AD SPACE

2015-07-23

若者の間で、エクスタシーとLSDが上昇。でもクールで無くなった!

麻薬とメディア

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、ヤング・アダルトの間のエクスタシーとLSDの使用は、過去の2年間固定し、調査結果は、過去の12ヶ月の薬をそれぞれ84%と175%の上昇で飲んでいる数を示すと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

木曜日にリリースされたデータによると、16歳-24歳が2年前に比べて過去の1年間で約157,000多い人々がエクスタシーを取った。同じ期間に幻覚剤LSDを約49,000人が多くそれを使った。

最新のデータによると、20人の若い人々で約1人が、過去の12ヶ月のエクスタシーを使った。LSDの使用は、まだ、若い人々で200人に約1人と約0.4%が使うので、それはずっと低い。

両方の薬は、消費の1年前と比べた若者で、約40%の増加を見た。

数値は、薬使用で政府の強硬な戦略に重大な打撃である。新しいデザイナー薬の数の増加と戦う努力において、最近の法案は提出されて それでは、すべての新しい精神に作用する物質を禁止する。

しかし、薬戦争の主要な目標の間にある2つのクラスA薬の使用においてイギリスとウェールズの犯罪調査からの統計が鋭い上昇をちょうど示す時に、 全体の薬使用残留は平らであった。

2012/13年以来、過去の年のエクスタシーの人口がそれらの16歳-59歳のエクスタシー使用で、ほとんどの間で約37%上がる一方、LSDの使用は117%の上昇である。LSDで人気の急増の理由は不明瞭であるけれどもエクスタシーの使用において1人のエキスパートが上昇を言った。相対的にその薬のアクティブな成分で純粋なMDMAの入手可能性の増加によって説明できた。

数値は、どのように、薬を飲むために、ヤング・アダルトが最もありそうな年令層であり続けるかも説明する。それらは16-19歳の19%を示し、20歳-24歳の20%は、過去の年以内にどのような薬でも飲んだ。対比によって、55歳から59歳までは、ほんの2%がそうした。

調査は、一般に、ヤング・アダルトの間で、より一般的に法律の最高水準を称するNPSs(new psychoactive substances/新しい精神に作用する物質)の使用が集中されると気付いた。
16歳-24歳の約3%は、過去の年以内に16歳-59歳の1%に比べてNPSを取った。

NPSsを取ったそれらのヤング・アダルトは、最もそれらを店頭で取得しそうであった。約39%は店からそれらを買った一方、37%は、友人、隣人または同僚から、それらを得た。若い人々のほんの1%は、NPSsを買うために、インターネットを使用すると報告した。

調査結果は、また、種々の薬を混ぜている人々の数での上昇を示すようである。過去の年以内に薬を飲んだそれらの人々で、9%は、すぐに7%の前の数値に比べて複数の薬を使ったと報告した。他の薬と混ぜられるように最もありそうな薬は、mephedroneが68%、エクスタシーが57%、アンフェタミンが50%、およびトランキライザーの35%であった。

薬の悪用における報告協議会のための多物質使用におけるワーキンググループのチェアーで教授フィオナ・ミーシャム(Professor Fiona Measham, who chairs a working group on polysubstance use for the Advisory Council on the Misuse of Drugs)が、エクスタシー3.9%から5.4%までを使っている16歳-24歳の数の増加が、重要な開発を表していると言った。

「私の見方は、ヨーロッパに対して、2010年からの増大した純粋さがますます魅力的な錠剤、粉、およびクリスタル形のエクスタシーを作っていることであり、容易な入手の可能性および相対的に低い価格と結合される。」と、彼女は言った。

健康と社会的世話情報センターによってリリースされたデータ(Separately, figures released by the Health and Social Care Information Centre)を見ると、別々に、これまで喫煙を試したことがあるか、または、1982年以来飲酒または薬がそれらの最も低いレベルにある11歳から15歳まで若い人々の数で、イギリスの210の学校の6,000人を超える生徒が、喫煙、飲酒、および薬使用についての一連の質問をされた。

ちょうど18%が伝えていた これまで彼らが喫煙したことがあった。調査以来の最も低い数値は始まった。
11歳〜15歳の割合 彼らが e-タバコを試した 22%で少し高かったと言った。

結果は、過去の10年の間たばこを試している子供の数での継続的低下と一致している。
2003年に、42%は、彼らが喫煙してみたと伝えていた。その間、11-15歳の38%が、アルコールを試したと報告し、また、調査以来記録された最も低いレベルは始まった。2003年に、数値は61%であった。

これまで薬を試したことがあったと報告した11歳-15歳の数は、2003年の30%から、15%でまで下がった。インド大麻(Cannabis)は、最も若い人々によりサンプリングされそうな薬であり続ける。過去の年以内に彼らが薬を試したと言った生徒の10%で、7%は、インド大麻を試すと報告した。

調査は、また、 他の若い人々で、彼ら自身の年が、喫煙するか、または飲むと決めた理由への若い人々の態度に光を当てる。
最も一般的な理由は、85%の喫煙および飲酒のための79%で「それらの友人の前でクールに見えた。」であった。

しかし、各種の他の動機づけがあった。
若い人々の72%は、彼らが、それらの仲間が喫煙し、それゆえ70%が、それらが中毒状態であったので、それがタバコにであると思って、「それらの友人はそれらに圧力をかける。」と思うと伝えていた。
より小さいグループの67%は、それらの友人が考えられたことは、より社交的であるように飲み、66%は、彼らが、突進またはうなり声のために彼らが飲むと思うと伝えていた。

ダラム大学で犯罪学の教授であるミーシャム(Measham, who is professor of criminology at Durham University)は、アルコールとコカインの上に動かされた2000年代と人々の時に流行が変わった時に、長い間べた賞めの文化と関連したエクスタシーの人気が下がると言った。

「私は、現在、人々が極端に戻ったと思う」と、彼女は言った。「本当に、ダンス音楽に復活があり、私は私の学部生においてそれを見た。私の学生すべてはパートタイムのDJとプロモーターになりたい。」

LSD使用での上昇はより説明しづらかった。「それは、それが1つのタブあたり約50pまで降りた中間90年代にポピュラーであった」と、ミーシャムは言った。「従って、私はディーラーのためのリスク、報酬比率を考えると、そこになかった 。」宣告ガイドラインが全然なかったけれども、それらの所有において、時間ディーラーで、LSDの個々のタブのための刑務所で約1月を得ることを予定することができたと、彼女は言った。

また、ミーシャムは、作り上げるためにLSD使用の増加が単に減っているかもしれないこと、思索する。
「70年代は少なくとも女性の流行のために流行に引き返す。あなたはこれらの種類の復興とサイクルを持っている。」

彼女は、薬の相対的な不足がファクターでもあるかもしれないと言い、何人かのユーザーが物質を避けることによって、もうそれらがクールでないので、彼らは、ポピュラーすぎて、アクセス可能すぎるようになったと思う。
「たぶん、それに関連して、整列するスターの全体のロードがある。」と、彼女は付け加えた。

幻覚剤を研究するベックリー財団のアマンダ・フェルディン・ディレクター)Amanda Feilding, director of the Beckley Foundation, which researches psychedelic drugs)は、彼女が、より多くの人々がLSDを使っていたという逸話の報告を聞いたと伝えていた。
「私は、現在まわりにより多くがあると思う」と、彼女は言った。
「一種の大きい不足があり、今や、私は、より多くの人々がその中に入ったと思う。

「うまくいけば、それのひどいタブーはゆっくり亡くなる。実際、それが完全に無毒であることと右の条件において、それが非常に有益な物質であるかもしれないことが取られる 。」

マイク閉じ込めによって言った取り締まり大臣は、「私達の薬へのアプローチが、最近の10年間で、薬使用に長期の下降傾向があったので作動させている正符号がある。」と言っている。

「しかし、私達は、それについて心配し続ける。傷つけて、エクスタシーおよび他のクラスA薬、新しい精神に作用する物質、および処方箋薬だけを含む薬物乱用により起こされる。」と言っている。

ただし、完全に麻薬の傾向が変わってきている。

マリファナは昔から、麻薬への導入入り口で、多くの麻薬に拡散していったが、クールで無いと気がつき始めている。

そう言えば、老人が医療用にマリファナを吸っているのが、クールではない。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.