らがサイトXに到着したら、何が、移住者に起こったか?
フィリップ・エバンス(Phillip Evans)として、最初の植民地財団のプレジデントが、それをほとんど安心させるように置く。「消えた植民地のミステリーはまだ存在し、素晴らしい。(The mystery of the Lost Colony is still alive and well.”)」。

そして、ロンドンのフリート街から離れて、大西洋のSt Bride’s Churchへの旅の前に、あなたの彼女とそれらが戻らない新世界に、彼女の両親が結婚したまさしくその場所の子供バージニアデアーの不可解な両面についての青銅製品を見つける。

アメリカは、たった5,00年前が判らない!

1571年には武田信玄と徳川家康が三河吉田城で戦い。織田信長は伊勢長島の一向一揆衆と戦っている。
1582年には、天正遣欧使節が出発している。

ロアノーク島(Roanoke Island)のGoogle Earthポインター情報
35°53'23.1"N 75°39'40.5"W
または、
35.889742, -75.661264

Merry HillのGoogle Earthポインター情報
36°00'42.6"N 76°46'20.8"W
または、
36.011828, -76.772447

2015-07-25---最初にアメリカに渡ったイギリス人を識別しようとしている。

Related Dates