AD SPACE

2015-07-06

北海に、植物プランクトン花が咲いた。

自然

NASAは、北海(North Sea)はその冷たい水域および荒い風にもかかわらず、植物プランクトン花のための肥沃な盆地であると報告した。

漂い、植物のような有機体は、水と増大する日光のハイレベルま栄養分のため。遅い春および早い夏の中で最も豊富である傾向がある。

[AD] You can advertise on this site.

比較的浅い北海の上に、激しい風が多くの垂直と水平の混合を引き起こし、ヨーロッパの川から流出した液体の栄養分をを表面に持って来る。

2015年6月11日に取得されて、NASAの水衛星(Aqua satellite)に搭載されたMODIS(Moderate Resolution Imaging Spectroradiometer/中分解能撮像分光放射計)によって、デンマーク、イギリスとドイツの間で咲く多量の植物プランクトンを示すこの画像を取得した。

花のサイクルの違う段階を示している2015年06月06日の画像に比べて、集中された植物プランクトンのエリアがより小さく、ほとんどはほとんどがどの緑色のエリアにもないコッコリソフォレ特有の乳状の色(the milky color characteristic of coccolithophores)を持っている;。

変化は、植物プランクトンは、2日から6日までの短い寿命と種の違いに起因しているかもしれない。

下栄養になり、レベルに残存するそれらの能力のため、他よりいくつかが長持ちする。

成長条件が最悪であるような時には、何人かの研究者が、実際、多くのプランクトンが冬の間に増大しはじめると気付いた。

研究により、冬の嵐が海洋と深い水をかき回し、混合をすることが原因と示唆したの。

この水混合は、成長し、それらの略奪者により見分けられずに深さに住むために、植物プランクトンを考慮する。

春が到着する時に、植物プランクトンは入手可能な栄養分であるので、完全に咲くかもしれないけれども、日光のより長い期間がそこにある。

このような海洋画像の解析は、日本リモートセンシング研究所に在籍していた田中總太郎が親潮と黒潮の解析をし、どこに多くの魚が集まるかを予測したのが、世界で最初であった。

私は、その解析画像を見たとき、衛星画像が漁業を返ると思った。
しかし、その技術はオーストラリアや欧米で盛んになったが、日本では魚群探知機の方に向かった。

より多くの情報とイメージは、NASAの地球観測所(Earth Observatory)にある。

Image Credit:ジェシーアレン(Jesse Allen)による地球観測所は、レベル1とLAADS(Atmospheres Active Distribution System/大気アクティブ流通機構)からデータを使って画像を映している。
図版説明(Caption):Rachel Carlowicz、Mike Carlowicz、オレゴン州立大学のMike Behrenfeld、Helmholtz-Zentrum GeesthachtのJochen Wollschlägerから提供された解釈洞察である

Last Updated: July 8, 2015
Editor: Sarah Loff

北海(North Sea)は世界的に有名な漁獲量を誇る海である。
ただし、その豊富な栄養分のため、海岸には膨大なムール貝が育ち、海岸の防波堤を浸食している。

北海(North Sea)のGoogle Earthポインター情報
55°54'42.8"N 2°56'30.3"E
または、
55.911900, 2.941742

2015-06-05---イギリスで一番のフィッシュ&チップを食うには!
2014-10-11---「最も危険な外来種」は、ヒースロー空港の近くで増殖中!
2011-01-25---カナダの凍った海の下に、旨いものが隠れている!

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.