on-the-time.jp

2015-07-23

ギリシャは現在、回復の途上か?

経済観光性とメディア電子ブック政治

BBC News、日本経済新聞 電子版は、緊急援助番号3はパイプラインに多少ある。

悪い調整された討論の後に、別の議会の票はユーロ圏に必要なボックスのもっと多くに照合印を付けた。

ギリシャ議会は2015年07月23日未明(日本時間同日午前)に、銀行の破綻処理手続きなどを柱とする財政改革法案の第2弾を賛成多数で可決した。
これでギリシャはEU(European Union/欧州連合)側から金融支援と引き換えに求められていた条件をクリアしたことになる。EUとギリシャは支援開始に向けた手続きを本格化させ、8月中旬にも新たな金融支援を正式決定したい考えであると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

従ってものギリシャのための次?
3番目緊急援助
1番目はクリアであろう。その3番目の金融の救助パッケージが、まだ協議される必要がある。

ギリシャ政府は2015年07月16日に、EUから求められていた増税や年金改革関連法案を成立させている。今回の法案が金融支援のためのもうひとつの条件だった。

ギリシャ議会は300議席の一院制で、賛成は230票、反対は63票だった。
地元メディアによるとギリシャのアレクシス・チプラス(Alexis Tsipras)首相率いる急進左派連合(SYRIZA)の議員149人のうち36人が造反した。
一方、最大野党の新民主主義党(ND)などEU寄りの野党が賛成に回った。

チプラス首相の改革実行力も課題になる。相次ぐ造反で与党内の結束は揺らいでいる。秋に解散・総選挙を実施するとの見方も根強く、政権基盤の安定が求められる。

採決に先立ち演説したチプラス首相は「第3次金融支援を始めるための一歩だ。ギリシャにとってよりよい支援内容をつくる」と話し、緊縮策に反発する一部議員や国民に理解を求めた。

可決したのはギリシャの金融システムや訴訟制度の安定性を高めるための法案。銀行が破綻した場合に保護する預金額を一定基準に抑える制度を導入する。
民事訴訟の手続きを簡略化し、費用を減らす司法制度改革も進める。

きっと話を始めさせるためにだけ、そんなに多くの政治的な血が落とされたと、あなたは考えることができて、ギリシャとユーロ圏は、取引をすべてのそれの後にそれらの握りから滑り落ちさせない。

たぶん。

今後、EUはギリシャ向け支援の詳細を決める作業に移る。焦点はギリシャ側が求める債務減免である。大幅な減免に慎重なEUに対して、IMF(nternational Monetary Fund/国際通貨基金)はギリシャの経済再生のための思い切った減免を主張している。

次の数週の交渉は難しいけれども、3番目のプログラムについて同感である。

EUはギリシャに対し、今後3年間で820億(約11兆円)〜860億ユーロの金融支援をする方針だ。正式決定までの「つなぎ資金」としてギリシャに約70億ユーロを緊急融資することも決めている。

ギリシャは従うか?
精密な内容は、協議されるように静かであるけれども、それは、ギリシャ政府と人口の多くが憎悪する多くの政治公約を含む。

主要な過剰のための特に政府の財源に目標がある。それは、政府が、費やすより多く税収に受け入れなければならないのを意味し、興味を一面に置くことによって、それは国債に支払っている。

ギリシャは最近の2年の間主要な過剰を管理する。

しかし昨年の終わりに始まる経済での更新された低下の後に、今月銀行閉鎖のため、厳しく悪化し、今年それを繰り返すことが非常に困難である。

その目的を達成することはより多くの厳しさを意味する。

ギリシャの政府はそれを実施できるか?
すでに大規模な厳しさがあった。

政府財源への調整は並みはずれていた。構造の予算バランスと呼ばれる手段がある。
それは、2009年にGDPの18.6%の赤字から2013年に2.2%の過剰になった。

(これらの数値は景気循環の税金および公的な支出とショーへのインパクトを取り出す-不完全に-その財務状態を変更するために政府が入れた努力。)

プログラムに継続的な監視が必要であることとギリシャと債権者の間の緊張のより一層のエピソードをもたらすことが必ずであること、およびすべての見込みにおいて方針のインプリメンテーションにおいて滑りのため支払いが遅らされる時のより多くの機会。

私達は、最近の24時間の政府間インプリメンテーションを上塗りする政治的な難題の風味を持っていた。

「私達は、新しい野蛮な緊急援助が通過せず、転覆するように、私達の戦いを続ける。」と公的なセクタ組合からのステートメントは言った。

ユーロ圏政府は、また、他の物と産業の行動と団体交渉と開く閉じられた職業の間で、ギリシャが、カバーしている様々な改革への関与をすることを期待している。

インプリメンテーションで政治的な難題のためにそこにより多くの可能性がある。

経済の逆風
厳しさは経済の弱さも悪化させる。

それは景気後退ですでに戻りである。

政府の借金荷の通常手段は、GDPに借金の比率である。

予知できる未来のためのユーロ圏から、より多くの借り、そして、弱い成長または続けられた収縮でさえ、借金荷が上がり続けるのを意味する。

従って、ギリシャに必要なものは、きちんとした経済成長の期間である。

算術的に、それは、国のGDPに関連してより小さくして借金荷を減らすのに役立っている。

より実用的に、それは、借金を、より我慢できさせるより多くの税収を採り入れるのに役立っている。

国の財産借金荷を民営化することから入る経済成長とお金の最も楽観的な予測にさえ、高くあり続ける。

債務救済
従って、必然的に、債務救済の問題は決して表面の下に遠くない。

それは、ギリシャのアレクシス・チプラス首相により導かれたギリシャ政府のための優先事項であった。

第一に、すでにギリシャが種類の債務救済を持っていたと確信していることが重要である-としてアイルランドとポルトガルが持っている。

最終的に払い戻されなければならない名目の量に縮小が全然なかった。

しかし、ユーロ圏貸付金のための返済期間が伸ばされたことと利率切断。

どのような支払いでも必要な前に、与えられたより長い「据置期間」もあった。

そのユーロ圏サミットステートメント「資金調達ニーズは持続可能なレベルにとどまる」と保証するためにいっそう長い優美と返済期間の可能性の外に保持された新しい緊急援助交渉のスタートについて同感であった。

何そのような動きでも手近な交渉において同感な方針の完全なインプリメンテーションに依存する。

しかし、ユーロ圏サミットにより、払い戻される借金のその徹底的な縮小も言われた。それが「名目の散髪(nominal haircuts)」と呼んだもので、引き受けられない。

なぜ?2つのありそうな理由。

それは債権国の国内の政治である。

「散髪」により明らかに、貸付金は部分的なハンドアウトにまったく変換される。

利率を減らし、返済期間を伸ばすことは、同じ効果があるかもしれない-あなたは、確かに、あなたが、aを被るプロフェッショナルな投資者であったかどうかをそう考える損失所もの's呼ばれた「ネット現価」。しかし、それはまったくそんなに明らかであるわけではない時政府家で、それらがそれらのお金でしたことを納税者に話すためにする。

他のファクターは、貸与条件に従うようにギリシャに勧めるようにニンジンを固定している要望である。

いったんあなたが借金に『散髪』を与えたら、逆転することが難しい。

返済条項を変える能力を保有することは、同感であったものを何でもするために未来にギリシャの政府にもたれかかるために、貸方により多くの範囲を与える。

次の締め切り
今のところしかし、フォーカスは3番目の緊急援助のための詳細な方針プログラムについて同感であることにある。

地平線のある重要な日付は、ECB(European Central Bank/欧州中央銀行)に借りられている次の大きい支払いである。
それは、8月20日に返済する予定の2010から2012までの金融市場においてECBが買った接着剤への支払いである。

ギリシャは、お金を見つけるために助けを必要とする-もし3番目の緊急援助からの資金またはその時までにそれについて同感ではないならば追加の短期の橋財政。

どちらの方法ででも、それは、それが近づくとギリシャ内のおよびユーロ圏のアテネと残りの間のいくらかのより一層の緊張を生成しそうな締め切りである。

そして、より長い用語の間、前の難題がそんなに明白で遅かれ早かれ、再びユーロ圏からの'Grexit'の問題がその頭を持ち上げるので、多くの解説者は確信する。

いずれにしろ、ギリシャはドイツから金を引き出す必要があり、それをドイツのナチズムと関連させる!

2015-07-16---ハーバマスは、メルケル『賭博』で、ドイツは評判を失うと言った。
2015-07-14---ユーロ圏サミットにより、急遽ギリシャへの緊急援助が始まった!
2015-07-13---ギリシャ累積債務危機で、BBCが分刻みで情報を公開し、「原則」の一致!
2015-07-13---ギリシャ救済案は、「クーデター?」
2015-07-12---ギリシャ累積債務危機で、EUサミットをキャンセル!
2015-07-10---ユーロ圏は、ギリシャから経済の改革計画を締め切りの2時間前に受け取った。
2015-07-07---審議中に、欧州委員長が携帯電話でメール!
2015-07-07---この大混乱の中で、ギリシャでの休暇は許されるのか?
2015-07-06---国民投票の結果、ギリシャの財政大臣辞任。
2015-07-06---本当に、ギルシャの累積債務危機が判っているなら、100語未満で解説しなさい。
2015-07-05---ギリシャとドイツが全くうまくやっていけない理由。
2015-07-02---BBCのエディターロバート・ペストンがギリシャの経済に挑戦!
2015-07-01---ギリシャのアレクシス・チプラスは、挑戦的なスピーチをした。
2015-06-28---欧州中央銀行が日曜日に、ギリシャの銀行に緊急事態を終える?
2015-06-27---ユーロ圏は、ギリシャの緊急援助拡張を拒絶した。
2015-06-19---ギリシャの累積債務危機、崩壊へのタイムテーブル。
2015-06-16---ユンカーは、ギリシャがギリシャの『欺き』有権者と言った。
2015-06-11---IMFからAlexis Tsipras「あなたは幸運なパンク?」
2015-05-24---ギリシャは、6月のIMF返済できる余裕がない。
2015-04-17---ギリシャの政府は時間とお金を使い果たしている。
2015-03-25---理解しづらいものを発見すると、「すべてがギリシャ語である。」と言う。
2015-03-18---フランクフルトの新しいECB本部をターゲットとするドイツ暴動。
2015-03-07---ギリシャは、アマチュア税金検査官としての観光客を採用。
2015-02-19---カバブで説明された、ギリシャのユーロ出口。
2015-01-31---どうなる再度ギリシャ経済。メルケルはより多くの債務救済を除外!
2014-02-21---ドイツは「ヨーロッパの売春宿」になったのか!?
2013-09-07---ギリシャの首相は、テッサロニキのスピーチで、後退の終了を明言。
2013-08-21---ギリシャは、国営テレビ局ERTを閉鎖後、公共TVEDTをスタート。
2013-03-30---キプロスの銀行で、100,000以上の預金は、37.5%を失う。
2013-03-28---キプロスの銀行が、2週間ぶりに再開した。
2013-03-27---キプロスに住んでいるイギリスの年金受領者は、大変!
2013-02-18---ギリシャの経済危機は、メディアの断層を明らかにした。
2012-12-17---ギリシャのサッカー・スポンサーは、売春婦と売春宿。
2012-11-15---ギリシャの抗議者はドイツの外交官にコーヒーを浴びせた。
2012-11-12---ユーロ圏の大臣は、ギリシャの新しい資金について議論。
2012-10-26---ロシアより愛を込めて、ギリシャが4億ユーロ投資を得た!
2012-10-24---ギリシャの財務相は、救済措置拡張を得る。
2012-10-17---金のないギリシャ・サッカー・チームを救う売春宿。
2012-06-18---ギリシャの総選挙に対するヨーロッパの報道反応。
2012-06-10---観光立国ギリシャで、観光客が減っている。
2012-05-07---フランス・ギリシャの選挙結果、ユーロが傾いた!
2011-10-10---ギリシャのプロトン銀行は救済資金によって救われた。
2011-08-29----ギリシアの2番目と3番目に大きい銀行が合併。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE