2015年07月12日

メキシコ最大の麻薬組織のボス、2度目の脱獄!

麻薬とメディア

AFPは、メキシコ当局は2015年07月12日に、昨年2月に身柄を拘束した麻薬密売組織「シナロア・カルテル(Sinaloa Cartel)」の最高幹部、「エル・チャポ(El Chapo)」こと、58歳のホアキン・グスマン(Joaquin Guzman)被告がメキシコ市(Mexico City)郊外の最も警備態勢が厳戒な刑務所から脱走したと発表した。

グスマン被告は2001年にも脱走している。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

国家公安機構の声明によると、メキシコ市から90km西に位置するアルティプラーノ(Altiplano)の刑務所でグスマン被告が最後に監視カメラで確認されたのは、2015年07月11日夜にシャワー室にいるところだった。
また、ほど近い場所にあるトルカ(Toluca)の空港の全ての航空便の運航は一時停止されている。

アルティプラーノの刑務所には、麻薬組織の幹部や殺人犯、誘拐犯などが収容されている。

グスマン被告は、2001年に洗濯物のカートに隠れて脱獄した後,逃亡を続け、2014年の拘束作戦によって再び拘束されたと報告している。

Centro Federal de Readaptación Social núm. 1 "Altiplano"のGoogle Earthポインター情報
Calle Rancho la Palama S/N
Santa Juana
50900 Almoloya de Juárez, MEX
メキシコ
+52 722 219 2387
19°25'16.6"N 99°44'59.7"W
または、
19.421272, -99.749917

2014-02-22---メキシコのトップの麻薬王が捕まった。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告