2015-06-18

トヨタの米国人女性役員、麻薬輸入容疑で逮捕。容疑否認。

麻薬とメディア

朝日新聞デジタルは、麻薬を米国から違法に輸入したとして、警視庁は2015年06月18日に、トヨタ自動車常務役員(Managing Officer and Chief Communications Officer Toyota Motor Corporation)の55歳ジュリー・ハンプ(Julie A. Hamp)容疑者を麻薬密輸入による麻薬取締法違反の疑いで逮捕したことが、警視庁への取材でわかったと報告した。
ジュリー・ハンプ容疑者は「麻薬を輸入したとは思っていません」と容疑を否認しているという。

[AD] You can advertise on this site.

組織犯罪対策5課によると、ハンプ容疑者は2015年06月11日に、米国から日本に麻薬成分を含む錠剤57錠を輸入した疑いがある。
空輸された宅配便を東京税関が調べたところ、麻薬を見つけたという。
警視庁は、ハンプ容疑者が麻薬を個人的に利用するために輸入した可能性があるとみて、経緯を調べている。

彼女はニューヨーク州クイーンズ(Queens, NY)の出身で、ミシガン州簿フェリス州立大学(Ferris State University)で、通信でB.S.を取得している。
さらに、を卒業している。
そして、彼女の大学院生の研究は、アジアの研究の強調で、GM-ハーヴァード・ビジネス・スクールの開発計画相談役(GM-Harvard Business School’s Executive Development Program)の参加を含んでいた。

ハンプ容疑者は、スイスのチューリッヒにあるゼネラル・モーターズ・ヨーロッパ(General Motors’ European region in Zurich)社の副社長に就任し、米国自動車最大手のGM社コミュニケーション役員(GM corporate communications strategy boards/ゼネラル・モーターズ・コミュニケーション役員)とGMEとして、27カ国でメディアへの対応を専門にして、GMをはじめ、Saab、Opel、Vauxhall、Chevroletに対応してきた。
トヨタの前には、PepsiCoに居て、2012年にはTMA(Toyota Motor North America, Inc./北米トヨタ)副社長として就任し、広報などを担当していた。

2015年04月01日付で常務役員に初めて起用したばかりであった。

また、2015 Most Promising Women Entrepreneursにもノミネートされていたが、麻薬中毒であった?

今回の教訓は、アメリカ人は麻薬が絡むと言うことかもしてない。

Chief Communications Officer, North America
Toyota
2012 年 6 月 – 至今 (3 年 1 个月)

SVP, Chief Communications Officer
PepsiCo
2007 年 12 月 – 2012 年 3 月 (4 年 4 个月)Purchase, NY

VP Communications
General Motors Euope
2006 – 2008 (2 年)

Vice President Communications, Europe
GM
2006 – 2008 (2 年)

General Director Communications
General Motors Latin America, Africa and Middle East
2004 – 2006 (2 年)

General Director Vehicle Sales, Service and Marketing Communications
General Motors
2001 – 2004 (3 年)

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.