2015-08-06

Visaは、出現市場について新しいサービスmVisaをテストする。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、出現市場(emerging markets)の金融機関、小売り店、および消費者をターゲットとし、Visaは、、インドで今年末テストされて新しいサービスmVisaに作用していると報告した。

同時に、クレジットカード巨人は、それが、このものを含むデジタルの商業プロジェクトに取り組むために、バンガロールでテクノロジーセンター(technology centre in Bangalore)をオープンした。

mVisaサービスは、Axis銀行( Axis Bank)、HDFC銀行(HDFC Bank)、ICICI銀行(ICICI Bank)、およびSBIの選択顧客、およびより大きいバンガロール地域を横切る小売り店とテストされる。

mVisaによって、消費者はcardlessな購入品、支払い紙幣を得ることができて、それらのモバイル機器を使ってお金を友人とファミリーメンバーに送ることを可能にする。

消費者がmVisaアプリケーションをそれらのスマートまたは機能電話にダウンロードして、彼らのビザ借方記入、信用または前払いの口座をmVisaアプリケーションに連結することができる。

従って、いったん作動したら、mVisaのため、NFCの必要、または出現市場の少ない共通であるコンタクトレスのインフラストラクチャーを避けて、消費者は、資金をそれらのアカウントから小売り店のアカウントに単に移して店とオンラインの購入品の代金を払うことができる。

カード会社は、どのようにサービスが技術のパースペクティブから作動させるかのより一層の詳細を発表しなかった。

さらに、mVisaユーザーは、請求書を支払い、資金を他のビザアカウントホルダーに送ることができる。

小売り店は、支払うためのより容易な方法を消費者に提供することから利益を得て、支払いが受け取られた時には、直ちにSMSテキストメッセージを経て通知される。

テストは9月に始まるので、mVisaはより大きいバンガロール地域で20,000人の小売り店で利用可能である。

問題は、機能より手数料だろう!

ケニアのm-PesaでもVisaは提供されているが、旅行者以外は利用しない。

手数料「0」で、投資による金利で、経営は成り立つか?

正直に言って、クレジットカードの概念を捨てないと成功しない。