on-the-time.jp

2015年06月14日

イギリスのスパイは、スノーデン・ファイルが解読され、移動した。

政治経済犯罪と裁判モバイル・マネー

BBC Newsは、シニアの政府筋が、ロシア、中国が機密情報にアクセスできることが明らかになったと、BBCに話し、そのためイギリスのスパイは移動したと報告した。

サンデー・タイムズ(Sunday Times)によると、モスクワと北京は、内部告発者エドワード・スノーデン(whistleblower Edward Snowden)により盗まれた文書を判読した。

政府筋が、活動しているエージェントに通じていた国の「情報がある」とBBCに話したけれども、 だれも傷つけられたとか、何かがあったということはないと付け加えた。

スノーデンは2年前データを漏らした。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

CIA契約者は、2013年にアメリカのスパイによって、広いインターネットと電話監視の漏れ詳細をメディアに任せた後に、現在ロシアに住んでいるた。

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」が2013年6月に、彼の情報はNSA(US National Security Agency/米国国家安全保障局)が数千万人のアメリカ人の電話レコードを収集していると報告して、国際的なヘッドラインになった。

スノーデンさんは、彼が米国を去る前に170万の秘密書類をダウンロードしたと考えられている。

政府筋は、ロシアにより得られた情報を、中国は、「どのように私達が働くかの知識」で、イギリスの「生命の情(vital information)」を得ていることをやめさせた意味があった。

BBC政治的特派員クリスメーソン(BBC political correspondent Chris Mason)は言った。
イギリス当局のための問題は。直接的な結果であり、エージェントは行動したけれども、それらのエージェントの機会コストで、もう、それらが有益な仕事をしていた位置にいない。

スパイ役員は、長い間、彼らが、人々をイギリスの安全に引き留めることへのスノーデンと、その潜在的なインパクトにより漏らされた情報の危険と考えるものを警告した。懸念したデイビッド・キャメロン総理大臣(Prime Minister David Cameron)は、彼が分担すると伝えていた。

サンデー・タイムズによると「モスクワは、100万を超える分類されたファイルへのアクセスを得た」の後に、スノーデンにより保持された西洋の諜報機関は、「敵対的な国」からエージェントを引き出すことを強制された。

「シニアの政府筋は、中国がクラックし、イギリスとアメリカのスパイを識別することを可能にできた秘密のスパイ・テクニックの詳細と情報を含んでいる暗号化された文書にも入れたと確認した」と、新聞は付け加えた。

これは2013年までに、イギリスとアメリカのスパイが暴露されたと言うことで、いずれダークWebで販売されることになる。

サンデー・タイムズのストーリーを共同で書いたティム・シップマン(Tim Shipman)は、BBCに「スノーデンは、『悪い誰も私情報をつかまえなかった。』と言った。」と話した。

「同様に、ロシア人と中国人には、私達の情報をもっている。機関は、内務省のダウニング街の人々により横柄に話されるすべてのこの情報を持っている。」

および、それらの生命が危険になるので、それの結果、私達のスパイがフィールドから人々を引き出す必要がある。

「政府の人々が深くイライラしているこの男は、すべてこの情報を世の中に置くことができた。」

イギリス諜報機関GCHQの元のディレクターであるデイビッド卿オマンド(Sir David Omand, former director of UK intelligence agency GCHQ)は新聞に、事実を言うことによってロシアと中国が情報を持っていたイギリス、米国、およびそれらのNATO同盟国に「傷」であった「莫大な戦略的な妨げ」であった。

前者の海軍ヘッドで、および現在の労働仲間提督ロードウエスト(The former head of the Navy and current Labour peer Admiral Lord West)は、スノーデンを「反逆者」と呼び、今や、テロリストと犯罪者を監視することがずっと困難であると言った。

彼の行動でロードウエストはBBC 5 Live Breakfastで、「私達のうちのすべてが、単一の1人を安全 にされる。」と話した。

その間、自由党のディレクターであるシャミ・チャクラバルティ(Shami Chakrabarti)は、結合の多くための米国で、スノーデンが許された大量の監視の本当の範囲を明らかにする時に、公務である米国で、彼はロシアに行く必要はなかったであろうと言った。

それは、イギリスのテロ・ウォッチのデイヴィッド・アンダーソンQC(David Anderson QC)が、スノーデンの新事実により引き起こされた監視についての公的な懸念で、中央に設定されたテロ立法レビュー(review into terrorism legislation)を出版した2日後に来た。

彼は、セキュリティサービスの能力についての国で必要とするクリアな新しい法律をモニタオンライン活動に言い、終えて、現在の状況は、 「非民主的な、不要である。」「および-長い目で見れば-耐えられない。」ことであったと言った。

2015-06-14---米国国防総省から、リクルートを受けた日本人が居た。
2015-06-14---2013年までの米国とイギリスのスパイ身元特定の危機!
2015-06-11---イランの核問題で、スイス人とオーストリア人へのサイバー攻撃を精査。
2015-03-31---日本は,独自のCIAを熟考中!
2015-02-26---日本は,海外でのスパイ活動で、MI6やCIAのように支える。
2015-02-24---米国は、ロシアのハッカーに逮捕の懸賞金US$300万を提供。
2015-02-16---多くの会社が、ペイメントで、セキュリティに対するオバマ呼び出しに参加。
2015-01-19---イギリスの諜報機関GCHQ、大手報道機関の記者メールを傍受。
2015-01-19---NSAは、ソニー攻撃の前に北朝鮮のネットワークをハック!?
2014-12-02---スノーデンはスウェーデンで、ノーベル賞の代わりを受け取った。
2014-11-24---非常に高度な内密トロヤンは、目標で何年もの間隠れて収納されていた。
2014-11-24---英米政府が関与しているかもしれない政府・企業狙う高度なスパイウエア発見。
2014-10-29---サイバー攻撃被害、今後10年間でさらに悪化。
2014-10-22---MI6で秘密だが、スパイとして働くのはどのようなものか?
2014-08-16---今度は、ドイツがケリーとクリントンを盗聴。
2014-07-12---中国の国民は、米国の軍事のデータを盗む計画でハッキングを課された。
2014-07-05---ドイツをスパイするので逮捕した後、米国の大使は呼び出された。
2014-06-04---ドイツは、メルケル首相の「電話盗聴機」を調査する。
2014-05-21---米国サイバー窃盗罪と中国のメディア。
2014-05-19---米国司法省、中国の部隊に対し、米国企業に対するスパイ行為で起訴!
2014-04-16---インターネットは、リーマンのように世界景気の衝撃に弱い。
2014-03-31---成長し、成熟するサイバー犯罪の世界。
2014-03-26---防衛省、サイバー防衛隊を発足。
2014-03-17---IBMは、NSAとPRISM監視を備えた関与を否定。
2014-03-10---「ダークウェブ」に住み着く、サイバー犯罪者。
2014-01-27---スノーデンの後、インターネットはどれくらい脆弱か?
2013-12-17---ハッカーは、スマートフォンを脆弱な入り口とみなした。
2013-03-27---「史上最大のアタック!」世界のインターネットが遅くなった!
2012-10-15---米国は先制サイバー攻撃を準備中!
2012-06-21---イランの核施設で、「大規模なサイバー攻撃」を検知!
2012-06-07---国連、グローバル・サイバー戦争防御協力を要請。
2012-06-01---米国のチームとイスラエルが開発した、イランの虫!?
2012-05-28---20MBの巨大マルウェアを使った大規模なサイバーテロ攻撃を発見!
2012-04-30---第2次Web世界大戦!将来のサイバー戦争から見えるもの!
2012-01-25---サイバー戦争は、イスラエルの病院Webサイトを攻撃!
2011-11-21---ハッカーは、米国水処理システムを「破壊」
2011-10-31---サイバーテロのターゲットは、化学薬品と国防企業!
2011-10-31---イギリスのGCHQチーフは、サイバー攻撃の脅威を報告!
2011-09-19---日本のトップ武器メーカー三菱重工へのサイバーアタック!
2011-09-04---イランは、ブーシル原子力発電所を国の配電網に接続!
2011-08-03---史上最大のサイバー攻撃が明らかにされた!
2011-07-26---継続的な注意が必要なサイバー・セキュリティ!
2011-06-11---冷戦時代から、サイバー戦争へ
2011-05-29---米国国防会社ロッキード・マーチンに、サイバー攻撃!
2011-05-25---e-G8をサイバー攻撃!
2011-05-20---EUは、新しいサイバー防衛ユニットを作成。
2011-04-25---イランを攻撃するスパイ・ウイルス!
2011-03-14---イランのサイバー・アーミーがいう「ターゲット敵サイト」
2011-03-07---パリのG20をサイバー攻撃!
2011-01-17---サイバー攻撃は「もの凄い嵐」になるかもしれない。
2010-10-13---米国国土安全保障省がスパイ機関になり、スパイ機関が米国国土安全保障省?
2010-07-08---良いサイバー攻撃は、良いサイバー防衛と同じ!

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。