2015-06-24

幻覚的古代ワームの化石は笑っていた!?それは、昆虫の先祖かもしれない!

超過去

米国の新聞「ワシントンポスト(Washington Post)」は、Hallucigenia sparsaが、非常に不可思議で、古代の動物の復元をダニエル・ドゥファルト(Danielle Dufault)が着色した。

Hallucigeniaは、その背中の下で、長い背骨が、その首が飾られてであること、7対のひっかかれた足、および6つの触手から、適切に名付けられる。5億歳海洋フロア住民は非常に不可思議な夢か。何かのように見えたであろう。

しかし、その発見の数十年後に、研究者は、Hallucigeniaが見えたかもしれないものを示すために、最終的に、意外な機能のジグソーパズルを組み立てた。

そして、それが生命の木に座っている所のため、小エビから、チョウ、クモへのすべての節足動物の共通の祖先であるかもしれない、いくつかの主要な手掛かりを提供する。

数ヶ月前、研究者は、最終的に、彼らが、いわゆるカンブリア爆発の間に、生命の家系図に生きていたHallucigeniaが、足を持つワーム、およびスパイクを置くのに十分な証拠を設立すると発表した。

意外な新しい動物の足は、現代ビロード製ワームの口部のそれらとまったく同様な機能を示した。

本質的な新しいイギリスの雑誌ネーチャー(Nature)での研究出版は2015年06月24日水曜日に、同じ研究者は、彼らにいっそう多くの手掛かりを提供して、Hallucigeniaの顔で彼らが最初のよい表情を得たと報告した。

Hallucigenia’s head and the pharyngeal armature of early ecdysozoans

Martin R. Smith & Jean-Bernard Caron
AffiliationsContributionsCorresponding author
Nature (2015) doi:10.1038/nature14573
Received 06 January 2015 Accepted 18 May 2015 Published online 24 June 2015


ビロード製のワームで相対的な古代生物として、HallucigeniaはグループEcdysozoaの非常に早いメンバーである。

それはすべての脱皮動物を含む。

それが小さい水熊(water bears/緩歩動物)からすべてを旨いロブスター(lobsters)を含むので、それらの共通の祖先が非常に簡単であることを期待することができる。そのグループがそんなに多様なので、著しく違う新しい機能を発展させるために、個々の種を考慮する。

しかし、Hallucigeniaは、まったく古いけれども、また非常に複雑である。
いったん研究者が、その頭がどこにあるかを理解したら、彼らは、それがすると気付いたよりより高度な機能を実現した。

ケンブリッジの大学のリード研究作者マーティンスミス(study author Martin Smith of the University of Cambridge)はポワシントンポストに「当初正式に記述されたとき、背中の上で触手と間違えられている足と足と間違えられている触手のスパイクで、それは実はさかさまでした。」
「いったん私達が正しい道を引き上げたら、どちらの端が頭であったか、そして、どちらが尾であったか多くの不確実性がありました。」と、言った。

ある終わりに、何人かの研究者が、膨らんだ球を考えた頭であるにちがいないけれども、スミスおよび彼の同僚は、構成が頭のためのすべての間違いであることを示した。その膨らみは実際、動物の分解のある種類の残余であった。

従って、それは、他の終わりをもっとよく見る時間であった。

「私達は非常に楽観的で、私達が1対の目を見ることができると思った」と、スミスは言った。

「けれどもただ私達が目を見なかった。私達は生意気な少しの笑顔を見た。それは完全な驚きであった。」

化石が笑っていた!?

ジーンバーナード・キャロン(Jean-Bernard Caron)は、バージェス・シャーレ(Burgess Shale)からのHallucigeniasparsaの化石は、長さ15mmである。
Hallucigeniaは実に、非常に特別な微笑みを持っている。

ワームの口は歯のリングを持っていたけれども、それは、線を歯に描かれたのども持っていた。

スミスは、吸引を提供するために、口の歯のリングが使用されると信じる一方、のどの中の針似の歯は、それが中間音を立てて、飲食の外を後ろに滑ることを防ぐために、適所で獲物をつかまえる。

ビロード製のワームは、これらのような歯を持っていない。

しかし、カンブリア紀の陰茎ワーム(penis worms/鰓曳動物)のような他の生き物もそれらを持っていた。

研究者は、これが、すべてのEcdysozoaの究極の祖先がこれのような特色を持っているのを意味するかもしれず、現代の節足動物の祖先が、彼ら自身の別個の特色を発展させる前にそれらを落とす必要があったことを提案する。


「これらの歯は、多くの早い脱皮動物において私達が見るそれらと似て、共通の祖先で、線を歯描かれたのどが存在したことを提案する、」王室オンタリオ美術館の無脊椎動物古生物学のキュレーターで、研究作者ジーンバーナードキャロン(study author Jean-Bernard Caron, Curator of Invertebrate Palaeontology at the Royal Ontario Museum)は、ステートメントにおいて言った。

「従って、以前に、陰茎ワームなどの動物の口と共通して節足動物口が多く持っていたと思う理由がほとんどなかった所、Hallucigenia私達に、節足動物およびビロード製のワームが、口ラウンドプレートと下のど歯を系統的に持っていたと言う。彼らは後でそれらを失ったばかりか、または簡素化した。」

今や、スミスは言い、彼は、共通の祖先の提案された機能とマッチしている化石をより密接に見ているであろう:素晴らしい歯のリングを持つ小さいワーム、およびそれらのより多くを散りばめられるのど。

もし彼のグループの発見が正しいならば、彼らは、私達が小エビカクテルを感謝することができる醜い小さいワームを突きとめることができるであろうと言っている。