on-the-time.jp

2015年07月12日

メキシコ最大の麻薬組織のボス、2度目の脱獄!

麻薬とメディア

AFPは、メキシコ当局は2015年07月12日に、昨年2月に身柄を拘束した麻薬密売組織「シナロア・カルテル(Sinaloa Cartel)」の最高幹部、「エル・チャポ(El Chapo)」こと、58歳のホアキン・グスマン(Joaquin Guzman)被告がメキシコ市(Mexico City)郊外の最も警備態勢が厳戒な刑務所から脱走したと発表した。

グスマン被告は2001年にも脱走している。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

国家公安機構の声明によると、メキシコ市から90km西に位置するアルティプラーノ(Altiplano)の刑務所でグスマン被告が最後に監視カメラで確認されたのは、2015年07月11日夜にシャワー室にいるところだった。
また、ほど近い場所にあるトルカ(Toluca)の空港の全ての航空便の運航は一時停止されている。

アルティプラーノの刑務所には、麻薬組織の幹部や殺人犯、誘拐犯などが収容されている。

グスマン被告は、2001年に洗濯物のカートに隠れて脱獄した後,逃亡を続け、2014年の拘束作戦によって再び拘束されたと報告している。

Centro Federal de Readaptación Social núm. 1 "Altiplano"のGoogle Earthポインター情報
Calle Rancho la Palama S/N
Santa Juana
50900 Almoloya de Juárez, MEX
メキシコ
+52 722 219 2387
19°25'16.6"N 99°44'59.7"W
または、
19.421272, -99.749917

2014-02-22---メキシコのトップの麻薬王が捕まった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。