2015-08-14

私の醜い胸は、私がセックスするのをやめさせている。

性とメディア健康美容と医学の科学ファッション

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、『それは、ある多くの女性経験で、ひどい感じで、常に私達が私達の体をマスメディアが達成不可能な幻覚的完璧さと比較することによる。』と報告した。

まさに大学に行き、本当に誰かと適切な関係を持ちたくあろうとしている、しかし、垂れて、醜い胸のため当惑しすぎるので、セックスすることができない。

リラックスするのを感じている必要があり、自信がある状況において誰のためにも、ずっと衣服を脱ぐと想像できない。

それらは自尊心を破壊した。

たぶん、疑問の要所がであり、パートナーに体を見させずに性的な関係を持ってもよく、それはそれらのために持続可能で、公正であるのか?

あなたがあなたの体についてそんなに否定的に感じることが残念である。

それは、ひどい感じで、常に体をマスメディアの達成が不可能な幻覚的完璧さと比較することによる多くの女性経験である。

人も、フィットネス通路からそれらをあざけっている半ダース入りパックに免疫がない。

しかし、あなたがまだ誰かとではないので、誰かのためのあなたの衣服を脱ぐという考えが、恐ろしく、不可能であるようである。

実際あなたが、本当にあなたである。逆もまた同様誰かを持つ状況にいる時には、あなたはそれについて同じ方法で考えていないであろう。

彼らは、あなたの胸が一定の方法で見ないことを気にしていない。

もしそれが、あなたの親交をそれと共有する価値がある誰かであるならば、信頼しなさい。

彼らは愛し、それがあなたの拡張であるので、あなたの体を要求する。

その間、あなたは、愛していること、または最低の受諾、あなたの体において、いくらかの仕事をする必要がある。

他の人々に引き付けるものの大きい部分は自信であり、あなたの強烈な恥辱は誰ため、すべての極少のあなたターンオンになろうとしていない。

あなたの体を最も強く、最も健康にするためにあなたがすることができることを理解すれば、それはそうであるかもしれない。

もしあなたの胸の重量があなたの肩と背中を解決し、物質的な活動を難しくしているなら、あなたは縮小についての医師に相談できるであろう。

しかし、それが高く個人的な選択であること、およびおそらく ちょうど財政的に実行不可能である 。

クリアであるように、私は、あなたに、美容整形を持っているように命じていない。あなたの選択を知っているだけである。そして、そのためにあなたが決めるどのようなパスについての羞恥心でも感じないことが、あなたに適切である。

何年もの間、近い友人は、あなたが持っているのと同じ問題と格闘した。

20歳代に私達がそれについて話した時に、彼女は、縮小を得る前に子供を持っていることを待つと決めた。

今、40歳代にいるので、まだ、子供、および彼女と、何もすることを選んでいなかった。

私は、決してそれが健全な性生活の方法で到着しなかったと言った。

しかし、子供ができた男が、女房子供に従えさせたと言わんばかりに、威張っているのにであう。

それも実の空虚に写る。

2015-07-21---科学者は、彼らが、何が完全な陰茎(perfect penis)を作るかを考え出したと主張した。
2015-07-14---あなたのおっぱいに、間違ったブラを選んでいないか?
2015-07-08---人々は、なぜ自身を意図的に『醜い』ように思われさせているか?
2015-06-12---私はペニスを移植!そして、私はそれで赤ちゃんを作った!
2015-05-31---UKを支持するスコットランドのブラのボスは、国外逃亡。
2015-05-13---知っているつもりで、知られていないペニスの6つの驚異。
2015-03-17---国際平均サイズのペニスは、何に似ているか?
2015-03-04---人はずっと、悩むのをやめるため、陰茎サイズについて不安定すぎる。
2014-07-13---なぜ女子ワールドカップ・チャンピオンは、ブラジャーを露出したか。
2014-04-18---日本人は、世界で初めて雄雌が逆転し、「陰茎」を備えた雌の昆虫を発見!
2014-02-02---カップルは、セックス中に共に、動けなくなることがあるか?
2013-12-20---女性のために「美の理想を再定義し書き直す」使命を帯びた3人の子どもをもつ母親。
2013-12-03---マイクロソフトは、スマート・ブラジャーを開発中。
2013-08-20---iPhoneは、どのようにしてランジェリー産業の分裂を支援したか。
2013-04-08---進化に影響、男性器は大きいほど魅力的!?
2012-10-15---デンマークのアダルトサイト「小さいことは良いことだ!」コンテストを開催。
2012-07-06---ANCは、ジェイコブ・ズマの絵に「うんざり(disgusts)」
2012-05-15---パンティーとブラジャーだけで歌うので、LadyGagaのコンサート不許可!
2012-01-10---イランでは、ペニスへの入れ墨が永遠のバイアグラ?!
2010-10-20---US$200万(約1億6200万円)のブラジャー。
2010-08-22---米国の「ナショナル・ゴートップレス・デー(National Go Topless Day)」
2010-04-08---2つの男性器を有している人間大の新種のオオトカゲを発見。
2009-10-06--2009年度イグ・ノーベル賞「ガスマスク兼用のブラジャー」など
1983-01-11---ワコールが肩ひものないブラジャーを発売した。
1913-02-12---ブラジャーの特許を取得した。