on-the-time.jp

2015年06月21日

アフリカのハイ髪型。

ファッション

BBC Newsは、コートジボアールの都市アビジャンで開催されているアフリカ・ショー( Afrik show in the Ivorian city of Abidjan)で登場した持ち上げられ、カールされた髪などを紹介した。

アート設備のように上に持ち上げられたミツバチの巣箱、打ちひもなど、ワーと言ったファッショニスタが登場した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

欧米ファッションが、大きな壁に当たった現状で、アフリカ・ファッションは、さらに過激になっている。

それらはディユドネ・セナト(Dieudonne Senato)がすべてを作成した。

コートジボアールのヘアスタイリストで、メーキャップ係で使用の毛拡張と、均一な妖精は、彼のデザインのために点火する。

そのこの1は、毛を円筒形のアクセサリに巻き付けることを伴っていた。

それはファッション通路をモデルのための繊細な釣り合いの行為になった。

毛を適所に保持している素晴らしい網作りは、また、いくつかのデザインの一部になった。

そして、いくつかが18世紀のフランス、および1960年代のミツバチの巣箱でポピュラーなパフスタイルと似ていた。

もう、ヨーロッパやアメリカではなくなったのかもしれない。
このファッションをアメリカの人種差別主義者は、どう取るのだろう。

イブ・サンローランが生きていたら---

2014-11-27---ルワンダの心をもったファッション・デザイナー。
2014-05-30---ガーナの伝説的なカリスマ・ファッション・デザイナーの追悼。
2014-03-20---世界全体からの売り上げを作るため、エチオピア・ファッションが動き出した。
2014-02-03---ナイジェリアの藍染めインジゴ染物師の将来。
2013-08-03---ロンドンで開催されたアフリカ・ファッション・ウィーク2013。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する外部のサイト