2015-07-01

2015年06月29日に、ソーラー・インパルス2が太平洋横断に出発!

自然

BBC Newsは2015年06月29日に、ソーラーパワーの飛行機は太平洋を横切る記録破りのフライトで、その2回目を開始したと報告した。

もう、戻れない!

これはすぐ書かなくてはと思ったが、脳のCTスキャンに続いて、2015年06月30日にMRIスキャンの結果が出た。
少し緊張し、寝られなかったので、今日にした。

ソーラー・インパルス2(Solar Impulse 2)は、世界標準時18時03分に日本の名古屋飛行場から離陸し、約120時間でハワイに上陸することが予定されている。

チームは、太平洋を横切ることで、クリアな天候と風を待つのに約2ヶ月を費やした。

予測の変化が、スケジュール解除される上陸を強制した後に、海洋の上を飛ぶ最初の試みが、短い切断であった。

そして、離陸する別の試みは条件についての懸念のため最後の瞬間に、この間の火曜日にキャンセルされた。

今回、チームは、もし予測が変わるなら、それが引き返す必要があるので、飛行機がそのフライトに数時間まで、離陸を広く公表していない。

しかし、もしパイロットが成功するならば、それは、日曜日だけまでに動力を供給された機体により飛ばれた最も遠い距離だけでなく航空史の最も長い期間のソロ・フライトである

太平洋の交差は世界中での太陽インパルスの旅で8番目のレグ(leg)である。

しかし、この段階は最も難しいと判明し、数週の遅延が行き当てられた。

スイスのパイロット、およびソーラー・インパルス共同設立者で、実験的な単座飛行機技能を飛ばしているアンドレ・ボーシュバーグBorschberg(Andre Borschberg)は、最初、中国の南京からハワイに彼の旅を開始すると思われた。

しかし、彼は、彼のグラウンドサポートチームと、そこで、正しいの飛行条件が整うことを待つのに週を費やした。

彼は5月31日に最終的に、離陸したけれども、任務への数時間は、 予測での悪化で、彼が日本で休憩する必要があることを意味していた。

名古屋の雨期は別の長い間そこで待ちを意味していた。しかし先週のフライングの後に、気象学者は、現在、ハワイに交差している5夜の5日として、それらが天候と風を見つけたことを確信する。

スポークスマンは、飛行機が太平洋を横切ってまっすぐに出発すると言った。

離陸することの約8時間内に、それは、リターンなしのポイントを過ぎる。そのポイントまで 予測変化、パイロットが、回転し、日本に戻る選択肢を持っている。

しかし、すでに8時間は過ぎた。

LEG 1: 9 March. Abu Dhabi (UAE) to Muscat (Oman) - 441km; in 13 hours and 1 minute
LEG 2: 10 March. Muscat (Oman) to Ahmedabad (India) - 1,468km; in 15 hours and 20 minutes
LEG 3: 18 March. Ahmedabad (India) to Varanasi (India) - 1,215km; in 13 hours and 15 minutes
LEG 4: 19 March. Varanasi (India) to Mandalay (Myanmar) - 1,398km; in 13 hours and 29 minutes
LEG 5: 29 March. Mandalay (Myanmar) to Chongqing (China) - 1,459km; in 20 hours and 29 minutes
LEG 6: 21 April. Chongqing (China) to Nanjing China - 1,241km; in 17 hours and 22 minutes
LEG 7: 31 May. Nanjing (China) to Kalaeloa, Hawaii (USA) - 8,200km; journey aborted, plane diverted to Nagoya, Japan

名古屋の小牧空港のGoogle Earthポインター情報
35°15'19.6"N 136°55'27.7"E
または、
35.255442, 136.924372