2015-08-14

ロシア人が車に、第2次世界大戦のスローガンを飾る理由。

戦争と平和

米国の新聞「ワシントンポスト(Washington Post)」は、ドイツのタブロイド紙ビルト(Bild)からの情報として、ロシアの飛領土のカリーニングラード(Kaliningrad)の「不気味な工作」で2015年08月12日水曜日に憤慨したと報告した。バルト海のそのロシア軍隊ドリルは、珍しいこの過去の年それではなかった。この時新聞を打ったものは、ミサイルの写真に記入された第2次世界大戦ときのスローガン「ベルリンに!(НА БЕРЛИН)」そして「スターリンのために!」であった。

写真は、元来、Su-24およびAn-26の軍用機から爆撃を含むトレーニング運動の間にそれらが取られたと主張した軍隊のトピックが専門のロシアWebサイト「FLOT」により出版された。

ロシアの防御省(Russian defense ministry)は、写真を反ロシアの意見によって遊ぶことの「愚かさ」、「合成写真」、または試みと評した。Webサイトは、それがどのような合成写真も使わないと主張した。

しかし、そのようなステッカーと銘は、ロシアで共通である。
多くのドライバーは、それらの車ni「ベルリンへに!」で飾る。
ステッカーまたは第2次世界大戦のソビエト連邦の勝利および東ウクライナの分離主義者のシンボルになったセントジョージの黒toオレンジ色のリボン。それらのうちのいくつかが自身を戦車ドライバーと想像することさえできる。

他は、それらの行進において、ベルリンのようにウクライナの首都キエフ(Ukrainian capital of Kiev)を取ると言う。

何人かのドライバーが、特別に皮肉な結果を、Ukrainian capital of KievステッカーでそれらのビンテージもののBMWに貼るのを発見した。

アンチ西洋の感傷の現在の波にもかかわらず、ロシア人はドイツの車を愛している。それらのうちのいくつかが、それらのオペル(Opels)、アウディ(Audis)、BMW、またはメルセデス(Mercedes)の「トロフィー」を書いてこの認識の不協和音のまわりに到着しようとする。

第2次世界大戦はいつもロシア愛国神話の中心的な部分であった。
「キエフのファシスト」に対する戦いが、ナチスドイツの歴史上の勝利と比較してそれはウクライナの危機の開始の後に新しい意味を追加した。

驚いたことに、第2次世界大戦の記憶は、最近まで一般にポジティブであったドイツへのロシアの態度への小さな影響を持っていた。

5年前、ロシア人のほんの1%はドイツを敵対的な国と考えた。24%はドイツを同盟国とみなしていた。

独立なロシア投票組織レバダ・センター(the Levada Center, an independent Russian polling organization)の最近の調査によると、それは、ロシアのそれの前のベラルーシとカザフスタンだけを持つ「友人リスト」の3番目にポピュラーな国であった。

それが部分的にソビエト連邦と東ドイツの間の古い親交のためで、部分的に2004年に後ろにウラジーミル・プーチン・ロシア大統領(Russian President Vladimir Putin)を「無傷の民主主義者(flawless democrat)」と呼び、2005年の選挙に負けた後にロシアのガス巨人ガスプロム(Gazprom)のボードに参加した前のドイツの首相ゲルハルト・シュローダー(Gerhard Fritz Kurt Schröder)を持つ新しいパートナーシップがあった。

彼はまだプーチンの親密な友人であり、ウクライナ危機のロシアのポジションを公然と防御する。シュローダーの下で、ドイツは、ヨーロッパへのロシアの興味のロビイストであると考えられた。

今日、投票結果は意見のドラマチックな反転を示す。
ロシア人のほんの2%はドイツを同盟国と考えて、19%はそれを敵対的な国と考える。
興味深く、ドイツ人への態度はまだロシア人の大部分とわずかにだけ交替していた感じて、それらについてニュートラルである。

現在のドイツ首相アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)はウクライナのロシアの行動においてはっきりと危険なポジションを取った。
彼女は、アームをウクライナに送るアイデアをサポートしないけれども、彼女は、昨年ロシアに対してより広い経済制裁を推進したキーの役割を果たした。

モスクワの多くの人々はドイツの側のこの予想外のタフさに驚いた。

国営ロシアテレビは、メルケルの方針を説明するために、陰謀説を提供した。

国営の通信社ロシア・セゴディニャのテレビアンカーで、ヘッドのドミトリー・キセリョーフ(Dmitry Kiselyov, a TV anchor and the head of a state-run news agency, Rossiya Segodnya)は、米国が、NSAによって彼女の電話をたたくことから得られた情報によってドイツの首相を恐喝することを勧めた。

ドイツ政府はロシア国営テレビにおいてワシントンの操り人形として描かれた。ロシア国外向け国産ラジオ放送局スプートニク(Sputnik)とロシア・トゥデイチャンネル(Russia Today channel)は、ドイツで同じ主題をサポートし、ドイツ政府が米国からプレッシャーの下にあることを提案する。

従って、人は、それが、「ベルリンへ!」などのそれらの第2次世界大戦ときのスローガンにロシア人を追い返している古く、新しいステロタイプの混合物であると言うことができた。

しかし、見ていると、すねているだけのようだが---

НА БЕРЛИНを検索すると、出てくるわ!出てくるわ!

カリーニングラード(Kaliningrad)のGoogle Earthポインター情報
54°42'37.5"N 20°27'08.0"E
または、
54.710425, 20.452214