2015-07-01

インドのMahindra Comvivaが、コートダジュールに進出!

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、インドのベンダMahindra Comvivaが、Gemalto, ST、Microelectronics、Inside Secure、OrangeとTelecom Italiaなどが参加しているアルプス州コートダジュール地域(Province Alpes Cote d’Azur region)で、Pole SCS(Secured Communicating Solutions/確保された連絡ソリューション)で、テクノロジー・クラスタによって協定を締結したと報告した。

Pole SCSは、非接触で、モバイル、および安全な近接ソリューションを開発する。

2つの会社は、デジタル・アイデンティティやNFCを含む近接など、信頼テクノロジー・リモートをカバーして、多くのイニシアチブに取り組むために彼らが協力的な枠組として呼んだものを設立した。

パートナーは、HCE(Host Card Emulation/ホストカードエミュレーション)ハイブリッドやスマートTokenisationなどの新しいクラウド・ベースのロイヤリティ・テクノロジーの完全なアセスメントをする。
HCEハイブリッドは、ハードウェアを追加して接待カード・エミュレーションのセキュリティを改善する方法であるネットワークおよび文脈上のパラメータである。

ビザ( Visa)とマスターカード(Mastercard)と同類のためバックするスマートなtokenisationは、P2P(person-to-person/個人対個人)とP2M(person-to-machine)/人-マシン)マネーおよび他のトランザクションを可能にする。

またパートナーが、tokenisationを使ってマーチャントの販売ソリューションのモバイル・ポイントのための革新を見ることとクラウドすることは、ますますポピュラーなエリアになる。