2015-07-01

Facebookは、メッセンジャー送金で、クレジット・カードを切った!

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、Facebookは、メッセンジャーAppのユーザーのために、無料のP2P支払いサービスを米国で乗り出し、そのようなサービスのための競合する市場に参加していたと報告した。

そして、さしあたり、部門は、クレジット・カードではなく、デビッドによって働くだけである。

なんと、Facebookはクレジット・カードを切ったのか?

会社は、Mashableに、デビッド・カードだけの決定が、詐欺を最小化し、クレジットカードにより取り立てられた取引手数料を避ける必要があると言った。

この動きは驚きではない。
ソーシャル・ネットワークは今年の3月に、数ヶ月でスタートを発表した。

機能は、デスクトップだけでなく、アンドロイドおよびiOSのFacebookのスタンドアロンの通信Appで入手可能である。

Facebookの通信製品の副社長デイビッド・マーカス(David Marcus, vice president of messaging products at Facebook)は、多くの詳細な記述に入らずに、投稿でニュースを明らかにした。

メッセンジャー・ユーザーAppの設定内にデビット・カードを追加し、メッセージ内の$アイコンをたたき、彼らが送りたい量を入力する。

受取人は、それらがそれを持っていると確認して、支払いを始める。

しかし、確認の後にさえ、お金が受領者に利用可能になる前に、それは、それらの銀行に依存して最高3日の営業日に没頭できる。

そして、P2P支払いは、低い参入障害を持つ市場であり、Facebookが、それに飛び込む最初ではないのを意味している。

ユーザーは、すでに、ブレーントリーの伝統的な振替会社と同様にPayPalにより所有されているからGoogleのGmail、またはVenmoアプリを経た支払いを送ることができる。

しかし、マーカスがしたかどうか要求機能のために計画が存在し、もしいくらがメッセンジャーを経て送られうる限界があるか?、尋ねたユーザーから1つの問題に反応する。

「私達は現在トリガーを持っている。従って、ドルで始まるどのような量でも超えて、送信でお金の流れと結び付けられる。『Send me $20』と送信を実験的にタイプしてみなさい。それはお金の要求で私達の早いバージョンである。」と、Facebook幹部は答えた。

限界では、彼は少しの数も発表しなかったけれども、ちょうど今ほとんどのユーザーと慣習のためにそれが十分に高いはずであると言った。