2015-06-24

米国のGAOが開催した、3D印刷フォーラムの報告書。

アート経済

米国のGAO(Government Accountability Office/米国政府監査機関)は、HIGHLIGHTS OF A FORUM:3D Printing: Opportunities, Challenges, and Policy Implications of Additive Manufacturing/GAO-15-505SP(3D印刷:付加的な製造の機会、挑戦、および政策的含意)を公開した。

フォーラム参加者は、医学、航空宇宙、および防御セクタで実現された機能的な部分と、議論された利点を生産するために、三次元(3D)の印刷として知っている付加的な製造を用いるための多くの機会を識別した。

例えば、彼らは、カスタマイズされた補綴学を生み出すために、医学の産業が付加的な製造を用いて、移植し、頭蓋で含み、移植すると言った。

患者のためにそれが特に作られるので、部分はよりよいフィットを結果として生じる。

それはよりよい医学結果をもたらす。

航空宇宙産業において、参加者は、エンジンのためのアセンブリ時間とコストを低減する単一の部分として、複雑なジェット・エンジン燃料ノズルをデザインし、生産するために、付加的な製造が用いられると言った。

参加者は、サプライ・チェーン・マネジメントを強化することを含む、付加的な製造のいくつかの未来のアプリケーションを識別した。

参加者はフォーラムを終えて、付加的な製造は従来の製造を取り替えないけれども、むしろ、それがコスト利益パースペクティブから適切な時には、メーカーが使うことが追加のツールであると言っている。

フォーラム参加者は、機能的な部分を生産するために付加的な製造を用いる時、挑戦の広い3グループを識別した。
(1)保証製品品質、
(2)制限されたデザインツールと労働力スキル、および機能的な部分の増大した生産をサポート、
(3)
第一に、それらは、付加的な製造工程の品質管理を改善する必要などの品質部分を建てることと関連した挑戦を識別した。
第二に、彼らは、不十分に熟練した労働力と結合された既存のデザインと分析的なツールが、その可能性をより偉大な革新に差し出すことの付加的な製造とその能力の使用を制限できると言った。

最後に、参加者は、改善された産業のインフラストラクチャーの必要などのマシンと素材のより頑強なサプライ・チェーンを含む機能的なパーツの増大した生産に影響する挑戦を識別した。

フォーラム参加者は、産業挑戦、付加的な製造成長により影響されたエリア、およびトレードオフを含む、付加的な製造の未来の使用に影響するかもしれない潜在的な連邦政策的措置のためのキー考慮を識別した。

潜在的な政府行動における必要で、具体的な政策的措置と、多くの参加者の勧める警告に合意が全然なかったけれども、参加者は、設定する調和標準などの潜在的な政府介入のいくつかのエリアを議論した付加的な製造製品、および政府の役割と、そのゴールについての全国的なダイアログを促進することについての知的所有権の侵害のためのリスクを考慮した。

GAOがこのフォーラムを召集した理由は、
付加的な製造は、商品の生産と配布を根本的に変更する可能性を持っている。

切り離して部分を作成する従来のまたは、ドリルで穴を開けるなどの減法の製造工程と違って、物質的で、付加的な製造は、レイヤーによってレイヤー・プロセスを使った部分を建てる。

付加的な製造がデザインとプロトタイピング・ツールとして使われたけれども、現在、付加的な製造のフォーカスが、機能的なパーツとして、1つ以上の機能などの医学で移植すること、または航空機エンジン・パーツを遂行するパーツで、それの直接的な生産に移る配布と販売の用意ができている。

2014年10月15-16日に、GAOは、全国アカデミーの補助によって、その未来の使用に影響するかもしれないどのような政策的措置のためのその(1)の機会、(2)キー挑戦、および(3)キー考慮でも含む機能的な部分を直接生産するために付加的な製造の使用を議論するために、フォーラムを召集した。

フォーラム参加者は、観点と背景の範囲を表すように選ばれた政府、ビジネス、学界、および非政府組織から、役員を含んだ。

このリポートは、フォーラムとフォーラム参加者の集合的な議論の間に明らかになったアイデアとテーマを要約した。

このリポートは、必ずしも、担当者がGAOを含むフォーラムに参加した組織の眺めを表していない。

参加者は、このリポートのドラフトを批評する機会を与えられて、それらの技術の適切なコメントは含まれていた。

2015-03-26---中国人は、3Dプリンターで製作の電気自動車を公開。
2015-01-07---3Dプリント革命。激変する戦争と外交政策。
2014-12-05---ITの駆使で、サグラダ・ファミリア完成が50年以上の工期短縮。
2014-11-26---ISS(国際宇宙ステーション)で最初の3-Dプリンタ。
2014-09-19---3D印刷された動く自動車。
2014-09-04---ISSは宇宙で最初の3Dプリンタを得る。
2014-07-16---日本の「女性器芸術家」、スパーク討論を阻止。
2014-07-11---氷を3D印刷で彫刻。
2014-05-03---オランダのチームは、3D印刷で、標準サイズの家を作っている。
2013-12-10---米国上院は、10年間プラスチック銃を禁止することを票決。
2013-12-10---これは、あなたの未来です。
2013-12-09---3Dプリンタで話題になり始めたデジタル著作権侵害。
2013-12-03---米国下院は、3D印刷された銃を心配し、禁止することで評決。
2013-11-15---3D Printshowは、パリでファッションが大爆発。
2013-10-22---デジタル・アート作品は、開発より、早く死んでいく。博物館な対応できるか?
2013-10-17---化石のCT立体画像で最古の神経系を確認。
2013-10-15---Amazeプロジェクトを始動。3D印刷の「金属時代へ」
2013-09-30---NASAは、宇宙に3Dプリンタを送り出す準備中。
2013-09-15---V&A博物館は、3D印刷された銃を表示する。
2013-08-01---3Dプリンターで、電気自動車をアートにしてほしい人。
2013-05-31---ISSで、宇宙で初めて、部品を製造する3Dプリンタを実験する。
2013-05-22---キックスタート科学は、可能か?
2013-05-06---3Dプリンターで作られた銃は、殺傷能力があるか?
2013-02-19---個人用無人飛行機時代がやってきた!
2012-11-21---3Dプリンタで注目されたKickstarterが、特許違反で訴えられた。
2012-10-03---ディズニーは、おもちゃのために3D印刷された照明を開発。
2012-09-20---Replicatorのメーカーは、3D印刷技術をマンハッタンで宣伝。
2012-03-13---3Dナノ・プリンティング速度記録、ウィーン大学が達成!
2012-02-06---移植用のあごが、初めて3Dプリンタで作られた。
2012-01-26---家庭での3D印刷が拡大するとともに、新しい著作権問題が浮上!