gaYa広告

2015年08月01日

国際陸上競技連盟が持っていた選手5000人分の血液検査結果流出。

スポーツ美容と医学の科学健康麻薬とメディア犯罪と裁判

ドイツの公共テレビ局ARD(ドイツ公共放送連盟)とイギリスの新聞サンデータイムズ(Sunday Times)が入手し、その情報を血液ドーピングの専門家に提供したと明かしている。IAAF(International Association of Athletics Federations/国際陸上競技連盟)が持っていた選手5000人分、計1万2000件の血液検査の結果が流出したことが2015年08月01日、明らかになったと、AFPが報告し、その後、イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」とL'Equipeによって見られたドキュメントによって裏付けられたと報告している。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

データを入手したテレビ局ARDなどによると、データには新たなドーピング・スキャンダルに発展しうる証拠が示されていると主張している。

IAAFの反ドーピング医学ディレクターのガブリエル・ドレ博士(Dr Gabriel Dollé)は、すでに辞任している。

調査を行った専門家は、データには不正にあたる事例が含まれており、クリーンな選手に対する「恥ずべき裏切り」だとIAAFを批判している。

そして、現在のトラックとフィールドは「20年前の自転車ロードレース界と同じ魔界だ」との見解を示した。

ARDによると、検査結果は2001年から2012年までのものだとしている。

1日(01.08.2015 | 55:48 Min. | Verfügbar bis 01.08.2016 | Quelle: Das Erste)に放映されたドキュメンタリー番組「Geheimsache Doping. Im Schattenreich der Leichtathletik(ドーピング―最高機密、スポーツ界の闇)」の中で、提供された検査結果を分析した2人の専門家は、次のような結論を出している。

・2001年から2012年までの世界陸上、および五輪のメダル獲得選手について、血液検査の結果を分析したところ、2人の専門家の少なくとも片方が疑わしいと考える選手が、3分の1のメダルを獲得している。

・メダルを獲得した選手のうち、少なくとも6人に1人が、競技生活中に1回はドーピングを行ったと考えられる。

専門家の1人は番組の中で、「3人のメダリストのうち2人が、キャリアのどこかで血液ドーピングを行った疑いのある選手ということも珍しくはなかった。ある大会では、表彰台すべてが私の見る限りドーピング経験者の可能性が非常に高い選手で占められていた」とコメントしている。

そして、「IAAFは、大会のテレビ放映で巨額の収入を得ているにもかかわらず、反ドーピング活動に投じる資金はそのごくごく一部にすぎない」と主張し、IAAFの反ドーピングポリシーを批判した。

「個人的な見解では、これは恥ずべき裏切りだ。自分たちのスポーツの秩序を維持し、クリーンな選手を守ることが、彼らが最優先すべき仕事のはずだ」

これを受けてIAAFは、検査結果は不正の証拠にはなり得ないと主張し、管理体制を批判する声に反論した。

BBCが報じた声明の中でIAAFは、「IAAFは常にドーピングとの闘いにおける最前線に立っており、新しい分析技術と方法を模索し、これを導入している」と反論している。

IAAFの理事長ラミン・ダイアック(IAAF president, Lamine Diack)の2番目の息子で、マーケティング・コンサルタントのパパ・マッサッタ・ダイアック(Papa Massata Diack)は、が2017年の世界運動チャンピオンシップをカタールが主催しようとしていたとき、US$500万を要求したと言っている。

明らかになるきっかけになったのは、2009〜2011年にロシアのマラソン・ランナーであったリリア・ショブコバ(Liliya Shobukhova, a Russian marathon runner)で、血中濃度が疑わしいということを発見したとき、ロシアの当局に€450,000を払うことを強制されたということであった。

ドイツのテレビ・ドキュメンタリーに記載の秘密のリストは、150人以上のアスリートで、3人のイギリス人と多くのケニア人とロシア国民を含むと言っている。

2014-12-03---ドイツの公共TV、99%が使用のロシアのドーピング事情を暴く。
2013-11-23---ジャマイカ・アンチ・ドーピング委員会委員は薬物検査危機で辞職。
2013-11-16---ウサイン・ボルトは、5回目の年間男性世界アスリートに命名された。
2013-07-15---タイソン・ゲイとアサファ・パウエル、薬物検査で失格!
2012-11-16---北京オリンピックの金メダリスト、「薬に頼った」と告白!
2012-10-26---1999年から2005年までの間、ツール・ド・フランスの勝利無し!
2012-10-17---ナイキは、ランス・アームストロングとの契約を終了!
2012-10-17---ランス・アームストロングは、チャリティーLivestrongチェアーマンを辞任。
2012-10-15---私はランス・アームストロングの「麻薬ランナー」だった!
2012-08-23---ランス・アームストロングは、ドーピングとの戦いを終えた!
2012-07-23---衝撃!麻薬がないと、ツール・ド・フランスが遅くなった!
2012-07-15---ロンドン2012は、歴上最大のアンチ・ドーピング作戦を展開!
2012-07-14---米国の400mランナー薬物検査で陽性!オリンピック出場権を拒否!
2012-07-13---人は100mを9秒以下で走れるか?
2012-07-10---ランス・アームストロングの元医者のうちの3人、生涯禁止!
2012-06-29---7回のツール・ド・フランス勝利者アームストロング、有罪!
2012-06-22---7回のツール・ド・フランス勝利者、米国アンチ・ドーピング機関を非難!
2012-06-14---ツール・ド・フランスで7回優勝したアームストロング、アンチ・ドーピングで起訴!
2011-10-07---世界反ドーピング機関は英国オリンピック協会に調査依頼。
2011-10-06---ラシュワン・メリット、オリンピックのドーピング検査を覆す!
2011-05-10---ギリシャの元オリンピック選手ドーピングテスト偽証罪で有罪!
2010-09-26---イギリスのラグビー・スターのテリー・ニュートンを死体で発見。
2009-12-21---2000年-2009年の10年間に起こった、スポーツの世界史。
2008-10-16---ドイツの公共TV、ドーピング問題で生放送を中止!
2008-07-31---北京オリンピックとドーピング問題。
2008-06-20---ヨーロッパ放送局、ドーピング問題でスポーツ報道を切る!?
2008-01-17---ドイツの公共TVARDがドーピング問題を間違って報道し、謝罪。
2008-01-15---中傷記事で、Le Mondeのジャーナリストに、裁判所が30万ユーロ罰金。
2007-12-13---米国大リーグのドーピング問題は、インターネットが詳しい!
2007-08-01---ドイツはドーピング検査の後しか、TV放送しない!
2007-07-26---スイスの最大日刊紙Tages-Anzeigerのツール・ド・フランス掲載を止めた。
2006-12-07---リアル・マドリードとバルサでドーピング疑惑!

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告