2015-08-02

ミャンマーは、大洪水!

自然

BBC Newsは、次の日の間ミャンマーの洪水からの死亡者数が上昇すると国連は予測し、警告を出してると報告した。

モンスーンの雨により起こされた激しい洪水は、その後に、4つの西の領域が災害ゾーンと宣言され、最低27人の人々死んだと言っている。

しかし、救助チームはまだ多くのエリアに到着できず、まだ最も悪性ヒット地域についてのリポートを待っている。

東インドのマニプルの近くでは、地すべりが村を埋めて、そこに住んで最低21人の人々を殺した。

激しい雨は雨期に一般的であるけれども、ビルマとして知られているミャンマーの多くの人々は、BBCで教えられる雨情報は特に、最近の週に強かった。

サイクロン/コーマン(Cyclone Komen)からの風と雨は、損害を拡大した。

日曜日に、国連人道問題調整事務所(UN Office for the Coordination of Humanitarian)は、約156,000人の人々が12区の洪水により影響されると伝えていたけれども、合計は「かなり、より高く」なるかもしれない。

UNはまた、
*「広い損害」がRakhine状態のキャンプ住宅100,000 Rohingyaイスラム教徒にあった。。
*Kalayの都市は、400,000人の人々のため飛行機でだけアクセス可能である。
*最低100棟の家がチン州(Chin state)の地すべりにより破壊された。
*チン州のマオリ族のハカ町(Haka town)は、40,000の人口のため地すべりのため陸路で近づき難い。

土曜日に、ミャンマーの赤十字からのMg Mg Khinは、BBCに、国が「大きい災害」に直面していたと言った。

激しい雨は、次の2日の間、多くの州〈あご、Rakhine、およびマグウェを含む〉で予期されると、天気予報係は言う。

仏教の修道院で数千人の人々が保護しているけれども、1つのリポートがRohingyaイスラム教徒少数からいくつかのシェルターから追い出されたと人々を言った。

ビルマ時は、保安軍が、学校からのRohingyaイスラム教が捨てられた。
Rakhineのコミュニティセンターを追い払うと伝えていた。
50万エーカーを超える水田フィールドは氾濫し、農業と潅漑省(Ministry of Agriculture and Irrigation)は言った。

ミャンマーと接した、マニプル州の地すべりは土曜日に早く、リモートの村チャンデル地区(Chandel district)を打った。

ローカルな議員は、激しい雨と地すべりのため、日曜日に救助チームがエリアに到着することが期待されていると、言った。

最近の継続的な雨は橋と道路で数千人のホームレスが流されたと、インドのNDTVから報告された。

他の場所で、急流のような雨引き起こし、地すべりの後に、死んだ最低17人の人々を残されていたベトナムと西のネパールで、約36人の人々の洪水で殺された。

この洪水は、ミャンマーを中心に、ベトナムからネパールまでの広い地域に影響している。

そして、そこの横たわる人種差別は、殺人的になっている。