2015-06-24

中国が、米国に、「離れろ!」と警告した理由。

戦争と平和経済政治

BBC Newsは、南シナ海の島のグループは特に重要に聞こえないかもしれないけれども、土地のこれらの最近形成された断片は、北京の未来軍隊戦略でキーになるかもしれないと、BBC Newsの東京特派員Rupert Wingfield-Hayesは指摘した。

Rupert Wingfield-Hayesが、数週前まで、南シナ海が、世界中のほとんどの人々が、多く考えた場所ではなかったと報告した。

中国オタクでない限り、たぶん、それらをほとんど耳にしなかったと言っている。

しかし、今日とあなたののどぼとけスプラトリー島は記事の突然の大洪水を見つけて、すべて、同じ種類の感傷を宣言する。
「中国と米国は、衝突進路にあり、それは戦争に終わるかもしれない!」と言っている。

中国の侵攻は、弱腰オバマを見抜き、攻め時と気が付いている。

すぐではなく、たぶん、いつでも、とにかく、それを、することができたか?

しかし、何が南シナ海に進むかがまだ非常に重要である。

もちろんこれすべてが中国のまわりにあることというよりも中国の意図のまわりにある。

2千年の間、最もよい部分として、中国はアジアで支配的なパワーであった。

しかし、イギリス人と来たヨーロッパの拡張、およびポルトガル人、オランダ人、フランス人と、もちろん中国の岸の産業革命の到着と一緒に、結局中国は、大火傷をした。その膝その宮殿は切り分けられた。
イギリスから供給されたアヘンに夢中なその人々に持って来られた。
そして来た 革命、内戦、世界大戦、別の革命、および30年の毛沢東主義者狂気 。

現在は、最終的に、それらの2世紀のカオスから出現する中国である。

それはもう一度裕福で、結合されて、強い中国。

そして、中国がアヘンにやられたように、米国は今、麻薬に溺れ始めている。

私達の誰も、それが何を意味するかを本当に知らない。

1つの理由が、中国の秘密主義の共産党リーダーシップにより決して、その意図が誰にでも話されないことである。

そして、私達は、「中国茶の葉」を読むことを任せられて、中国がしようとしている、その意図を考え出そうとするものを見る。

そして、それは東京特派員Rupert Wingfield-Hayesを南シナ海に連れて来た。

それの南の地域は、近くにフィリピンと、危険なサンゴ礁、岩石、および砂州のためドットを付けている。

島と呼ばれるように、一握りだけが十分に大きい。

中国、ベトナム、およびフィリピンは、数十年間、誰がそれらを所有しているかについて口論している。

しかし、昨年、突然で、ドラマチックな変化があった。

フィリピンの海軍によりとられた航空の写真は、中国人にコントロールされた岩礁のうちの1つから離れて停泊した浚渫船の群団を示した。

人工的な島を形成するためにそれらが、数百万メートルトンの素材を岩礁に汲み上げるのが見られた。

Rupert Wingfield-Hayesが小さい役割を果たした後、メディア熱狂は続いて起こった。

Rupert Wingfield-Hayesは、自身の目で意外な新しい中国島を見る最初の西のジャーナリストであることとして。公正な主張を持っていると思うと言っている。

しかし、Rupert Wingfield-Hayesは、過去の歴史を肌で感じていない。

2014年7月に、Rupert Wingfield-Hayesは、それらを見つけようとするために、フィリピン人漁船で出発した。

ある朝に、フィリピンの沿岸から300海里離れる重い膨張をかき分けて進むことによって、私達は、そこでRupert Wingfield-Hayesのチャートが言った所で前にどれもであったはずがない突然土地を見た。

最新のフィリピン海軍フライトでさえこの特定の岩礁の少しの仕事も検出しなかった。

しかし、そこで、その場所の土地の真新しく、黄色っぽい断片は、ガバン岩礁と呼んだ。

2015年、中国の島への仕事はドラマチックに加速した。

2,000エーカーを超える新しい土地は、6つの岩礁で作成された。

4月の新鮮写真において、それに置かれはじめる滑走路のアウトラインを示される。

従って、中国は、その上で、何をするためであるか?何人かのプロ北京学者が、島が両方の軍隊および民間の使用に向いていると主張しようとした。

彼らが言う漁師に燈台とシェルターがある。

たぶん北京は、漁師を助けるために、それ自身の沿岸からUS$数十億を莫大な開墾数百マイルに使っていない。

これらの島は軍隊であり、戦略的である。

中国は、南シナ海の全体を要求する時に一人である。

今や、それは「グラウンドの事実」を作成している。

その滑走路は観光客フライトに向いていない。

数週前、米国監視飛行機は新しい島に近く意図的に飛んだ。

クルーは、即時で、怒っている中国反応を記録した。

「外国の軍用機、これは、中国の海軍である」 オペレータは[あなたは私達の軍隊の警告ゾーンに接近している。直ちに去りなさい!」と発表した。

警告は、無線オペレータが、早口で言うことを残されていたこと、「あなたは出て行け!(You go!)」で、成長立腹によって繰り返された。

中国が、それ自身の岸から島を、沈められた岩礁no遠くに、築き、それから、それらを軍隊正しく機能していずゾーンと宣言できると伝えている。
国際法に何もない。

しかし、それは、北京がそうすることを防いでいない。

そして、その問題は再び生じる。

中国の意図は何であるか?それは、本当に、南シナ海の全体についてのその主張を実施しようとするために、これらの島を使用するつもりであるか?
それは、本当に、これらの水域と領空に入ることから米国を含む他の軍隊を除こうとするか?
もし、そこでそうし続けるなら、トラブルである。

黒人大統領は、武力外交に弱いことが明らかになっている。

ブッシュ弟が、大統領選で訴えるなら、弱い米国からの脱却である。

米国が、中国に攻め込むことを否定しない軍事力!強いアメリカである。
それ以外では、クリントンおばあちゃんに勝てない!

中国は、すでにゲームを始めている!

アメリカは、経済の後ろに隠れて、逃げている。

中国は米国に、勝利宣言をした!

TPP(Trans-Pacific Partnership/Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement/環太平洋経済連携協定)が陳腐化する。

2015-05-30---米国は、中国のシナ海における脅威を告発。
2015-05-30---米国の条約は、人間性で、世界の4分の1防御を義務づけられる。
2015-05-22---中国、米軍偵察機「追い払った」と勝利宣言!
2015-04-17---中国、南シナ海の人工島に滑走路を建設!
2015-03-31---中国は自国を拡大するため、南シナ海に島を作る!
2015-03-19---中国と日本は、知恵の輪のような4年で最初のセキュリティ会議を保持。
2014-10-14---なぜ、米国海軍は仮想敵国中国の演習をするのか?
2014-08-22---米国は無謀な中国パイロットのスクランブル攻撃を非難。
2014-05-11---中国、南シナ海でベトナムに強硬姿勢の狙い。
2014-04-23---論争の的になっている小さな島のために、中国は戦争をするのか?
2014-04-23---オバマ大統領は、アジアの旅行が始まるとともに日本の島を支援すると誓った。
2014-04-16---メタンハイドレートは、汚い燃料か?あるいはエネルギー救済か?
2014-04-13---石炭ガス化は、将来のクリーンエネルギー?
2014-03-03---中国がトップ・トレーダーになるために、自己満足の理由を見つけない。
2014-02-25--フィリピンは、中国の沿岸警備隊が漁師に放水砲発射で抗議!
2014-02-23---香港の送金業者は、フィリピンへの送金手続きで戦争になる。
2014-02-09---景気上昇の中、アジア-パシフィックの防衛費を押し上げた。
2014-02-01---怒らせると報復する中国式「いじめ外交(China's bullying economic diplomacy)」
2014-01-10---米国は、中国の新しい海規則が「挑発的」であると言った。
2013-12-26---なぜ?安倍晋三首相は、靖国神社へ行ったか!
2013-10-31---尖閣ブーメラン。
2013-10-26---安倍晋三首相は、日本が中国に抵抗すると言った。
2013-09-11---日本企業のインドネシア投資、さらにサービス業でも拡大。
2013-09-10---中国は「危険な客」
2013-09-06---香港の大富豪李嘉誠が、中国の資産を投げ売り!
2013-08-26---米国はインドネシアヘ、最新AH-64Eアパッチ攻撃ヘリコプターを売った。
2013-03-26---ベトナムは、中国が漁師に発砲したことで非難!
2013-01-31---フィリピンは、経済が6.6%を拡張するとともに、成長目標を打ち破った。
2013-01-22---フィリピンは、国連法廷で中国による南シナ海領有権主張に挑戦。
2013-01-08---中日韓3カ国連携の最大の障害は米国!?
2012-11-21---フィリピンは、南シナ海の論争で4カ国の会を召集した。
2012-11-14---中国の新しい将軍は、戦争未経験者が多い。
2012-10-20---ついに、問題の水域南シナ海に、米国空母が巡航。
2012-10-19---今度は、中国が東シナ海で、海軍の練習を行なう。
2012-10-18---だれが、米国のオーナーか?
2012-10-14---日本の海軍は、中国と小競り合いの中で、軍艦を披露。
2012-10-12---「沖縄中国論」を主張する中国の強硬派。
2012-09-26---フィリピン、最優遇条件で中国からの逃避日本企業受け入れ!
2012-09-25---日本・中国の外務大臣は議論された島をめぐる苦しい対立で会談。
2012-09-25---中国は日本との島会談で主権を警告。
2012-09-24---釣魚島問題で、不動産業でも日本製品不買。
2012-09-23---中国は一方的に、日本との外交イベントをキャンセル!
2012-09-20---日本企業、中国工場の操業再開。
2012-09-18---世界中が、中国の反日抗議行動に注目している。
2012-09-18---中国の反日暴動、日系家電不買拡大。
2012-09-17---中国の反日本抗議で、日本のいくつかの会社はオペレーションを停止。
2012-09-16---中国で吹き荒れる反日本暴力。どうなっている中国人!
2012-09-14---尖閣湾列島の近くを航海する中国の監視船。
2012-09-11---特許紛争は、アップルのサムスン離れ加速!
2012-09-05---NECが、Lenovoの株を売却し、Lenovoの株下落。
2012-09-12---存在感のため、中国の海爾はFisher & Paykelの買収を始めた。
2012-09-04---アディダスの中国委託工場、契約終了通告。
2012-09-03---シャープは、鴻海販売価格で、株価が下落。
2012-08-30---中国の多国籍大手、中国撤退が加速!
2012-08-24---低温多雨で、中国のエアコンが低迷。
2012-08-23---アディダスの契約終了で、中国生産受託300社が集団賠償請求!
2012-08-23---中国で、日本メーカーのテレビ販売崩壊!日本はラクダ?
2012-08-21---蘇寧電器、国美電器、週末販売300%増!
2012-08-21---低所得農家20%と高所得農家20%は所得差が10.19倍。
2012-08-20---ウォルマートとカルフール、中国での出店ペースを減速。
2012-08-15---シャープの株価は、損失を悪化させる恐れで、さらに下落!
2012-08-13---蘇寧と京東、ネット史上最大規模で価格競争を展開すると宣言!
2012-07-26---中国上半期の都市部住民可処分所得。
2012-07-25---ノキア、段階的中国事業撤退を継続!
2012-07-20---ロンドンでオリンピック公式スポンサー名を言えば言うほど不可思議!?
2012-07-20---中国唯一のアディダス自社工場を閉鎖!
2012-07-17---ノキア 中国での人員削減計画発表!
2012-07-03---日本の部品メーカー、中国などに分散化!「キャラバン資本主義」
2012-06-29---韓国は日本との歴史的な軍事条約をドタキャン延期。
2012-05-17---企業は、人件費高騰でも人手不足の北京で 「90後(90后)」引き止めに必死!
2012-05-12---中国は南シナ海での戦争を準備していることを否定。
2012-05-10---中国敵は、先日まではベトナムだったが、今度はフィリピン!
2012-05-07---中国の女性アナ大失態!「フィリピンは中国の領土」?
2012-04-14---パキスタンのファッションショーとモデル!
2012-03-04---中国軍事予算は、最高のUS$1000億!
2012-02-28---上海市はさらに、4月から月1450元へ最低賃金引き上げ!
2012-02-20---Foxconn、iPadとiPhoneのスタッフ16-25%の賃上げ!
2012-02-08---中国の最低賃金水準は、2015年までに13%引き上げ!
2012-02-08---中国の春節明け第1週の人材募集、過去最高186万人!
2012-02-08---中国雇用主の8割が、「今年は6%以上賃上げ」。
2012-02-06---中国、春節明けに転職が激増し、労働力不足が深刻化!
2012-01-08---フィリピンは、中国船がスプラトリー島の領海侵入で非難!
2011-12-13---10月のフィリピン輸出品は、14.6%の下落。
2011-11-06---アディダスのWebサイトにサイバーテロ攻撃!
2011-11-06---第1回カンボジア・ファッション・ウィーク2011!
2011-09-25---巨大人口の中国で、労働力不足の時代がやって来る!?
2011-07-11---中国の深セン市で、最低賃金13.2%アップで月額1423元。
2011-07-01---中国共産党創設90周年!
2011-06-29---中国の最低賃金、今後5年で年13%以上引き上げ!
2011-06-14---ベトナムは、南シナ海の兵力を増強!
2011-06-09---ベトナムと中国のスプラトリー諸島紛争は、サイバー戦争にも点火!
2011-05-30---ベトナム、海域紛争で中国を起訴。
2011-05-25---日本大手企業の生産拠点が、中国に移動!日本は中国の営業マンとして活躍するチャンス!
2011-05-01---最低賃金を楽しむ香港の労働者達。
2011-04-12---ノキアは、40% 近くの人員削減が可能になった!
2011-04-12---Foxconnは今年から、ブラジルでiPadを組み立て始める!
2011-04-05---北京市が外資企業の賃金は、中国企業の最低賃金の1.5倍以上を明示!
2011-03-02---ノキアは、新しい工場をベトナムでオープン!
2010-10-27---インドのモバイル電話検索で、ノキアが一番!
2010-09-20---どうなる中国の共産資本主義。
2009-09-18---「日王」と「天皇」の間。
2008-04-09---Nokia社、「キャラバン資本主義」でボーフム工場閉鎖。
1894-08-01---日本と清国は互いに宣戦布告した。
1931-09-18---関東軍、柳条湖付近の南満州鉄道を爆破した。
1932-03-01---満州国が建国宣言した。
1936-12-12---蒋介石を監禁した「西安事件」が起きた。
1962-11-09---「日中総合貿易」覚え書きに調印した。
1972-11-04---雄のカンカンと雌のランランのパンダ歓迎式典が行われた。