2015-06-24

KFCは、DNAテストにより、『ねずみ』がチキンであったことを証明する。

食品健康教育美容と医学の科学

BBC News、イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、実際先週1人のアメリカの人が彼の食事に発見したたっぷりの油で揚げられた『ねずみ』がチキンの断片であったことが判明するので、KFC(Kentucky Fried Chicken/ケンタッキーフライドチキン)ファンは喜んでいると報告した。

KFCは、その証明のため、全社が総動員されたような騒動になっていた。

25歳のカリフォルニア州ロサンゼルスのボライゼ・ディクソン(Devorise Dixon, from Los Angeles, California)は深く、人騒がせ写真を彼のFacebookページに貼り出した。
それは、パン粉をまぶされた、たっぷりの油で揚げられたねずみのようま怪しげに見える彼のKFC料理からチキンの断片を示した。

ディクソンは、彼が怪しいナゲットにかぶりついたら、それが、「非常に激しさとゴムのように弾性がある。」ことに気づいたと主張した。

彼は、「それで私がうつむくと、私は、それが尾部のねずみの形であることに気づいた。」と言った。

数万回共有されたFacebookポストにおいて、彼は「それは弁護士のための時間である!」と書いた。

数百万人が病的に魅了され、人々の注意を捕らえた彼のむかつかせるもの写真が、世界中のヘッドラインにされた。

しかし、KFCの法務部は容易に休むことができるはずである。ABCニュースに与えられたステートメントにおいて、会社は、ディクソンの弁護士が、独立な試験室でテストするため、ナゲットをわたしたと言った。

DNAテストが続いていたこと、およびナゲットが、まさに明白な齧歯類形であるけれども、ずっと チキンであった 。

奇妙な場所に現れている死んだ動物より多く注意をオンラインでスプーンでかき混ぜる何もないけれども、それは、この特定の物語がフライングであったように見える。

そう言えば、フライングのついでに、私が光と影(hikari-tokage/光トカゲ)の話しを聞いたのは、ダッカ事件の関係者という赤軍派のテロリストと名乗る男で、逃亡中であると言って、スリランカの近くで会ったのが最初であった。
彼は、ブラスでできたぴかぴかに磨かれたトカゲを見せてくれ、これが「光トカゲ」だと言っていた。
モノクロではなかった!金色であった。
私が持っている「光トカゲ」は、銀色で、ブルーの宝石の目でできている。これもモノクロではない。
しかし、私はそれがトカゲではなく、家を守ってくれる神ヤモリ(屋守)であると信じている。
ブラスでできたぴかぴかに磨かれたヤモリが2匹絡んで子供を作っているネックレスも持っている。

トマトの缶から、死んだトカゲ!と言うが。トマトの缶から、死んだヤモリ!だろう。
ヤモリは、蚊を食ってくれるので、マラリアからの守り神でもある。

2015-06-17---KFCで、『たっぷりの油で揚げられたねずみ』を本当に発見したか?
2015-06-05---トマトの缶から、死んだトカゲ!

Related Dates