2015-06-24

モトローラのロゴの誕生日。

アート

Cellular-News.comは、モトローラのロゴは、愛情をこめてコウモリの翼状として、The Motorola emsigniaと呼ばれると報告し、その主要な60回目の誕生日を2015年06月24日に祝っていると報告した。

このコウモリの翼のデザインは、1955年にそのデビュー以来少しの改造を持っているけれども、モトローラ機器に出現し続ける。

抽出された「M」にアーチを作っている2つの向上心に燃えた三角形ピークを特徴とすることによって、マークは、「エレクトロニクス会社の、進歩的な、リーダーシップ注意を払われた展望。」を展示するために選ばれた。

このデザインは、シカゴのMorton Goldsholl Design Associatesによりデザインされ、コウモリの翼の形をは最初、商品市場のモトローラショールームで明らかにされた。

私は、IBM、モトローラ、アップルがデザインしたRISC型CPUのチップパワーPC(Power PC)の栄光から沈没まで、付き合った。

モトローラが傾いた原因「イリジウム計画」も、最初から崩壊まで付き合った。

「イリジウム計画」が無ければ、モトローラは携帯電話で先頭を走っていた。
ノキアより凄かった!

過去の栄光は追いたくないが、モトローラのチップ・デザインは凄かった。

モトローラに行って、もう限界だと聞かされ、されにPower PCを搭載したモトローラのパソコンは知っているかと聞かれ、知らないと言ったら、あるんです!売れないけどね!と言われた。