gaYa広告

6月23日

オリンピック・デー(Olympic Day)

スポーツ

チェコスロバキアでIOC委員であった教授ヨーセフ・グルス博士(Professor Dr. Josef Gruss/1884-1968, IOC member in Czechoslovakia)によって1947年にストックホルムで開催された第41回IOC総会(41st Session of the International Olympic Committee in Stockholm)に「オリンピック・デー(Olympic Day)」が提案され、1948年1月のサンモリッツの第42回IOC総会(42nd IOC Session in St Moritz)の際にいくつかの案が採択されたことにより、祝って、6月17日〜24日を選択するように要求した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

しかし、近代五輪の父と呼ばれるフランスのクーベルタン男爵(Pierre de Frédy, baron de Coubertin/1863 - 1937)が、オリンピック競技大会の復興を提唱し、1894年06月23日にパリのソルボンヌ(Sorbonne, Paris)でIOC(International Olympic Committee/国際オリンピック委員会)が誕生したので、毎年06月23日を「オリンピック/デー(Olympic Day)」が制定された。

最初のオリンピック・デーは、その時点のIOC会長ジーグフリード・エドストレム(Sigfrid Edström, IOC President/1870 - 1964)によって1948年6月23日に祝われた。
また、世界の若者にメッセージを伝えた。 ポルトガル、ギリシャ、オーストリア、カナダ、スイス、イギリス、ウルグアイ、ベネズエラ、ベルギーは、それぞれの国でオリンピック・デーを開催した。

オリンピック憲章の1978年版(the 1978 edition of the Olympic Charter)では、IOCと、すべてのNOCは、オリンピック・ムーブメントを促進するためにオリンピック・デーを組織し、初めて推奨した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。