on-the-time.jp

2015-07-11

宇宙船STEREO-Aは、太陽の遠い側からデータを戻す。

宇宙

NASAは2015年07月17日に、太陽のこの画像は、極端紫外線イメージャー(Extreme Ultraviolet Imager)が搭載されたNASAのSTEREO-A(Solar TErrestrial RElations Observatory Ahead)で、2015年7月15日に撮られた。この宇宙船は、人の目に見えない光のいくつかの波長の画像を収集する。この画像は、一般に青においてカラー化される171オングストロームの波長で太陽を示す。
宇宙船STEREO-Aは2015年03月24日以来太陽の遠い側にある。そこでは、安全なモード、収集および保存データにおいて、その無線機器から動作する必要があった。3ヶ月より多くの最初のイメージは、2015年07月11日にSTEREO-Aから受け取られた。

[AD] You can advertise on this site.

少し小さく、より速い軌道の地球と太陽とSTEREO-Aの軌道の間での幾何学のため、セフティ・モードで3ヶ月の期間が必要であった。 STEREO-Aは太陽の他の側で地球から、私達のホームから見ることができなかったという見方を見せることができた軌道は年間のコースに渡って、地球、および宇宙船の上に同期を出ることを保証した。太陽は、数日の間地球のラインオブサイトからSTEREO-Aを物理的に塞いだけれども、2015年03月24日から2015年07月08日まで、太陽がSTEREO-Aのデータ通信シグナルを妨げるので、STEREO-Aは、それを伝えることが不可能にするので、私達のパースペクティブから太陽に十分に近かっただけである。

STEREO-A保持周回と、それは結局、その方法を、このトランスミッション日暮れゾーンを出るために、太陽から十分に遠くした。6月遅くに、STEREO-Aチームは、それが損なわれない長い安全モードの旅を通じて、それを作ったと確認して宇宙船からステータスアップデートを受け取りはじめた。

STEREO-Aは、NASAのSTP(Solar Terrestrial Probes)プログラムの3番目の任務である。任務は2006年10月に打ち上げられた、太陽-地球システムのユニークで、革命的の見方を提供した。2つのほとんど同一の観測所の軌道の地球の前の一方、遅れの時の他の引きずりで、太陽から地球にエネルギーの流れを追跡した。

Image Credit: NASA/STEREO

Last Updated: July 17, 2015
Editor: Sarah Loff

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE