gaYa広告

2015年08月01日

消滅ニューヨーク史:音楽ショップMusic Rowが、ゴーストタウン!

音楽

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」は、11歳でルディ・ペンサ(Rudy Pensa)はアルゼンチンの家に座り、音楽雑誌を通じて、彼がニューヨークの有名な音楽店Music Rowで買い物できることを願った。

ギタープレーヤーの彼は、そこをメッカと考えた。
1930年代以来数十人のギター売り手、スタジオ、および修理工場の家であった6番街と7番街の大通りの間の48番通り(48th Street between Sixth and Seventh)のブロック。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

ロックの伝説、ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)、エリック・クラプトン(Eric Clapton)、ローリング・ストーンズ(Rolling Stones)、ビートルズ(Beatles)のために、それは、アコーディオンとアンプにペダルから楽譜のすべてのためのワンストップ・ショッピングであった。

「誰もが48番通りで、それらの機器を買った。他の方法が全然なかった。」と、ルディ・ペンサは言う。

彼は結局、1971年に都市にそれを作った。そして、マニー(Manny’s)とサム・アッシュ(Sam Ash)のような店でブラウズするために、直ちにタクシーを通りに持って行った。

彼は、1978年のブロックにおいて彼自身の場所として、4階ギター、および修理工場Rudy’s Music Stopを開いた。

「それは、私が来たかったアメリカではなかった」と、彼は言う。

「それは48番目の通りであった。偶然それでアメリカにあった。」

しかし、誰も決して再びその夢を見ない。

高い使用料と変わる買い物習慣は、その以前の自身の影にブロックを削減した。

ルディ・ペンサは2015年07月31日金曜日に店を閉めた。

最後のMusic Row storeアレックス楽器(Alex Musical Instruments)は数ヶ月で閉まっていると、オーナーのアレックス・カロッザ(Alex Carozza)はポストに言う。

もし彼がヶ月使用料US$4,000からUS$12,000までの増加に同意するならば、アレックス・カロッザの家主は彼を滞在させた。

店の維持に、No thanksと、言う。

年末までに、Music Rowは公式に死ぬ。

最も大きいヒットは2012年に来た。

その時サム・アッシュは、楽譜販売店、真鍮、木管楽器、ギター、およびアクセサリなど、50年の後に閉じられるすべてのそれらのドアを通りの両面の半ダースの店を経営した。

ビジネスは34番目の通りに再配置した。
それらはマンション外で、ポール・アッシュ、創立者サムとローズ・アッシュの息子を築くことによりその時ポストに築いているオーナー 追い払うと話された 。

オーナーは原因として衰え企業を引用し、前者のサム・アッシュ・スペースは76年後にたいてい空にした。

ビジネスの50年より多くの後に、2013年にニューヨーク木管楽器と真鍮店(New York Woodwind and Brass shop)が動いた。ダンキン・ドーナッツ(Dunkin’ Donuts)は後にまもなく忍び寄った。

ブロックの東の終わりは現在オフィスビル、チポトレ(Chipotle)、およびブロードウェイのコート劇場(Broadway’s Cort Theatre)でいっぱいである。

次の数ヶ月の間、Music Rowの残留魂は、古いアコーディオン、および「博物館」というアコーディオンによりさえ一杯にされたアレックス・カロッザの店で生き長らえる。

4つの言語を話すアレックス・カロッザは、まだ世界中にたくさんの顧客を持ち、店であなたがあなたを破裂させる時も、町の楽隊バンドが調整から機器を拾い上げるのを見つけるかもしれない。

壁は店のミニ履歴である。
サッカースーパースターのペレ(Pelé)、以前のソニー・ミュージック(former Sony Music)の写真は、トミー・モトオラ(Tommy Mottola)とフランク・シナトラ(Frank Sinatra)、アレックス・カロッザが取り引きしたすべてを向ける。

消滅ニューヨーク歴史(disappearing New York history)について不平を言うことが家内工業になっているけれども、アレックス・カロッザはそれについて感情的すぎない。

「いいえ」と、彼は、それが終わるのを見るので、彼が悲しいかどうかが尋ねられる時に言う。

「The time comes for everything.(時間はすべてに来る。)」

財政的に、彼はOKをしている。Carozzaは、数年前に、いくつかのアパートを買うことおよび以前のサム・アッシュ築きでさえ 、株式市場と不動産の中に入った。

彼は2008年にそれをUS$3300万でロックフェラーグループ(Rockefeller Group)に売った。

数年の間、アレックス・カロッザ、ルディ・ペンサ、および他の店オーナーは、歴史の地区としてブロックを守ろうとすることについて話したけれども、決して飛行中の都市によってどのような議論でも得ることができなかった。

Pensaは言った。

彼は、ウォーク・オブ・フェイムスタイル星を、列の有名な顧客を記念している歩道に置き、ギター形の柱にダイヤモンド地区への入口の宝石のように人々をブロックに歓迎させておきたかった。

ジェレミア苔、変わる都市を記録するジェレミアの消滅ニューヨークの後ろの偽名のブロガーは、Music Rowの死を悲劇と呼ぶ。

あなたが種々の地区を持っている時には、あなたは、あなたが花地区を通して動く ダイヤモンド地区 多様な都市を持っている ガーメント地区 。

[NYC]が、類似のこの波によりおどされる。」

まだソーホーを買い物させているルディ・ペンサが、その類似に対して耐えようとしたけれども、彼の使用料はすでに約5年の間高すぎた。

「私は数を見て、私は前に去るべきであった」
「しかし、いつも私がロマン主義を持っていたことおよびそれが戻るというアイデア。」と、彼は言う。

Rudy’s Music StopのGoogle Earthポインター情報
40°45'35.3"N 73°59'01.4"W
あたは、
40.759817, -73.983733

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。