2015-07-16

恐竜ベロキラプトルの祖先は、『翼を付けたドラゴン』

超過去

BBC Newsは、科学者は、翼を付けた恐竜ベロキラプトル(velociraptor)の祖先を発見したと報告し、それは、鳥になる尖端になると言っている。

2m(6フィート6インチ)のそれは、北東中国に埋めた火山性の爆発のおかげで石灰石にほとんど完全に守られた。

[AD] You can advertise on this site.

そして、1億2500万歳の化石は、ベロキラプトルを含む多くの他の恐竜が、「大きく、ふわふわした殺人者鳥」のように見えたであろうことを示唆する。

しかし、それが飛ぶことができたとは考えられない。

化石を入手した錦州博物館(museum in Jinzho/锦州博物館)の人への名誉において、恐竜は、ゼヌアンログ(Zhenyuanlong)と名付けられて、「鎮遠のドラゴン(Zhenyuan's dragon)」を意味して、それが勉強できることを可能にしている。

エジンバラ大学(University of Edinburghと地質学科学中国アカデミー(Chinese Academy of Geological Sciences)の協力により、ジャーナル科学リポート(the journal Scientific Reports)において出版される。

A large, short-armed, winged dromaeosaurid (Dinosauria: Theropoda) from the Early Cretaceous of China and its implications for feather evolution

Junchang Lü
Stephen L. Brusatte
AffiliationsContributionsCorresponding author
Scientific Reports 5, Article number: 11775
doi:10.1038/srep11775
Received 18 November 2014
Accepted 10 April 2015
Published 16 July 2015

研究者がスティーブ・ブルサッテ博士(Dr Stephen L. Brusatte)は、「単一の最も美しい時代遅れの私は、オンにおいて働くために、特権を持っていた」と言った。

「それは短いアームを持ち、それは、羽軸と羽の部分によって羽[と]適切翼によりカバーされる」と、彼は言った。

「従ってた、とえそれがベロキラプトルで相対的な終わりであってもこれは恐竜である、それは七面鳥またはハゲワシのように正確に見える。」

マンチェスター大学の古生物学のシニアの講演者ジョン・ヌドゥス博士(Dr John Nudds)は、BBCニュースに、発見がますます複雑な1インチの部分であったと言った。確かに、それを出現証拠として描く場合、たくさんの[恐竜]と、ことによると、それらのうちのすべてでさえ羽または少なくともやわらかい毛"を持っていた。

スティーブ・ブルサッテ博士は、「映画のそれらの恐竜がいっそう不可思議であったであろうことに気がつくことは、何人かの人々の精神を吹きつけて、地獄からの大きいふわふわした鳥のように、私はいっそう恐ろしく考える。」と言った。

彼が、その大きい体から、Zhenyuanlongにすると飛ぶことができなかったであろうと言った。

「従って、たぶん、[翼]はフライトのために発展しなかった。たぶん、それらは、ディスプレイ構造として、またはネストの卵を保護するために発展した」と、彼は言った。

「または、たぶん、この動物は木において動き回り始めて、滑ることができた。」スティーブ・ブルサッテ博士は言った。「中国はちょうど今古生物学の震源地である。

「前に一度も調べられたことがない新しい恐竜化石でいっぱいの[博物館]納戸がある。」
彼は、「これはたぶん、古生物学の歴史で最もエキサイティングな時間である。」と追加した。

錦州(锦州/Jinzho)のGoogle Earthポインター情報
41°06'48.0"N 121°08'20.4"E
または、
41.113339, 121.139006

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE