2015年07月12日

ロシアのシベリアで兵舎が崩壊し、23人死亡。

戦争と平和

AFP、BBC News、米国の新聞「ニューヨーク・タイムズ(New York Times)」は2015年07月13日に、ロシア・シベリア(Siberia)連邦管区オムスク(Omsk)近郊にある空挺部隊の訓練施設「242nd Airborne Training Center in Omsk」で2015年07月12日の夜に、ロシア軍兵舎(Russian military barracks)が崩壊する事故があり、兵士23人が死亡したとロシア国防省が2015年07月13日に発表したと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

ロシア国防省のイーゴリ・コナシェンコフ報道官(A Defense Ministry spokesman, Maj. Gen. Igor Konashenkov)によると、がれきの下敷きとなった42人全員が発見され、19人が救出され、うち23人が死亡した。負傷者の一部は治療のため首都モスクワ(Moscow)に空路で搬送された。

殺されたのはすべては徴集兵であり、いくつかのリポートが、最も若い犠牲者の年齢を18歳であったと言ってる。

インタファクス(Interfax)通信は地元軍関係者の話として、過失の可能性を含めた事故原因の調査が開始されたと伝えている。

調査者は、2013年に建物で実行された修理が、その崩壊と結び付けられるかどうかを調査している。

壁が崩れ落ちた時は、落下傘兵訓練キャンプに配置された兵士がちょうど就寝したところであった。

ロシア・シベリア(Siberia)連邦管区オムスク(Omsk)のGoogle Earthポインター情報
54°59'00.0"N 73°22'11.3"E
または、
54.983344, 73.369817

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告