2015年06月21日

スウェーデンのミイラ化した司教を詳しく調べたら、赤ちゃんが隠されていた。

宗教

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、科学者は、336年前のルンド大聖堂にある司教ペダー・ビンストラップ(Bishop Peder Winstrup in Lund cathedral/Lunds domkyrka)の数フィートの驚異的に完全に保存された遺体の下に隠された5ヶ月の胎児の遺骨を発見したと報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

司教ペダー・ビンストラップは、スウェーデンのルンド(Lund in Sweden)で壮大な大聖堂の地下室の彼の棺に静かにあり、中に彼の足元では秘密を隠した小さい赤ちゃんの遺体があった。

科学者が、棺およびヨーロッパの最もよく守られた17世紀のボディのうちの1つであるように信じられた司教ペダー・ビンストラップのミイラ化されたボディを詳しく調べた時には、小さな死体〈時期尚早に数ヶ月で誕生した赤ちゃんがあったことが初めて明らかにされた。

「私達がCT走査を実施した時の主要な発見物のうちの1つは、棺でWinstrupさんが一人ではないことであった」と、、ルンド大学の歴史の美術館のディレクターであるペル・カルステン(Per Karsten, director of the historical museum at Lund University)が言った。

「実際、彼は、仲間、小さい子供、人の子供の5ヶ月から6ヶ月までの年齢の胎児を持ち、それは棺の底で彼の足元で意図的に隠された。従って、たぶん、関係がある。」

この発見が、完全な驚きとして、科学者は、ペダー・ビンストラップの生涯についての豊富な情報を見つけることを予定したこと、および17世紀の社会的なスウェーデンの条件ついての疑問が来た。

大聖堂の地下室の課している棺は、前に数回開かれたことがあり、約1世紀前とられたモノクロ写真は、残りの顕著な条件を示した、完全に守られた彼の衣服、および縮むけれども、まだ肖像から認識可能な彼のひげがある顔にもかかわらず。
より早い調査は、棺を半分で満たしたハーブの深いレイヤーに埋められた赤ちゃんを恋しく思った。

DNA鑑定は、ビショップと赤ん坊が、それらが関連するかどうかを知るように計画される。

もしかすると、司教の隠し子か

たとえ時期尚早に数ヶ月で出産して、それにキリスト教の休息場所を与えるために、それに誰かがビショップの埋葬を利用して、カルステンが赤ちゃんうぃどのように信じても、神聖化されていないグラウンドの埋葬のために違法で、運命づけるかもしれない。

ペダー・ビンストラップは、現在世界でトップクラスの100人に位置している。
1666年に、学者、科学者、コレクター、および神学者、およびルンド大学の創立者のうちの1人であった。

彼は1638年にルンドのビショップに任命されて、1679年にデンマークからスウェーデンのコントロールに移されて、死ぬまで、教区と領域で司教のタイトルを保持した。
たぶん、研究は、痛風を含むいくつかの長いおよび痛い病気の後の肺炎の間に、関節炎、胆石、彼の心臓に影響したであろう飾り額、およびことによると結核であったかもしれないことを明らかにした。

彼の裕福なダイエットの1つの結果で、彼が、彼について、彼の時代でほとんどの人々に拒まれたコストを見積もる砂糖にアクセスできたことが、いくつかの残留1の多くの歯と腐敗の損失であった。

「胆汁膀胱はいくつかの胆石も持っている。それは脂肪分が多い食物の高い消費を示すことができた。」と、プロジェクトに取り組んでいる骨学者キャロライン・アールストローム・アーチニ(Caroline Ahlström Arcini, an osteologist working on the project)は言った。

彼は、肩の腱に傷があり、彼の毛を漉くかか、またはシャツを着るときなど、彼が簡単な仕事のときさえ苦労をしたことが意味されたであろうことを、彼女が言った。

棺は、現代科学テクニックを、顕著な条件にあると知られているボディに適用するために開かれた。

科学者のための他の驚きは、ボディが防腐保存されなかったことであった。それはもちろん外ですべてのその内臓を乾燥した。

ビショップは、トショウとニガヨモギを含むハーブが詰められるマットレス、およびホップの枕で葬られたと科学者が信じることについて, ただにおいをマスキングしなかったけれども、残りを守るのにも役立っていた。

色は薄れたけれども、彼の衣服は、また、ビロード製の岬と革Grabを含んで完全に守られた。

より多くのテストは計画されるけれども、2つのボディは結局、一緒に再葬られると報告している。

ルンド大聖堂(Lunds domkyrka/Lund cathedral)のGoogle Earthポインター情報
Kyrkogatan 6
222 22 Lund

55°42'14.2"N 13°11'35.3"E
または、
55.703944, 13.193142

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。