on-the-time.jp

2015年06月23日

オーストラリアの沿岸で、20ftウバザメは、偶然、捕まえた。

自然

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、長さ20ftのウバザメ(basking shark)は、偶然、オーストラリアの沿岸から、漁師によりつかまえられて、博物館に連絡され、科学者の間の興奮を起こしたけれども、保護論者が怒る。

世界の中で2番目に大きい魚に分類されて、種は、食物、革、オイル、垂直安定板、および伝統的な医学のためにターゲットとされて、「脆弱」として分類されている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

ウバザメはオーストラリアの水域でめったに見られず、モデルがディスプレイに行くように部分が使用される前に、ポートランド(Portland)でつかまえられた魚はビクトリア博物館(Museum Victoria)で科学者により研究されている。

それはクレーンで測定された後に、20ft(6.3m)で、2.6メートルトン魚を港から持ち去った 。

博物館のスポークスマンは、Facebookに、「運のない人」がつかむのを手紙で知らせて 「たくさんの興奮を起こした」 、小さいチームは、測定するために、ポートランドに旅行し、種について学ぶために、有益なサンプルを死骸から取採取した。

ステートメントで、雄のサメは、それが、クルーがもうかる肉または垂直安定板取引として魚を売る代わりに博物館に連絡した釣りトロール船に乗って引かれた時までに、すでに死んでいた。

「この種についての科学の研究を実施することは、まれな機会を提供する。」と、スポークスマンは付け加えた。「これは保存努力および生物学の研究について、ビクトリア博物館が援助する。」と言った。

ビクトリア博物館により、2015年6月22日月曜日展示される
組織、胃内容物、および皮サンプルは、それが残っていたことと、それが食べたもので明らかにすることができたDNAと同位元素分析のために、月曜日にウバザメから取り去られた。

その頭、垂直安定板、尾部、脊椎、あご、および歯は、鋳造された実物大のモデルを作るために、メルボルンに輸送された。

ビクトリア博物館は、それは、状態の野生生物を文書化することの160年より多くで、3匹のウバザメに遭遇するだけで、そのほとんどは小さい歯と皮サンプルに表されていた。

魚類学(マーティンGomon博士)のシニアのキュレーターは言った:「これらのまれな遭遇は、より広い保存および生物学の研究を助ける知識の行方不明の断片の多くを提供できる。」と言った。

ビクトリア博物館により2015年6月22日月曜日に貼り出される
博物館の脊椎動物の動物学コレクションマネジャーのダイブレイ(Di Bray, the museum's vertebrate zoology collection manager)は、エリアでめったにウバザメが見られないので、研究者がそれらの数のアイデアを全然持っていないと言った。

オーストラリアのサメ保存グループ「Save Our Sharks」は、偶然他の魚のために意図されているネットでつかまえられた後に、毎年数百万匹のサメが死ぬという主張を訴えた。

「それらを保護するための高く公表されたキャンペーンの後に、イルカなどの他の種の過ぎるキャッチが傾いていた間、サメの不相当の悪い評判が、この無駄で、破壊的な実行からそれらを保護する努力の速度を落としている。」と、スポークスマンは言った。

Twitterの1人の保護論者がウバザメの死を「sickening」と呼び、ビクトリア博物館のFacebookページを批評している人々は、それが、「無差別に殺される」ことでであり、持続可能な釣りのためのよりきつい規則を要求すると言った。

「偶然(accidentally)」と言う言葉が多過ぎるので、疑いたくなる。

彼らがプランクトンを食べて、人に無害であると言った種をイギリスのグループThe Shark Trustは、「優しい巨人(gentle giants)」と呼ぶ。

ビクトリア博物館(Museum Victoria)のGoogle Earthポインター情報
38°21'06.1"S 141°36'29.4"E
または、
-38.351703, 141.608175

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。