2015年07月05日

ピーター・オトゥールには、1,033人の恋人がいた。

人物性とメディア

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」は、「アラビアのロレンス(Lawrence of Arabia)」で有名なピーター・オトゥール(Peter O’Toole)が彼のハリウッド役と同じくらいとんでもない飲酒癖の多くが知られていたと報告した。

しかし、民衆を扇動する人の側近グループのすべては、彼の他の情熱に気づきすぎた。豪華な女性を誘惑する申し立てによるとそれらのドンファン(Don Juan)と同じ数約1,033人の恋人がいた。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

1960年代初期に、仲間は、彼が瞬間に3人のブロンド、ディアナ・ドース(Diana Dors)、ジェーン・マンスフィールド(Jayne Mansfield)、およびアニタ・エクバーグ(Anita Ekberg)の砲弾で眠ることができなかったオトゥールにUS$150を賭けた。

どれくらいそれが彼を取ったかが不明瞭であるけれども、オトゥールは賭けを簡単に勝ち取った。

いったん尋ねられて彼の主要な婦人のうち、彼が、「キャサリン・ヘップバーン(Katharine Hepburn)は私をブタと大酒飲みと呼んだけれども、私は、私が恋しく思った少しの他の婦人についても考えることができない。」to答えたで騙さなかった。

新しい伝記「Peter O’Toole: Hellraiser, Sexual Outlaw, Irish Rebel」(Blood Moon Productions)において、作者ダーウィンポーター(Darwin Porter)とダンフォースプリンス(Danforth Prince)は、俳優の性欲と経験の叙事詩的なアカウントで書き起こす。

「画面外、近い聖書の釣り合いの1週間のどんちゃん騒ぎとセックスの大騒ぎにおいてスターにされた[オトゥール]」と、プリンスは言う。

ここには、2013年に年81歳で死んだ俳優の好色なライフについての本のほとんどの騒々しい新事実を紹介している。

全部読みたい人は、本を読むべきだそう。

ピーター・オトゥールの1,033人の恋人の中には、エリザベスII女王(Queen Elizabeth II)の妹マーガレット王女(Princess Margaret)との8年間の生活が知られている。

1961年の「アラビアのロレンス」の制作の間に、スペインのセビリア(Seville, Spain)に引っ越し、フランシスコ・フランコ将軍の娘カルメン(Gen. Francisco Franco’s daughter, Carmen)、モデルで、ファッション界のアイコンのエイプリル・アシュリー(April Ashley, a model)にであった。
ピーター・オトゥールは、彼女がトランスジェンダーであったことに気づかれずにセックスしていた。

また、彼はオードリー・ヘップバーン(Audrey Hepburn)を妊娠させたかもしれない。

エリザベス・テーラー(Elizabeth Taylor)は彼女の主要な人として彼を望んだ。
1960年に、オトゥールは、そして歌手エディ・フィッシャー(Eddie Fisher)と結婚したテーラーの目をつかんだ。

オトゥールの好きな飲酒仲間は、西部劇のリチャード・バートン(Richard Burton)であった。
彼はテーラーについてのバートンをあざけった。

1967年に、最初オトゥールが彼女と眠た6年後に、バートンと彼の親交が厳しくテストされた。

彼はエヴァ・ガードナー(Ava Gardner)により誘惑されて、後で彼女をバートンと共有した。

この馬鹿をもっと詳しく知ろう!

2013-12-14---アラビアのロレンス・スターが死去した。
2013-12-14 ---第1次世界大戦中に引かれた中東の直線的な国境線。
2013-08-16---アラブの春で,幸せだったことが、どのように悲劇に変わったか?
1935-05-19---軍人トーマス・E・ロレンスが死去した。
1932-08-02---イギリスの俳優ピーター・オトゥールが生まれた。
1917-07-06---情報将校ロレンスが、紅海の要塞アカバを奇襲攻撃で落とした。
1916-06-05---オスマントルコ帝国支配に対して反乱が起こった。
1888-08-16--軍人トーマス・E・ロレンスが生まれた。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。