AD SPACE

2015-07-05

ヘリウムによって満たされた110の気球で、カルガリーから飛び立ち逮捕!

人物

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2015年07月07日に、110のヘリウムで満たされた気球により、芝生椅子からパラシュートで降下することを強制された後に、生命の危険起こした害のために逮捕されたと報告した。

26歳のダニエル・ボリア(Daniel Boria)は、2015年07月05日日曜日にカナダの彼の洗浄会社を公表するようにデザインされた危険なPRスタントの一部として空に飛躍した。

[AD] You can advertise on this site.

彼は、年間のロデオで、毎年数十万人の人々がカルガリー殺到し、引き付けるフェスティバルで、椅子からパラシュートで降下し、着地するつもりであった。

しかし、彼は、CBCニュースに、天候のため彼が彼の方向をコントロールできず、代わりに、彼の足首をくじいて、イベントから数km向こうの産業フィールドにパラシュートで降下することを強制されたと言った。

「気球で私が探していた1ポイントで、それらは破裂し、椅子は震えて、私は、雲を通じて、離陸する747フライトにぶらさがっている私の足を見て、うつむいていた、そして、しばらくして着陸した。」と、彼は放送局に言った。

ダニエル・ボリアは彼のフライトのコース上のカルガリー警察(Calgary police)により追跡されて、月曜日の朝まで罪を課されて、足止めされる前に、日曜日に逮捕された。

「誰 分類 笑い、都市の上に浮かんでいる芝生椅子のある男について考えるけれども、ゆったり座り、それについて考える時には、それはまさに非常に無責任である。」と、検査官カイル・グラント(Kyle Grant)はThe Chronicle Heraldに言った。

「彼は、殺到グラウンドに向けて120万の都市の数十万人の人々の上に飛び、傷つけられたかどうかにかかわらず、私達が見たい最後の物は、それ自身がパイロットまたは大衆のメンバーの誰かでもある。」と、検査官グラントは付け加えた。

バナーが彼の洗浄会社を広告して殺到のまわりの飛行に賃貸された飛行機のコストが考慮される時のスタントは、伝えられるところでは約20,000ドルかかった。

ダニエル・ボリアは、伝えられるところでは、連邦航空法(Federal Aeronautics act)の下で、より一層の罪に直面しているかもしれない。

早い話が、馬鹿である。
しかし、私は、こういう馬鹿がいるから世の中が、楽しいと思う。

間違えた出世と無駄な金だけを求める人が多すぎる。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.