2015-07-25

絶滅寸前のイベリア・ヤマネコは、スペインに戻った。

自然

世界中で大型の山猫の復活が注目を集めている中で、BBC Newsは2015年07月25日に、強烈な保存キャンペーンにより、10年前に絶滅の端であったイベリア・ヤマネコ(Iberian lynx)がスペインの南に戻っていると、スペインからのガイ・ヘッジコー(Guy Hedgecoe)がレポートで報告した。
サンタエレナのラ・オリビラ・ヤマネコ繁殖センター(La Olivilla lynx breeding centre)では、南のスペインでは、保護論者のグループは、オフィスにあるテレビモニタのまわりに集まる。

それで、彼らは、イベリア・ヤマネコが子を産むのを見る。センターのうちの1つでは、国内のうさぎによってハンティングをするのを学ぶ 。小さい猫のサイズヤマネコは、年齢がほんの数週であるけれども、すでに、種をそんなに認識可能にする鋭く指し示された耳およびまだらにされた毛皮を持っている。
それはその足のうさぎをふざけて強打するけれども、それが、自身の獲物を殺すことで卒業する前に、まだ多くを学ぶ必要がある。
それができる時には、たぶん、それは野生にリリースされて、ここの拘束において誕生した多くの他の動物のトラックに続いている。
10年前のすぐ上では、イベリア・ヤマネコ、またLynx pardinusとして知られているヤマネコは、絶滅種登録されたほんの90匹だけの動物で、端および南スペインのアンドゥハルとドナナ・エリア(Andujar and Donana areas)にいた。

しかし、最近の数年間の強烈なキャンペーンのため、昨年、それは、ポルトガルの部分だけでなく南を中心に、西のスペインを歩き回っていると信じられる327匹のヤマネコによって絶滅のふちから帰った。
「私達は、種を保存することへの途中でいる。」
「このユニークで自然な宝物を失うことは、私達のために、コルドバの大きいモスク(Great Mosque in Cordoba)またはグラナダのアルハンブラ宮殿(Alhambra in Granada)を失うのと同じくらい悪かったであろう。」と、イベリンス・ヤマネコ保存プログラムのディレクターのミゲル・サイモン(Miguel Simon, director of the Iberlince lynx conservation programme)は言う。

6月に、IUCN(International Union for the Conservation of Nature/自然保存のための国際組合)は、「非常に、危険にさらされる」から、「危険にさらされる」にイベリア/ヤマネコのステータスを改善した。その評価に、組織は、哺乳動物の回復を、「保存が本当に働くという優秀な証拠」と考えた。
ドイツの環境保護論者により使われたイベリア・ヤマネコ・プログラムを借りて、約140匹が、再紹介テクニックによって野生にリリースされた。

しかし、この成功は安くなかった。2002年から2018年までに、このプログラムに€6900万(£4900万/US$7600万)が、主にEU(European Union/欧州連合)から出資wo受け取っているであろう。
そのお金の多くは、サンタ・エレナ(Santa Elena)およびポルトガルのものを含むスペインの3つの繁殖センターに入った。
南スペインの保存プログラムに取り組む獣医テレサ・デル・レイ・ウォンバ(Teresa del Rey Wamba, a veterinarian who works on the conservation programme in southern Spain)は、動物の最近のカムバックに先がけて、適切な獲物の不足が、 不法入国者探究であった それとしての主要な問題であったと言う。
ヤマネコの賛成された食物に従ってキーを促進すると、すぐに固定化する私的な地主を持つことであったこ地方自治体と、すべてのプログラムをサポートしている探究同盟が、うさぎ数の成長に侵入した。
しかし、それはすべてのよいニュースであるわけではない。昨年、22匹のヤマネコがスペインの道路の車により殺された。
ミゲル・サイモンは、これが問題である間、それは、それらの番号が上がるとどのようにヤマネコの動きが増大したかも考えると言う。
彼のチームは地下のトンネルのインストールを監督し、動物が忙しい道路、およびもっと交差するようにカスタム建設されることを計画している。
例えば、うさぎが出血性病気で南のヨーロッパを横切る最近の突発のどんなにより大きい非常に伝染性の高いウイルスの懸念の間に、2011年以来ヤマネコの主たるダイエットを殺し、それらの生殖のレートを減らしている。
マドリッドのレーフアン・カルロス大学でヤマネコについての専門家エミリオ・ビルゴス(Emilio Virgos, a lynx expert at Rey Juan Carlos University in Madrid)によると、この脅威を考慮して、ヤマネコを、「批判的に、危険にさらされる」リストから取り去るIUCN決定が不正確であった。」もし「どのようにヤマネコが生きて、生き残り、繁殖するかについてこれまでに私達が持っているすべてのデータが正しく、私達が、違った形で考える理由を全然持っていないならば、ヤマネコの数は大幅に低下した。」と彼は次の数年の間展望で言う。彼は、数十年以内に絶滅がまだ可能性であると警告する。

サイモンがうさぎウイルスについて心配している間、彼は「人騒がせな人」のような予測を説明し、うさぎ数を押し上げる緊急事態計画を指し示す。彼が言うその成功は、続けられる出資と同時に、大きい部分において依存する。
「ヤマネコの保存のための戦いは果てしなく続く」と、彼は言う。

ただし、私は何も根本的に解決されないまま、ヤマネコが生きていることの方が異常である。
異常な社会は、自然淘汰されると言う考えは、今もある。

つまり、ヤマネコが現状で生きていけるように変わるべきであると考える。
こんなことを言うと、はっ倒されそうだが、現実的と言える。

すべてのモノは壊れる。

このような努力は、ある種の詐欺行為であるとも言える。

こんなヤマネコが、ヨーロッパで生きられるわけが無い!

What is a lynx?
A medium-sized cat which lives in the wild
There are four different species - Eurasian, Iberian, Canada and Bobcat
The Eurasian lynx is the biggest - about 60cm tall - roughly the same size as a Labrador
The Iberian lynx is one of the rarest smaller wildcats in the world - mainly found in parts of Spain and Portugal
The Bobcat is found in North America while the Canada lynx lives in Canada and Alaska
Most lynxes are listed as threatened or endangered and are prized by poachers for their fur
Lynxes are usually only active at night and hunt deer, rabbits and hares for food

サンタ・エレナ(Santa Elena)のGoogle Earthポインター情報
38°20'32.9"N 3°32'21.4"W
または、
38.342469, -3.539283