2015-07-12

ロシアのシベリアで兵舎が崩壊し、23人死亡。

戦争と平和

AFP、BBC News、米国の新聞「ニューヨーク・タイムズ(New York Times)」は2015年07月13日に、ロシア・シベリア(Siberia)連邦管区オムスク(Omsk)近郊にある空挺部隊の訓練施設「242nd Airborne Training Center in Omsk」で2015年07月12日の夜に、ロシア軍兵舎(Russian military barracks)が崩壊する事故があり、兵士23人が死亡したとロシア国防省が2015年07月13日に発表したと報告した。

ロシア国防省のイーゴリ・コナシェンコフ報道官(A Defense Ministry spokesman, Maj. Gen. Igor Konashenkov)によると、がれきの下敷きとなった42人全員が発見され、19人が救出され、うち23人が死亡した。負傷者の一部は治療のため首都モスクワ(Moscow)に空路で搬送された。

殺されたのはすべては徴集兵であり、いくつかのリポートが、最も若い犠牲者の年齢を18歳であったと言ってる。

インタファクス(Interfax)通信は地元軍関係者の話として、過失の可能性を含めた事故原因の調査が開始されたと伝えている。

調査者は、2013年に建物で実行された修理が、その崩壊と結び付けられるかどうかを調査している。

壁が崩れ落ちた時は、落下傘兵訓練キャンプに配置された兵士がちょうど就寝したところであった。

ロシア・シベリア(Siberia)連邦管区オムスク(Omsk)のGoogle Earthポインター情報
54°59'00.0"N 73°22'11.3"E
または、
54.983344, 73.369817