2015年06月23日

アフリカの2Pモバイル・マネーは、3年で2倍の収益。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、モバイル振替サービスからのジュニパー研究(Juniper Research)収益予測は、今年のUS$20億から2018年にUS$40億まで2倍になると報告した。

アフリカは、P2Pまたはモバイル送金、支払いのための主要な領域である。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

証拠として、研究会社は、活動から全体の収益の10%より多くを生成するVodacomタンザニアとMTNウガンダを含むいくつかのオペレータを指し示す。

ケニアのSafaricomと、そのm-Pesaサービスの歳入はUS$3億3000万を生成する成功は、最も著しい達成である。

トランザクション/ボリュームと価値での急増は、増大した相互運用性、国境を越え、全国的内レベルにより動かされると、とポートは言う。

研究は、タンザニアとパキスタンで達する国内の協定だけでなくルワンダのSafaricomとMTNの間の取引からのトラフィック高揚を引用する。

ジュニパー研究は、
オペレータは、USSDおよびIVR-ベースのサービスのそばで、スマートフォンAppを開発して、それらのモバイル・マネー戦略の将来を検査している。

すべての楽天主義の間で、ジュニパーは警告の注を鳴らす。
採用または活動レートが低い所で、原因はしばしば貧しいマーケティングであり、不適当か、またはひどくターゲットとされる。

オペレータは容易な利益をつかむ試みで、またレポートから砲火をあびる。

例えば、ナイジェリアの多くのオペレータは、高い換金料金のため、繰り返しビジネスを引き付けることに失敗した。

他の国には、普通預金口座は、下の収入ユーザーまたは救助者に不適当であった撤退料金を持っていた。言った。

これまでの先進国の発想は通じない。
これは、インドでも言える。

高い換金料金は、すべてから拒否される。
お金に敏感な国での戦いに、先進国は慣れていない。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。