on-the-time.jp

2015年07月18日

スペインで€10億以上で作られた空港が、€10,000で売られた。

経済

BBC Newsは、スペインのシウダード・レアル空港(Ciudad Real airport)は、オークションで建設費の約100,000万分の1に相当する€10,000で、国際的な投資者のグループに売られたと報告した。

これは、スペインの中心で捨てられた空港の破産オークションで、今回の落札者は唯一の入札者で、スペイン・ブームのに完成されたマドリッドの南にあった。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

しかし、オークションプロセスの外で別の買手がまだ進み出ることができ、販売が進められるかどうかはクリアではない。

勝利入札は、中国に導かれたコンソーシアムの投資者で作られた。

グループTzaneen Internationalは、それが中国の会社のために、ヨーロッパに空港をエントリポイントにしたいと伝えている。

スペインを赤に引きずった白いゾウ(The white elephants that dragged Spain into the red)と呼ばれ、
最小の価格
マドリッドから南に235km(146マイル)のシウダード・レアル空港は、マドリッドのバラハス空港(Madrid's Barajas airport)への代案として意図された。

それは€10億より多くかかり、築かれた。
それは2008年にオープンしたけれども、2012年に破産し、閉まった。

2008年と言えば、バブル崩壊の年であり、2012年にはスペインのメガ・カジノ計画「EuroVegas Project」あったが、結局消えた。

まだ、別の買手が、9月の終わりの前に通り抜けるためにレシーバーにより販売に課された€2800万の最小の価格と会うことができた可能性がある。

中心的なスペイン空港は1年あたり250万人の乗客の能力を持っている。

それは、十分な乗客を引き付けなかったスペインの築いているブームの間に建設された「ゴースト空港」の多くのうちの1つである。

同様な運命は東のカステリョン空港(Castellon airport)に降り懸かった。
それは2011年に開いたけれども、単一のフライトを受け取らなかった。

シウダード・レアル空港(Ciudad Real airport)のGoogle Earthポインター情報
38°51'50.0"N 3°59'35.2"W
または、
38.863886, -3.993119

2013-12-13---スペインの「Eurovegas」の巨大なカジノ計画キャンセル!
2012-03-21---スペインのメガ・カジノ計画「EuroVegas Project」

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告