2015年07月12日

メキシコ麻薬王の脱獄は、トンネルを使った。

麻薬とメディア

BBC Newsは、メキシコの麻薬王「エル・チャポ(El Chapo)」こと、58歳のホアキン・グスマン(Joaquin Guzman)被告が、最大のセキュリティ刑務所の外に脱出できるように、精巧なトンネルを使用したと、捜査官が言ったと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

アルティプラノ(Altiplano)刑務所からの彼の脱出ルートには、1.5kmを超える長さがあり(1マイル)、換気と階段があったと、国家安全保障委員は言った。

18人の護衛者が尋問されている。

ホアキン・グスマンは土曜日に刑務所のシャワーで最後に確認された。それは、彼が最高のセキュリティ刑務所から2回目の脱出であった。

2001年に、彼は、刑務所役員を買収した後に洗濯かごに隠れて脱出した。

彼は、1993年に、グアテマラで逮捕され、懲役20年より多く収監の判決文の後に勤めていた。

2014年の彼の奪還はメキシコ政府の勝利として認められた。

それは首都メキシコシティ(Mexico City)の近くにある。
役員は、グスマンの脱出がいつ発見されて、役員は刑務所でいつ彼の独房をチェックしたか?

それらは、トンネルに通じていたはしごで照明、換気、および階段で、約10m(32ft)の深さの穴を見つけた。

セキュリティ委員モンテ・アルジャンド・ルビド(Monte Alejandro Rubido)は、それが刑務所壁の外、工事現場の端に来たと記者会見で言った 。

また、警察が信じることとして、土をスペースから取り除くツールを輸送するのに使われたオートバイが発見された。
人間狩りがスタートされ、近いトルカ空港でフライト中断された。

ペナニエトは、完全な調査として、何人かの役員が、グスマンが脱出することを手助けしたかを立証するように命じた。
「私はニュースに深くショックをうけた。これはメキシコ国家への侮辱である。」と、彼は言った。

グスマンの富はUS$10億(£63000万)と見積もられる。

「シナロア・カルテル(Sinaloa Cartel)」の最高幹部の彼の上昇は、彼を、世界のほとんどで、手配さた麻薬密売人で、それは、莫大な量のコカイン、マリファナ、およびメトアンフェタミンを、米国に密輸入した。

2014年の彼の奪回の前に、米国州部門は、彼の逮捕を引き起こしている情報のための懸賞金の報酬を、$500万(£320万)提示した。

司法長官ロレッタE.リンチ(Attorney General Loretta E. Lynch)は、グスマンの脱出について、米国政府共有メキシコの懸念を言ったステートメントを出した。

「メキシコの彼の犯罪に加えて、彼は米国で複数の薬取引と組織犯罪チャージに直面している」と、彼女は言った。
彼女は、米国政府が、グスマンを取り戻すのに役立つように、メキシコと協力する用意ができていると言った。

Centro Federal de Readaptación Social núm. 1 "Altiplano"のGoogle Earthポインター情報
Calle Rancho la Palama S/N
Santa Juana
50900 Almoloya de Juárez, MEX
メキシコ
+52 722 219 2387
19°25'16.6"N 99°44'59.7"W
または、
19.421272, -99.749917

2014-02-22---メキシコのトップの麻薬王が捕まった。
2015-07-12---メキシコ最大の麻薬組織のボス、2度目の脱獄!

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト