2015年06月14日

フィラエ彗星着陸船が目覚め「Hello Earth! Can you hear me?」と言った。

宇宙

BBC Newsは、ESA(European Space Agency/欧州宇宙機関)は、彗星着陸船フィラエ(comet lander, Philae)が目覚め、地球とコンタクトを取ったと言った。

バックパックのヒッチハイカーが彗星に乗り、その旅の途中に寝ぼけ眼で話しかけてきた!

内の娘夫婦は、いつ目覚め、日本に帰ってくるのだろう?

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

彗星に着陸する最初の宇宙船フィラエは、その母船ロゼッタから、去年の11月に、彗星67Pの表面に着陸した。

そのソーラーパワーのバッテリーが無くなる前に、それは60時間働いた。

彗星は太陽により近くに動いて以来、フィラエは、再び働くのに十分なパワーを持っていると、BBCの科学担当記者ジョナサン・エイモス(Jonathan Amos/名前が良くない。ジョナサンはなんども挑戦して海に落ちたカモメの名前である。)は言う。

プローブと接続されたアカウントがメッセージ、「Hello Earth! Can you hear me?(こんにちは地球!あなたは私を聞くことができるか?)」とツイートした。

そのブログにおいて、ESAは、最初の接触において土曜日に85秒の間フィラエが、ロゼッタを経て地球に連絡し、11月以来冬ごもりに入ったと言った。


「フィラエが非常によくしている。それは-35Cの操作温度を持ち、入手可能な24ワットを持っている。」と、フィラエ・プロジェクト・マネージャーの・ウラメック(Stephan Ulamec)は言った。

科学者は、現在それらが次の接触を待つと言う。

ESA科学者マーク・マックコーグレン(Mark McCaughrean)は、BBCに話した。「それは長い7ヶ月であり、まったく正直であるように、私達は、それが起こると確信しなかった。ヨーロッパのまわりにたくさんの非常に幸福な人々がちょうどいる。」といった。

このメッセ−ジに、歓喜した人が何人も居ただろう!とくにドイツにあるEsaのダルムシュタット・センター(Esa's centre in Darmstadt, Germany)では、ワインとビールで大騒ぎだろう。

いったん再び彼らが接触をしたら、ダウンロードするために、科学者が望んだフィラエが大きいデータ量を運んでいたと、彼は言った。

「私達が、熟考するべき数ヶ月の科学のデータを持つことが目覚めているので、私はが楽観的であると思う。」と、彼は付け加えた。

これは宇宙開発の最も驚き瞬間のうちの1つであり、科学者とエンジニアの笑顔はすっかり正当化されると、BBC科学エディタデイビッド・シュクマン(David Shukman)は言う。

初めて、私達は、バックパックのヒッチハイカーが彗星に乗り、その旅においてそれが宇宙を通して熱くなると彗星に起こることを説明させておくと、彼は付け加える。

フィラエは、彗星を作る氷と岩の多い破片を分析するようにデザインされる。

オープン・ユニバーシティからの教授モニカ・グレイディ(Professor Monica Grady from the Open University)は、BBCに、今や科学者が、彗星で地球のライフ・ソースであったかどうかをわかるために、実験を実行することができることを望むと言った。

彗星はたくさんの水と炭素を含み、「これらは、生きるために得ることについて責任がある同じ種類の分子である。」
「私達が見つけ出そうとしているものは、実際、生命構築用ブロック(the building blocks of life)が、水と炭素関係分子(water and carbon-bearing molecules)について彗星から地球に配達されたかどうかである。」と彼女は言った。

最初フィラエがその上陸位置のイメージを送り返した時に、研究者は、それが暗い溝にあるとわかることができた。
太陽は、ロボットの太陽のパネルに達することができたライトの量を制限して高い壁により覆い隠された。

溝に落ちたカチカチヤマのおにぎりみたいである。

科学者は、それらに、時間の制限された量があるだけであると知っていた.約60時間ロボットのバッテリーの前でデータを集めることでしっかり働いた。

しかし、計算により、結局ジュースが乾燥を動かした時にフィラエの任務が永久に終わらないかもしれないことも示された。

彗星は現在太陽に忍び寄り、エンジニアが勧めたフィラエの軽い落下の強度は、マシンを再起動する時間に十分であるかもしれない。

そして、それは証明した。

科学者は、現在、実験の完全な範囲を実行するために彼らがフィラエに十分なパワーを得ることができることを望むに違いない。

ロボットが眠る前に果たされなかった1つの野心が、その化学の化粧を調査するために、彗星に穴を開けようとすることであった。

昨年1回の試みがされて、それは失敗した。

現在2番目の試みが優先事項になる。

完全でなくても、何かが起こる。
ヨーロッパ人は、寝るのが好きである。
母船である彗星追跡宇宙船ロゼッタも2014年01月20日に、31カ月間の冬眠から目覚めた!

ドイツにあるEsaのダルムシュタット・センター(Esa's centre in Darmstadt, Germany)のGoogle Earthポインター情報
49°52'14.6"N 8°37'23.9"E
または、
49.870722, 8.623303

2015-03-03---ロゼッタはそれ自身の影をつかんだ。
2015-01-30---管理者は現在、フィラエのモーニング・コールに頼っている。
2015-01-05---フィラエ彗星着陸船は発見を避けている。
2014-12-19---これまでで最もクレージーな5つの宇宙任務。
2014-11-19---イギリスは公の寄付で、月面着陸資金が提供された。
2014-11-14---彗星着陸船Philaeのバッテリーが切れ、調査の将来は「不確かである。」
2014-11-13---ロゼッタの彗星着陸船Philaeは今、安定している。
2014-11-12---彗星探査機ロゼッタは、世界で始めて彗星に着陸する。
2014-09-26---彗星ロゼッタは、そのジェットを噴射。
2014-08-10---過去から、現在まで、ヨーロッパの彗星追撃者ロゼッタは挑戦している。
2014-08-06---ヨーロッパのロゼッタは、彗星67Pのまわりの軌道に入った。
2014-01-20---彗星追跡宇宙船ロゼッタは、31カ月間の冬眠から目覚めた!
2009-11-12---63.3万km離れた位置から撮影した地球。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。