2015-07-25

運命づけられた「金」とコガネムシの経済学。

モバイル・マネー経済

米国の新聞「ワシントンポスト(Washington Post)」は、4年弱前、世界は、それがまさに終わろうとしていたように見えて、金は1オンスUS$1,895の最高記録を打った。

米国は累積債務危機を製造し、ヨーロッパはその実際の累積債務危機の解決策を製造することができなかった。

従って、恐慌の投資者は、5,000年の間あったのと同じ場所で安全な光る岩石を捜した。

あなたが気づいたかもしれないので、唯一の問題は、世界が、実のところ終わらなかったことである。

それはまだここにある。

従って、金価格ではない黄色い金属は、FRB(Federal Reserve Board/米連邦準備理事会)がUS$1より多くプリントしたという事実にもかかわらず、そのピークから42%低下し、まさに先月から8%低下した。

この時間のUS$1.5兆。

それは、結局無限とまではいかないが、結局、金の熱狂的ファンがその価格を月に行かせると言ったことである。

それで、何が起こったか?正確に経済学者が言ったことは、起こった。

あなたがそれについて考える時に、金の賭けは、本当に、担当する人々が知らず、それらが何をしているかの賭けである。

政策立案者は昨日の金融危機を逃したので、従って、たぶん、彼らも明日のインフレに失敗する。

それは、少なくともでありものぺてん師、クランク状に曲げることの行列、ひじかけいすエコノミストは現在、グレン・ベック(Glenn Beck)に、インフォマーシャルな、均一ヘッジファンド会議で何年もの間、あなたは、US$5の請求書で、株式市場が崩壊の尖端にあることを証明すると知っていたか?Webサイトの底で動くペニー広告から叫んでいる。

実に、あなたが、サブプライムに対して賭けることをカウントできることでより多い財産を成したジョン・ポールソン(John Paulson)は、6年間金に殺到した彼が現在、「時間の上の印刷お金の結果はインフレである。」と考えている。

それらすべてで起こる。

FRBの公的なバランスシートのようなコガネムシ(goldbugs)行為が秘密であることそれら発見しただけ、および1970年代にそれらが米国でしたように価格が爆発するまでそれが時間の問題であるだけ、それは1920年のドイツではない。

しかし、エコノミストの大部分は、それらが何をしているかを知っている。

確信し、それらが理解しなかったので、彼らは2008年に衝突の到来に失敗したけれども、それは、どのように銀行が職場を走るかではなかった。

それらが、規制されていない貸方が脆弱になったと理解していなかったので、それはランであった。

そして、それらの歴史を忘れなかったエコノミストは知っていた。このインフレ恐怖での売りはまた、すべての間違いであった。

特に、利率が0である時と、そうそれらがではない時には、中央銀行購入束縛で、別名印刷のお金に違いがある。

最初のケース、お金、および短期に、両方支払い同じ量の興味で、誰もそれが、何度も何度もポール・クルーグマン(Paul Krugman)が接合し、買うために一方をプリントすることによって、他は何も変更しないと説明した。

銀行は少しの新しいお金も貸し出さず、ただ代わりに、価値の店としてそれに座った。

それは、2000年代に日本をゼロに合わせるために利率が低下した時に起こったことであり、それは、米国、イギリス、日本、およびヨーロッパで現在起こることである。

しかし、それは意味せず、その金はよい短期の投資ではなかった。

まさに、コガネムシが考えた理由のために、それはそうであった。

今や、金についての問題はそれであり、どのような興味または配当でも支払わないけれども、貯蔵可能であることはお金についてコストを見積もる。

従って、あなたは、それで、価格が上がることによって成功するという希望において完済する必要がある。

それは通常それをかなりひどい投資にする。

しかし、あなたが金を払って借りさせられている時にすなわち、あなたがネガティブな本当の利率を支払っている時は、その計算法が変わる。

しかし、それはいつ起こるか?さて,インフレが高い時けれども利率はまったく高いわけではない。1970年代に、またはインフレが低い時けれども利率は今日のように、さらにより低い。

そして、たとえインフレがそうではなくても、ポール・クルーグマンとラリー・サマーズ(Larry Summers)が議論したように、それは、金価格がそんなに多く上がっていた理由である。

それは、あなたが、それらのかなりの数がちょうどそれらのお金の外のシニアを怖がらせようとしているところであることを覚えているまで、あなたをほとんどコガネムシのために悪いと感じさせる。

しかし、1970年と本当は考えられないものは、インフレがした時に金が上がることを示した。そんなに、今や意味されていたインフレの上で金が行ったという事実は遠く遅れるはずがない。

それらは、金の価格が、いくらのインフレがあるかに依拠していないと理解していなかったけれども、むしろいくらのインフレでそこが利率と関連するか。

従って、レートが上がるので、下であなたが見ることができるので、金が落ちている。

ちょっと待ち、レートは上がるか?

FRBは実際まだレートを上げていなかったけれども、まるですでにそれがしているかのように、それは、それについて、反応を販売すると話した。

それは、本当のレートを再びポジティブにするために十分であった。

あなたに聞こえるその音は、これが単に浅い傷であることを強く主張しているコガネムシである。

確信し、金はたくさんにあるけれども、それはこれを作る購入機会である!ただ、ドルへの代案として金を奪取する中国開始まで待ちなさい。

そして、価格は後ろに撃つ。

中国は、それで、人々が仮定したほど多い金を購入するわけではなかったことを明らかにした時に、それは、少なくとも、今週早くそれらが自身に話す物語であった。

それだけでなく、大きい資金は夜の中央のその金をダンピングし、5年まで下に価格を低く動かした。

それは、その「金は少しの価値も失わず、ドルはたった今強くなっていたところである。」ことを除いて言うために、何によってもコガネムシを経験の現実に最も鈍感に放置していなかった。

正しく、私の株が少し少なく値せず、もし私がそれらを売るならば私はそれらのために少ないお金を取ってきたばかりであろう。

しかし、コガネムシのために悪すぎると感じてはならない。

黙示を予測することについての最もよい物はあなたである何度も、再びトライするようになる。

今、もっとも注目されるコガネムシのための経済学講座である。

こんな面白いときに、お金の雑誌が出せない出版社は、死んでいる。

そう言えば、古代エジプト語で未来形は、フンコロガシである。そのフンの中に子供を産む!
実に合理的な未来志向である。

2015-07-15---日本でNISAが大爆発!

Related Dates