2015-07-01

インドでのレズビアン。

性とメディア

BBC Newsは、作家で人権主義者ショバン・チョードリ(Writer and humourist Shovon Chowdhury)が最近、彼のパースペクティブを与え、セクシュアリティおよび性的な表現のすべての形を受け入れた私達が、インドの古代開放的伝統であるはずがないと主張して注意を向けるインドの特徴としているレズビアンに驚き、与えられると報告した。

友人に、「それらはレズビアンについての広告をした!」と言われた。

私は「ライブラリアン」に聞こえた。

従って、最初、私は混同された。

よい物のように思われた。

私は、しばしば、この国の習慣を読むことについて悩む。

しかし、彼は私に示した。

それは女性の衣類のブランドのための広告であり、それは愛情において2人の女性を示す。

私は、それが非常によく導かれて、作動すると思い、うるさくそれの楽しみを作りづらい。
これは巨大なステップであったか?

私がパーヴェン・バーブ(Parveen Babi)を覚えるまで、そのように思われた。

パーヴェン・バーブは、私達の若者を明るくした女優であった。

彼女は、また、タイム誌のカバーに出現することによって、国を誇らせた。

この全体同性愛者は、強い力であるように、人々がそれを作成しているので最新のとおりではない。

1983年の映画において、半分で眠るラジア・サルタンのヘマ・マリニ(Hema Malini)と彼女において生み出された子守り歌を歌って彼女を強烈に見つめているパーヴェン・バーブ。

あるとき、ヘマ・マリニは起きて、2人ははキスする。

キス自身はいくつかの羽の後ろに隠される。

これは、その時どのような種類のキスのためのノルマでもあった。

羽、花、およびドゥパッタは、ふたをそれに保持している好まれた方法であった。

このテレビコマーシャルが私達を提供するものは、少ない羽でより現代的な環境である。

それは、全体の物を、より話されさせる。

「その女の子は、私のいとこであるかもしれない」 あなたが考えること、「または、私の最もよい友人の姉妹。」

しかし、映画は最初に、そこにあった。

一般に、映画は、この国の社会的な変化のための強い力であった。

ポスト独立映画製作者は、それらのほお、およびそれらの自由の暖かさが、それらのフィルムの置くポジティブな社会的なメッセージについて厚顔無恥であると思った。

それは国家建物の一部であった。

私達が1990年代までのテレビについて、重要な事実を発見した時であった。

あなたは家を出る必要がない。

これは映画の重要性での低下をもたらした。

より多くのテレビは、より多くの広告を意味し、これは、経済学が役割を果たす所である。

続き物のテレビは、ほとんどの製作者は悪名高く安い 1つのエピソードにおいて人々が非常にゆっくり話し、矢が点火した結果、その後でその目標のためにいくつかのエピソードを取る。

テレビ作家は不十分に支払われる。

広告人々はずっともっと支払われる。

その結果、広告はしばしば番組より良い。

コピーライターのうちのいくつかがよい事をしたく、 ことがあること、クライアントは、それらをサポートする。

従って、インドの広告に相当数のポジティブな社会的なメッセージがあった。

私達は3つの広いフェーズを見た。

私達は非常に貧しい国であり、いくつかの製品がそれらの市場を完全に建てる必要があった。

早くから、1970年代と1980年代に広告が私達に教えたことは、簡単な物で、入浴の利点、歯を磨いている長所、およびあなたがあなたの妻に良いはずの理由であった。

これは、その間にLiril石けんのための広告において、私がビキニの女性に初めて会ったフェーズであった。

それは私を消えないようにマークし、私はまだ彼女の名前を覚えることができる。

社会が発展したように、レッスンをした。

次のフェーズには、女性は大きい役割を果たし続けた。

広告は、私達に、実際、女性が、購入衣服、自身のクレジットカード、ドライブに涼しいコンバーチブルなどの事をすることができると知らせた。

同調して、 現在で、3つある 社会的に意識的な広告者は、吃ることにアドレスし、癌生存者および[パキスタンを別個の状態にした1947パーティション]を仕切る。

そして、またレズビアン。

レズビアンのまわりで騒ぎたてなさい。
しかし、あなたが尋ねてもよい理由は、レズビアンについてのすべてのこの大騒ぎである。

それは女性に対するプロットであるか?
それはカーマ経典において禁じられるか?
インドの社会は陽気な人々に伝統的に不賛成を示したか?
本当は違った。

例えば2,000年前より多くであり、すべてのための規則を規定し、同性愛のための規定された処罰があなたの衣服で風呂を呈しているマヌの法典において、その後にあなたが浄化された。

あなたがこれが過激であると思うといけないから、強制的な交際関係のための規定された処罰が、2本の指の即時の除去であったと考えることができる。

経済および政治的な論文Kautilyaのアーサ・サストラ(Artha Shastra)は、問題のより経済の眺めを取り、小さい罰金を示唆する。

それが他にすべての代わりをするので、カーマ経典(Kama Sutra)は同性愛の行為のための詳細な手順を提供する。

スシュルタ・サンヒター(Sushruta Samhita)は、歴史上で最も大きい医師のうちの1人スシュルタが約600 BCを書く医学の論文であった。
彼は、他の物の間に、どのように先端を再建するかを理解した。

彼は同性愛の行動のタイプを定義し、性的なオリエンテーションが、誕生で決定される何かであるとはっきりと述べる。
彼はトランスジェンダーと同性愛者の区別を引いた。

トランスジェンダー自身はインドの時の中で最も容易にいつも持っているわけではなかったけれども、それらは私達の社会に場所を持っている。

彼らはテレビショーを主催した。

私達は、時々、他のリーダーに、私達がそれらで考えるものを見せるために、選挙においてそれらに賛成の投票をした。

約1000年に築かれたカジュラーホの寺院(The temples of Khajuraho)は、 すべての可能な組み合わせにおいてラッキーであると、かなり信じがたいいくつかを含むようになっている多種多様な人々を特徴とする。

従って、悪くなったものあなたは尋ねることができるか?
私達はいつそのような上品ぶる人になったか?

主要な原因は、小さく、ふっくらしている白い女性であった。

しかし、すべての非難を女王ビクトリア(Queen Victoria)に置くと、それは不公平である。

私達は、遊ぶために、役割も持っていた。

イギリスの規則の利点を見ることができず、私達は1857年に反乱した。

いったん反乱が抑制されたら、新しいIPC(Indian Penal Code/インド刑法)が開発された。

それは1861年に発効した。

決して再びネイティブがそれらの頭を育てないことが、保証するようにデザインされた。

この文書の創造者はそれらの君主の希望も考慮した。

女王ビクトリアは性に反対し、1861のIPCはこれを認めた。

それは、伝道者のポジションを除いてほとんどどのような種類の性的な活動でも有罪とする。

独立から約75年後に、それは、ネイティブがまだ信頼できないように見える。

それは、IPCがまだ作用している理由である。

これは、YouTubeにおいて数百万人の人々が好きであったこのフィルムがより多く、単に映画であるのを意味している。

それは1幕の市民の不服従である。

それは、セクション377の下で、刑務所で最高10年のために、過ぎて処罰に値する犯罪を描く。

私は、ディレクターのための処罰が何であるかを知らないけれども、もし警察がそれらの仕事をするなら、彼女の威厳、私達により委任されるようにすぐ見つけ出すべきであると言っている。

これは結局、日本と同じで、役人がすっとこどっこいで、中途半端な歴史を信じているからで、インドがまだ、女王ビクトリア時代の刑法を信じ、その前を無視し、現在を知らないという勉強不足の結果に過ぎない。
それでいて、役人は、ポルノが好きで、乱交がもっと好きだったと言う落ちまでついてくる。